無料ブログはココログ

カテゴリー「CGアート」の6件の記事

2011年9月10日 (土)

光るチューリップ

Img_0964n2p_2873dp

ここは惑星ナワール。
国土のほとんどはお花畑となっており、綿密にデザインされています。
上空1万メートルから眺めると、花の惑星の異名をとるこの惑星の真の姿を垣間見ることができます。
チューリップは銀河の星々で広く見られる花で、この星でも春を代表する花として人々に愛されています。
明け方近くには銀河の中心部がかなりの高さまで上ってくるのですが、その明るさ故にお花畑は満月の光に照らされているかのごとく、影ができます。
星明かりは私たちの意識をハートセンターに集約する働きを有しています。
他にも、射手座や白鳥座をはじめとする特定の方向からやってくる強い電磁波や、宇宙のあちこちからやってくる様々な波長の電磁波がそこには含まれており、それをこの惑星の住人たちはエネルギー源として活用しています。
地球のアイルランドという所にはラウンドタワーという高い塔が多数存在していますが、あれらの塔はこの目的で設計されたもの。
すなわち、宇宙からのエネルギー、雷や大気などに偏在する自然エネルギーを増幅し、変換する役割を担っているのです。
アイルランドでは周辺の大地にそのエネルギーは今でも流れ続けており、周りの植物はとても元気。
ところで、Nakajyo Town郊外、Japan Seaに近い砂丘地帯のこのチューリップ畑は、天の川の輝きと呼応するかのように、深夜になるとほのかに発光します。
写真には写っていませんが、やはりこの惑星には同種の塔が多数あり、植物に恵みを与えています。チューリップの発光もその豊かなエネルギーゆえなのです。
その美しさは、この星の住人たちの自慢の種です。

(合成写真)

2011年9月 9日 (金)

オリオンも楽しそう

Img_4023p_6027str

ここは惑星ナワール。
北の大陸の中心部にあるStuttgartの街では、11月下旬からクリスマス市が旧市街に立ちます。
クリスマス市の趣向は街ごとに異なっており、なかでもStuttgartのそれは、露店の飾り付けが最も華やかなことで知られています。
この国のクリスマス市の素晴らしさは銀河中に知れ渡っており、期間中はあちこちの星系から大勢のツアー客がやってきます。
12月上旬のあたり、丁度市場が活気を呈する21時頃、オリオン座がこの位置に来るのですが、オリオン座の星々もいかにも楽しそう。
気のせいか、他の季節より輝きが強いと感じます。
きっと、祝福の光を投げかけてくれているのでしょう。

(合成写真)

2011年9月 8日 (木)

ドラゴンの涙

Img_4140_2796

ここは銀河のなかの辺境の惑星ナワール。
地球人にはまだ知られていませんが、よく似た文明が発達しています。
標高2000mの高原地帯にあるここKurokawa Villageでは、毎年7月、銀河の中心部が薄明終了直後に昇ってくる頃、年に一度の祭りが開かれます。
地球では考えられないほど極端に空気が澄んでいるため、祭りの照明を消しても人の顔が識別できるほど、星明かりで周囲がほんのりと照らし出されます。
踊られる曲は3曲。Dragon's Tears、Jagar Series、Lotus Seriesと名付けられた、空手の型の動きに似た踊りが披露されます。
これらのムーブメントは日常生活にも取り入れられており、これらの動きに熟達することによって肉体の周波数は物理的に高められ、身体は半透明となります。
こうして高められた意識は個を離れ、未知の世界へと飛翔することが可能となるのです。
踊り手たちはエネルギー体で近隣の宇宙をつかのま旅をし、無数の星たちと交流するのです。

(合成写真)

2011年9月 7日 (水)

M33と雲との対話

Img_8843p1_1874p1

肉眼では見えませんが、青いスペクトラム光線がM33から雲に向かって照射されています。
雲は雲で、我々には推し量ることのできないある種の意識を持っています。
星は自然界の万物と交流することができるのです。
もちろん、人間とも。

(合成写真)

2011年9月 6日 (火)

銀河への憧憬

Img_0943_2794p_3

1888年、磐梯山は大規模な水蒸気爆発を起こし、未曾有の大災害を巻き起こしました。
その旧噴火口は、今もあちこちから水蒸気が吹き出しています。
瞑想の中で、当時の時空へタイムスリップ、目を開けると素晴らしい天の川がこちらを見下ろしていました。
光害の全くない、空気の透明度が高いときには、一帯が天の川の星明かりでほのかに照らし出されます。
心からの畏怖と、ある種の憧憬のまなざしで無心に対峙するぼくは、一瞬にして宇宙空間の中へ飛ばされ、小さな光となってひらひらと漂っているのでした。

(合成写真)

2011年9月 5日 (月)

リアルな宇宙へ

Img_0704_2873dp2_2

この惑星の生気を喜びに満ち溢れさせよう。
子宮を出るときは今。
アーチの向こうに、真にリアルな宇宙が待っている。

(東沢バラ公園と天の川銀河との合成写真)

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31