無料ブログはココログ

カテゴリー「星景写真(新発田市)」の42件の記事

2017年5月23日 (火)

箱岩峠、再び

19日の写真です。
ステラでシュミレーションしてみると、ちょうど二王子岳の山頂付近を最初はアンタレス、1時間後には射手座の中心部が通過することがわかったので、この二つの被写体を撮ってみました。

Img_6218_42p1_2

EOS80D改 + TAMRON  SP45mm F1.8 (絞りF3.2にて)

 撮影開始は20時42分。
早い時間帯は透明度もイマイチだったし、やはり光害が目立ちます。
上三光を中心とする山麓の集落の外灯に、山全体がライトアップされている感じ。
星空部はHEUIB-IIフィルターを装着し、次の写真も含め40-45分の露出をかけているのですが、アンタレス付近のカラフルな色合いはあまり描出できませんでした。

Img_6245_60p

EOS80D改 + TAMRON  SP45mm F1.8 (絞りF3.2にて)

その後、赤道儀のクランプをフリーにし、カメラの背面液晶の水平を見ながら、撮影開始時の位置まで戻し、固定撮影からリスタートです。
従って、地上風景は使い回しではありません。
カメラの背面液晶の緑の水平ラインもそれほど厳密なものではないので、全く同じ位置からというわけにはいきませんでしたが。
この頃には透明度も上がってきたせいもあり、写りは別物になりました。
ところで、ぼくのフォトショップはCS6なので、RAW現像はひたすらキャノンのDPP4を使っています。
純正レンズならデジタルオプティマイザーという飛び道具を使うことができますが、サードパーティー製のレンズだと、周辺減光や歪曲など一切の補正ができません。
DPP4ではあまりいじらず、撮って出しに近い状態で現像し、その後CS6でじっくり画像処理する流れです。
タムロンのSP 45mm F1.8に関して言えば、ピントをちょっとずらすとかなり赤~オレンジのフリンジが出てしまいます。
こんな時は、純正レンズのありがたみを痛感します。

Img_3662p

最後にカメラを80D改からノーマルの80Dにチェンジし、先日買ったサムヤンのXP 14mm F2.4を付け、絞り開放で露出時間50秒(追尾)の一発撮り。
色合いの補正は行っていません。
光害も含め、できるだけリアルな画像を見てみたかったので、コントラス強調のみです。
レンズに関して言えば、絞り開放でも周辺部の星像は乱れません。
フラットを撮っていないので、コントラスを高めるとやや周辺部が暗く落ちますが、トキナーやシグマの広角ズームのF2.8絞りよりは周辺減光は少ないと思います。
この写真の撮影時刻は23時15分ですが、22時半を過ぎたあたりから夜空のコントラストが上がり、肉眼でも天の川がくっきり見えました。
思ったより写りが良かったので、空の良さが現れたと思います。

それにしても、天気のいい日の週末はさすがに走り屋さんが大勢来ます。
2時間半で10台くらいでしょうか。
ちょっと落ち着かなかったです。

2017年5月 3日 (水)

二王子山の新たな展望地

3日、二王子山を望む素敵な展望地を発見。
夜、薄明終了の頃を見計らって再度訪れてみました。

Img_6147

ちょっと山頂部が山桜に隠されてしまっています。
でも、試写してみるとそれほど美しい地形ではないですね。
すぐさま、近くにある本命のポイントへ移動。

Img_6157_59p

場所は舟山の近くです。
2枚とも、8秒前後の固定撮影です(プロソフトンA使用)。
ステラでシュミレーションしてみると、ぎりぎり三列星雲の辺りからアルビレオにかけての天の川が画面中央に横たわるはず。
上の写真の画角は29mmですが、18mmで撮ると前述の天の川がいい感じで入ってきそうです。
29mmだと天の川の派手な部分が入らないので、単なるもやもやが山並みを覆う感じになり、あまり見栄えはしないと思います。
この場所からだと、山麓の集落の外灯の影響は一切受けないので、そういう観点からも穴場かもしれません。
ちなみに2枚目の写真には、へびつかい座、ヘルクレス座の一部が写っています。
とても地味な領域です。

それにしても、昨夜はいい星空でした。
旧朝日村のHGへ行ってきたのですが、近年稀に見るコントラストの強い天の川を拝むことができました。
じっくり画像処理してみたいので、アップするまでもう数日かかりそうです。

2017年4月24日 (月)

夜の箱岩峠

23日午後、開通したばかりの箱岩峠へ行ってきました。
あまりに展望が良かったので、夜再び来てみました。
菅谷側の道路幅が大幅に拡張され、所々車を停めることの出来る路肩が設けられています。
極めつけは、二王子山を見据える最も展望の良い場所に、車を10台ちょっと駐車可能な広場が設けられたこと。
この広場、ちょっと傾斜があるのですが、よくぞ作ってくれたものと思います。
菅谷の老人ホーム・ヒルトップくしがたの裏山へ夜何度か撮影に行ったことがあるので、夜の暗さはあまり期待していませんでした。
なにせ、光害がひどいのです。
特に上寺内周辺が明るい。
従って、箱岩峠の展望広場からの夜景も、明るさ自体は同じようなものでした。
ただ、より二王子山が眼前に大きく迫ってくるので気分は爽快です。
開通の記事が新聞にも載ったし、天気も快晴だったので夜の通行量が心配でしたが、この日は1台しか来ませんでした。

Img_6053_66dp

地上部だけでも8枚ほど重ねているのですが、肝心の星空部は途中でポタ赤が故障したので6枚ほどしか撮れませんでした。
いよいよサソリ座が昇ってくる段になっても、空は眠いまま。アレ?
夕方あれだけ抜群の透明度だったのに、夜になって天候が変わったのかと危惧しました。
最後の写真を撮った23時半になっても、天の川のモヤモヤ感が見えてこないのです。
星空部を撮り始めても、本当に暗い空だったら定番のISO800, F4, 4分の組み合わせだとやや露出不足になるくらいですが、その組み合わせだと露出オーバーになるのです。
帰宅すると、近年には記憶にないくらい、自宅前の空き地からくっきりとサソリ座が見えました。ほとんど箱岩峠と遜色ないじゃん。
だから、やはり透明度はよかったと思うのだけど。
画像処理しても、春霞の中で撮ったそれのようにコントラストの低い天の川しか浮かび上がってこなかったし、色乗りも悪いです。
やはり光害のせいなのか、それとも霞のせいなのか?
長焦点だったらほとんど影響ないと思いますが、これから夏場にかけて夜間に通行する車があんまり増えるようだったらこの場所は使えませんね。
一般人の感覚からしたら絶好の夜景スポットないしはデートスポットだと思うので、やっぱり増えてくるんだろうなあ・・・

Img_6066dpp1

これは最後に撮った1枚。ただし、地上部は使い回しです。
多少天の川のコントラストは上がってきたけど、相変わらずドドメ色?のまま。
長年愛用してきたポタ赤(Panhead EQ)がとうとう逝ってしまったけど、修理に出すか悩み中。

2017年4月14日 (金)

蘇った一本桜

”一本桜”と形容したくなるような桜の大木が、新発田市の山中にあります。
ところが近年、その木は枯れてしまい、少なくとも2年間は咲かなかったと思います。
その土地の持ち主がなんとかその木を蘇らせようと、いろいろ努力していたのを間接的に知っていました。
午後から快晴になった13日、その木が立つ棚田をふと訪れてみたのですが、遠目にその木がピンクに色づいているのが見えました。

Img_2931

奇跡です。
桜が開花しました。
しかも、ここは標高約170mあります。
新発田城の桜は昨日辺りからやっと満開になりましたが、郊外の五十公野公園の桜を初め、まだまだ平野部の桜は咲き始めたばかり。
もちろん二王子山麓など、標高50m以上の地域ではまだつぼみです。
大峰山の山桜でさえ全く咲いていないというのに、やはり奇跡としか言いようがありません。
それにしても、なんという美しさ。
すごいオーラがあります。
月が昇る直前に、夜再び来てみました。

Img_601213p

13日の薄明終了は19時49分、月の出が20時5分です。
薄明終了直後に追尾で星の写真を撮り、月が稜線から顔を出したら固定撮影で桜を撮ろうという作戦です。
桜の木の背後の稜線に、ちょうどオリオンが沈もうとしていました。
19時52分撮影なので薄明は終わっているのですが、新潟平野の光害はやはり強烈です。
2分の露出では、オリオンループは写るはずもなく。
バラ星雲の存在はよくわかりますが。

Img_6036p

固定も追尾も、様々なISOとシャッタースピードの組み合わせで撮りました。
そして、改めて桜星景は(LED灯などの照明を使わないのであれば)多少なりとも月明かりがないと、桜の花びらの情感を描出するのは不可能であることを認識しました。
上の写真は20秒の固定撮影、1枚モノです。
結局この絵が一番現場の雰囲気に近かった。
これだけ木に近づくと、ぼくの技術では木の枝に完璧にマスクをかけるのは無理です。
背景に天の川があるわけでもなし、地味な星空ですから、新星景ライクな絵作りはあきらめた次第。
一般的に山間部の桜は、場所によってはGW前半にずれこむところもあると思います。
となると次の新月期は、撮影のバリエーションが増えそうですね。

2017年3月25日 (土)

幻のガム星雲

とも座、ほ座、らしんばん座、りゅうこつ座に渡って広がっている巨大な星雲をガム星雲と言います。南の低空に位置するため、日本からだとその全容は見えませんが、大気の状態が良い時はなんとかその散光星雲の片鱗を、つまり散光星雲の赤を写すことができます。

Img_5980pl

EOS80D改 + SIGMA18-35mm F1.8 DC HSM(18mmにて)
ISO1000, F2.8, 10秒 (固定撮影)

ここは菅谷(新発田市)の山中なのですが、ちょうど正面が南になります。
めくるめく外灯の明かりと、左奥に位置するニノックススキー場のナイター照明の影響でガム星雲の赤を写しだすことは難しいけれど、取りあえずここにあるはずだと視認できただけで結構感動したりします。
数年ぶりに、とも座のアルスハイルアルムリフを見ました。
深夜まで粘れば、オメガ星団も見えたことでしょう(23時40分には左側の山裾から顔を出すはず)。
写真の中央下に明るい点が写っていますが、これはホットピクセルではなく、星です。
星図を見ると、双子座のポルックスではないかと思うのですが、定かではありません。
それとも、シリウス?
思ったより透明度は良かったようで、低空までしっかり写っています。
この透明度だったら、スキー場のナイター照明さえなければ、それなりにコンポ枚数を重ねて追尾撮影すれば、ガム星雲の輪郭をあぶり出せるかもしれません。
でも、次の新月期だと遅いんですよね。
3月限定の構図です。

2017年3月 1日 (水)

久しぶりの星空

この冬、初めてポタ赤を携えて赤谷(新発田市)へ。
2月28日は深夜になってようやく雲が取れたけれど、3月1日は終日よく晴れました。

Img_5938

18時30分撮影。
これは固定撮影。ブルーモーメントの片鱗が少し残っています。
赤谷地区はまだまだ積雪が多く、お目当ての農道へは入れませんでした。

Img_5959dp

薄明終了後からポタ赤で追尾撮影をしたけど、レンズがすぐ曇ってしまい、使えたのは最初の数枚のみ。
外灯の影響が大きく、4枚重ねてもオリオンループが描出されるわけはなく、新星景風のこってりとした星空をあぶり出すことは断念。
電線もあることから画像処理も難しいし、結局19時ちょうどに撮った1枚モノで仕上げました。
たまたまかなり大きな流れ星が2枚連続で1個ずつ写ってくれたので、ひとつの画像にそれらをまとめてみました。
空そのものは非常に透明度も良く、外灯が明るい割には被りも少なく、そこそこ漆黒の宇宙の片鱗を垣間見ることが出来ました。
この後、二王子山麓へ移動したけど、あまりにスキー場のオレンジ色の明かりがすさまじく、その場に立ちすくむしかありませんでした。

Img_5975

以上、EOS80D改 + TOKINAR 14-20mm F2.0 PRO DX

2016年11月 5日 (土)

流れ星一閃

11月5日の新発田の天気は、GPVのご託宣通りに推移しました。
薄明終了と同時に薄雲が拡がると思われたので、薄明終了前後の1時間狙いで内ノ倉ダムへ。
2014年11月以来の内ノ倉。
割と針葉樹林帯が多いので紅葉を愛でるには適さないけど、昔と違って湖畔のあちこちを歩けるようになったので、星景写真を撮るにあたり、構図のバリエーションは豊富かと。
そのロケハンも兼ねての出撃です。

Img_5839dp_41dpstitch

満水期に今立っている所が水中に没する可能性はあるけど、ここなんかいい感じでした。
左手奥のピークが二王子山。
右端が南なので、天の川は正面よりやや右にかけて立ち上がってくるものと思われます。
東から南にかけては光害は皆無。
湿度が低い日だったら、濃い天の川が見られそう。

Img_5842_44dp

南の方角をもう1枚。
正面に小滝があるのですが、満水期には水中に没してしまうかもしれません。

Img_5847_49dpp

EOS80D改 + TOKINAR 14-20mm AT-X 14-20 F2 PRO DX (15mm)
地上部2枚、星空部(追尾)1枚

快晴が夜8時過ぎまで続いたのなら、ちょうど真ん中あたりに白鳥座が沈んで行ったはず。
そんな絵を撮りたかったのですが・・・
ダムサイトの明かりが気にはなりますが、そんな構図を頭に思い描いて現地へ赴きました。
このあとすぐに薄雲が湧いてきたので、星空部は2枚撮っただけで終了。
そして、なんと追尾撮影を開始した途端、ぼくの天文人生(といっても10年未満ですが)で1、2を競う大きな流れ星~火球~を目撃。
カメラを構えている真っ正面を、視界の右端から左端にかけて横切っていったのです。
画面からは外れていますが、左端には三日月が出ています(流れ星も画面の左端で切れています、もっと左側まで流れていったのですが)。
もし月明かりがなかったら、昼間のようにあたりは明るくなったことでしょう。
途中、特にプチ爆発をしたりということはなく、比較的一定の明るさで飛んでいきました。
航続距離が非常に長く、4~5秒くらいは飛んでいたかもしれません。
スピードは、新発田上空でよく見かける、比較的低空を飛んでいるときの飛行機の4~5倍くらい速く、異様な迫力がありました。
まだ三日月が視界にあったので、普段より暗めのセッティング(ISO800, F4, 1分)で撮っていました。
そのため、見た目ほどには明るく写りませんでしたが、取りあえず写ってくれて良かった。
どなたか焚き火をやっていましたが、晩秋の焚き火はわびさびを感じますね。
見ていて癒やされました。

※11月9日追記
この日の大火球、他にも目撃された方がいるようです。ユニテックさんのPhoto Gallery11月8日の記事に、撮影準備中に目撃したとの記述がありました。

2016年9月 6日 (火)

NGC7822付近

以前、初代トーストをGITZOの4型三脚に載せて運用していた頃、微動装置はタカハシの三脚アジャスターとFEISOLのPB90を使っていました。
PB90はとうにないけど、PB70と三脚アジアスターはまだ手元にあるので、ベルボンのN740と組み合わせて使ってみました。
ポタ赤は輸出仕様のSWAT300。
当たり前ですが、ユニテックのゴニオ式微動装置よりさらに剛性感は増しますね。
これはいい。
しかし、三脚アジアスターの上げ下げがやはり面倒。
スクワットの練習になります。足腰がかなり強化されます(^^;)
その前段階におけるパイプの伸縮にも時間がかかり、なんだかんだ15分以上かかってしまいました。
もうひとつ確かめてみたかったのは、トーストで使われているプラスチック極望による極軸合わせ。
この個体は電源を入れた途端に照明が一定の明るさになり、3点合わせで使う2点の星が見えなくなるのです。
なので、厳密に3点を合致させるのは難しいと、改めて実感。
結局前回と同じくらいの精度でしか合わせられなかったけど、100mm4分なら問題なく追尾できたので、これで妥協すべきか悩むところです。
(一応、妥協の方向に心は傾いています・・・)

Img_9794_9803p

EOS60Da + EF100mm F2.8L IS MACRO

ISO1250-1600, F3.2, 180~240秒 計7枚コンポ

もっと重ねたかったのですが、風が出てきて空も曇ってきたのでここで終了。
実はこの対象、その場の思いつきで選んだものなのですが、撮りがいがあると思いました。
ケフェウス周辺は、興味を惹かれる星雲の玉手箱ですね。

この日(9月4日)、現地(新発田市赤谷付近)へ着いた当初は全天の半分が薄雲で覆われており、北極星も雲で見えませんでした。
北極星が見えてくるまでは、広角レンズで星景写真を撮って時間をつぶしました。

Img_9776_80p

これは西方向。林道の延長線上には阿賀野市と新潟市が控えています。
こちらの方角が最も明るいです。

Img_9781_82p

こちらは北東方向。まあまあ暗い。
星空部はISO800, F3.2, 180秒の1枚モノだけど、かなり透明度が良かったのでしょう、カリフォルニア星雲が写ってくれました。

Img_9783p

22時を過ぎる頃から雲が取れ、満天の星空が現れました。
最初の写真を撮る前に、レンズを天頂へ向けて写した1枚(ワンショット)。
しばらく地面に大の字になり天の川を見上げていました。
至福のひとときです。

2016年8月31日 (水)

自宅オリオン

Img_9568

EOS60Da + TOKINAR 14-20mm F2.8 PRO DX (20mm)
ISO1600, F2.5, 8秒 (固定撮影)

28日は、ポーラースター神林の前にある南大平ダム湖畔公園で行われた野外フェス”古杣音祭”を見学。
目的はIndus & Rocksだったのだけど、やっぱり彼らの演奏は最高でした。
その興奮冷めやらぬ夜、誰かに呼ばれたような気がして玄関先へ出てみると、おお、すごい。
星の輝き方が半端じゃない。オリオンが呼んでいる!
ちょうど玄関の中に機材が放り投げてあったので、家の前から数枚撮ってみました。
最近近くの空き地に建て売り住宅が2軒出来、そのおかげで正面奥にあった外灯が直接入らなくなったので、このようにオリオンが見えるようになったのです。
ちぎれ雲が全天を覆っていましたが、なんか分子雲みたいで、これはこれで悪くありません。

2016年8月 6日 (土)

夏空続く

Img_9402_29p

EOS60Da + TOKINAR 14-20mm F2.8 PRO DX (16mm)
37 51 6.8N  139 23 51.4E (標高169m)

5日、中々山集落裏手の田んぼで2時間だけスターウォッチング。
撮影開始21時20分。
それまで30分ほどの間、まだ歩いたことのない農道を散策。
過去、棚田地帯上部の湿原へ何回かホタルを見に来たことがあるけど、そこ以外にも広くホタルは生息するようです。
標高300mオーバーの県北の某棚田地帯ならともかく、ここは標高がその半分しかありません。
にも関わらず、20時台は4~5匹のホタルがあちこちで飛び交っていたのです。
撮影開始はホタルがほとんど飛ばなくなってからですが、急遽通常のホタル写真同様、ソフトを使って比較明合成をすることを念頭に、20枚ほど連射してみました。
すると、何匹かホタルが写ってくれました(総露出時間7分)。
星空部は2枚モザイクで、計6分の露出。
昨夜より明らかにモヤの度合いが減り、よりコントラストの高い天の川を見ることができました。

Img_9444_52p

EOS60Da + TOKINAR 14-20mm F2.8 PRO DX (14mm)

中央のピークが二王子山、その右が焼峰山です。
12日に極大を迎える、流星群で有名なペルセウス座が北東の空に昇ってきたので、カメラを向けてみました。
運良く、アンドロメダ大星雲の右横に1個流れてくれました。
肉眼では東の空を中心に、1時間で7~8個の流れ星を見ました。いずれも小さかったですが。
この棚田、下の方には小さな池もあるし、結構変化に富んだ地形であることを再確認。
ホタルを撮るにせよ、星景を撮るにせよ、構図のバリエーションは多岐に渡ります。
想像力を刺激される、素晴らしい場所でした。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31