無料ブログはココログ

カテゴリー「神社・仏閣・史跡(新発田市)」の15件の記事

2017年9月20日 (水)

PARADOXについて調べてみた

先日の新潟総踊りで、個人的に最も鮮烈な印象を受けたパラドックスの正体?がわかりました。
+ISM(プラスイズム)という団体です。
2011年、東京よさこいに初出場。
初出場ながら準大賞(高知県知事賞)を受賞しています。
YouTubeに、今年の新潟総踊りで演じられたパラドックスの原型である同名の曲の動画が多数アップされていました。
ただし、動画は2011~2013年までで途切れており、このグループの経歴や最近の活動内容などはわかりませんでした。

話は変わりますが、つい先日(14日)、買ったばかりの6DMK2を持って赤谷の滝谷地区へ行ってきました。
1年に何回かは必ず車で通り過ぎるのですが、改めて車を降りて歩いてみると、ここ10年で過疎化が一気に進んだなあと感じさせられます。
空き家や空き地が目立ち、かつては村内に車を停めたくてもちょっとしたスペースを見つけることができなかったのですが、今回は楽勝で停められました。

Img_0063

実は今回初めて参拝した山神社。
車を停める適当な場所が見当たらなかったという理由で、過去20年間境内に足を踏み入れたことはなかったのです。
創立年代は不詳ですが、境内にある石灯籠に弘化三年(1843)の文字が刻まれていることから、そこそこ古い創建であることがわかります。
境内の気は、少し荒々しいものでした。
単純に、荒廃が進んでいるせいもあるのかもしれません。

Img_0076p

焼峰山の登山道の入り口に近い側の集落には、曹洞宗の大慶寺があります。
入り口の両側にこのようなお地蔵さんが並んでおり、和やかなその表情に癒やされました。
ネットので他の方が撮られた写真を見ると、紅葉の美しさは格別ですね。
今度は晩秋に来てみたいです。

2017年9月 8日 (金)

八百万の神々を祀る神社

9月4日、碁石海岸でグリーンフラッシュを見たあと、大きい月が出ているので星景写真を撮る気にはならず、ふとあの神社を月光の下で見てみたい衝動に襲われ、新発田市の二王子山麓へ移動しました。
目的地は、昨年4月27日の記事で取り上げた、陣馬山(本間新田)にひっそりと佇む神社です。
境内の一番大きな石碑に「陣馬山大小之神命ナントカ神社」とあるのでこれが正式名称でしょう。
しかし、石碑が比較的新しいのでその名称は近年付けられたもので、戦前はもっとシンプルな名前で呼ばれていたと想像します。

Img_1219_stitch

境内の空気が凛として、いい感じ。
もう何度も県立図書館や新発田市、及び胎内市の図書館へ足を運んで調べてみたのだけど、ネットも含め一切記載のない謎の神社。
昔、二王子山への信仰登山が盛んだった頃に栄えた神社と思われます。
新発田市出身の登山家・五十嵐 篤雄さんの山に関するエッセイ集「飯豊道」に、小学生の頃の二王子山への登山の思い出が書かれているのですが、そこにちょこっとだけ出てきます。
この神社の境内で一休みしたとのことですが、前後の文脈からおそらく(すぐ斜め向かいににある稲荷神社ではなく)この神社を指すのではないかと。
境内にはそれこそありとあらゆる神々の名前や神社名を刻んだ石碑が何十個も立ち並び、庶民の信仰の原初的な形態を窺い知ることができます。

Img_1223

Img_1225

先日長岡の宝徳山稲荷大社へ行ってきたのだけど、巨大な建造物には目もくれず、本能的にここが本来のご神体と思わしき大木の化石群へ引き寄せられました。
そして、ここの境内でもやはり異彩を放っているのがここなのです。
化石化はしていませんが、昔の人々は霊力を感じ取っていたのでしょう、朽ちた大木が石碑に囲まれて佇んでおります。

Img_1226

近づいてみると、こんな感じ。
確かにある種の磁力を発散しているようです。

Img_1232

ここが本殿でしょうか。
とても厳かです。

Img_1234

境内はぐるりと周囲をストーンサークルのような小さな石碑に囲まれています。
ひとつひとつ文字が刻まれており(墓ではありません)、民俗学的な興味が尽きません。

Img_1236

馬頭観音像。
新発田市の図書館で、郷土史関係のある小冊子の目次に同じ像の写真が載っており、陣馬山の馬頭観音と記載がありました。
先の五十嵐さんの本と並び、これが唯一の文献です。
その小冊子には、しかしながら本文に馬頭観音に対するそれ以上の記載はなく、ちょっとがっかりでした。
馬頭観音は観音菩薩の化身とされ、柔和相と憤怒相の二つの相を持ちます。
しかしながら、柔和相の像は稀だそうです。
ここの馬頭観音はかなり風化してはいますが、表情は穏やかで、柔和相バージョンであることがわかります。
その名の通り、地域によっては馬の守護神と崇められてきたわけですが、間違いなく陣馬山のこの像にもそれは当て嵌まると思います。

Img_1239

天照大神の石碑は他にもあったので、主な祭神はアマテラスでしょうか。
近くに稲荷神社があるのですが、道路脇なのであまり風情はないものの、二王子山を一望する眺めの良さは特筆モノ。
でも、”気”の良さは断然こちらに軍配が上がります。
稲荷神社もうそうなのですが、この謎の神社も境内もよく手入れされており、気持ちよく参拝することができます。
(駐車場はないので、近くの稲荷神社の前に停めるとよいでしょう。)

2017年7月 4日 (火)

寺びらき in SHIBATA

7月1~2日の二日間、2回目の開催となる新発田・寺びらきイベントが行われました。
新潟日報にも記事が載りましたが、2日の午後、見に行ってきました。
うちは福勝寺の檀家なのですが、普段は他のお寺へ入る機会がありません。
お寺巡りは好きなので、自由に本堂へ出入りできるこのイベントは絶好の機会。
5つのお寺の本堂巡りをしましたが、なかなか有意義なひとときを過ごすことができました。
なかでも印象に残ったのは、宝光寺にある、溝口家の歴代墓所の見学。
新発田の基礎を築いた新発田重家の墓は福勝寺にあります。
なので、いつも墓参りに行くたびに前を通るのでよく知っていますが、新発田氏が滅亡してから新発田の藩主として派遣され、江戸時代の長きに渡って藩主を務めた溝口家の墓地は見たことがありません。
宝光寺にあることは知っていましたが、そこを見学するには拝観料が必要なので、今まで見る機会がなかったのです。
今回200円払い、初めて墓所を見ました。

Img_9742

すごい霊気です。
高野山の、あの広大な墓地を思い出しました。
パワースポットとはちょっと違う。
異界という言葉最もフィットするような気がします。
こんなすごい場所が新発田市内にあるとは。

Img_9750

墓地には何本かあじさいが咲いていました。
ここの霊気の影響か、これらのあじさいも我が家の庭にあるそれとは別種の植物のように思われました。

Img_9754

新潟の白山神社にも、トンネルを通って行き着くことのできる隠れた霊地がありますが、あそこより荒々しいというか、原初的な波動に満ちています。

Img_9772

宝光寺の境内にも10数年ぶりに入りましたが、境内全体が40年前の記憶にある佇まいそのままでした。

Img_9778

そして、入母屋造りの山門。
子供の頃、一度左にある急な階段を上り、二階へ上がったことがあるんです。
もちろん人目を忍んでの冒険でした。
そんなことを懐かしく思い出しました。

Img_9791

福勝寺の向かいにある三光寺では、本堂内に多くのお店~帽子屋さんや古本屋、雑貨屋さんなどなど~が出店していました。
三光寺の境内入り口に並んでいる、お地蔵さんをパチリ。
このお寺も初めて中へ入りましたが、とてもアットホームで温かい感じのするお寺でした。

Img_9799

これは顕法寺の池で展示されていたアート作品「清五郎さん」。
顕法寺は、子育てや安産の守護神として知られる鬼子母神を祀る寺です。
何年か前、新発田の旧市街を徹底的に歩いた時に初めて中へ入ったのですが、ここもすごく居心地のいい寺で、すぐ好きになりました。
この池にはザリガニが多数いるのですが、ザリガニ釣りのイベントもやっており、親子連れで大賑わいでした。
住職が子供好きなのでしょうね。
これも鬼子母神マジックかもしれません。

2017年1月 3日 (火)

新発田の大友稲荷

Img_1934

Img_1941

Img_1945

以上、EOS80D + TOKINAR AT-X 11-20mm F2.8 PRO DX

2016年5月29日 (日)

護念上人の墓と菅谷寺

渋谷金王丸が仕えた源義朝は、多くの兄弟がありました。
その中の一人、源慈応(=護念上人)は幼くして仏門に入り、比叡山で暮らします。
義朝が亡くなると平家の勢力は増し、彼は帰依していた比叡山無動寺の不動明王像の”御頭”を背負い諸国を行脚。
越後国加地庄菅谷山(新発田市菅谷)まで辿り着くとそこで啓示を得、背負ってきたご本尊を安置することを決意します。
ときに1185年、鎌倉幕府が設立される直前のことであり、比叡山を離れてから26年の歳月が経過していました。
頼朝にとっても護念上人は叔父にあたります。
佐々木源氏の流れを汲む佐々木盛綱~奥山庄を支配していた城氏を破り、要害山に城を築いて当時の加治庄を支配していた人物。彼にとっても護念上人は叔父にあたる~は、鎌倉に幕府を開いた頼朝に護念上人が自分の支配地に来たことを報告、彼の仲介により護念上人は頼朝に会いに鎌倉へ行きます。
そこで頼朝はたいそう感激した言います。
鎌倉滞在4日目に、頼朝は原因不明の病で床に臥せっていた娘の”大姫”の祈祷を依頼。
するとたちまち大姫の体調は回復したということで、頼朝は護念上人に不動尊のために荘園を寄贈したいと申し出ます。
しかし、清貧を旨とする護念上人はこれを固辞、滞在17日後に「都は賑やかすぎて私にはふさわしからず」と言い残し、越後へと帰ります。
承元4年(1210年)には、頼朝の子・源実朝が七堂伽藍を寄進。
建長5年(1253年)、雷火により伽藍は焼失しますが、本尊だけはみたらせの滝にてタニシに守られ無傷だったという有名なエピソードが残されています。

Img_3745

(みたらせの滝)

Img_3731

境内に残る、護念上人の碑。
これはあくまで記念碑であり、墓ではありません。
墓は、箱岩峠へ抜けていく道路の途中に案内板が立っていますので(次の写真参照)、そこから杉林の中へ入っていきます。

Img_3724

往時、伽藍が建ち並んでいた寺境の沢を見下ろす小高い丘の上に、墓は建てられました。

Img_3709

墓までは徒歩約2~3分。
ふかふかした杉林の中の小道を、800年もの間、どれだけの人が行き来したことでしょう。
林の中へ入ってすぐ、そんなイメージが視覚的に現れました。
なんという心地よさ。
感謝や祈りをもって連綿と人が歩き続けた道は、このように空間が磁化されるのです。

Img_3714

Img_3716

(37 58 49.6N 139 24 32.5E  標高49.7m)

なんという優しい空間でしょう。
静かに至福の時が過ぎていきます。
正治2年(1200年)、58才で没す。
来年は菅谷寺の、例の不動明王像の7年に一度のご開帳の年(平成29年4月27日~5月22日)。
来年は是非その時期に来てみたいと思います。

2016年5月28日 (土)

王子神社と渋谷金王丸 (4)

(4)金王丸の墓

金王丸の生涯でも書いたように、彼は源義朝に仕えていた時代から剛勇無双の士として知られていました。
そして下石川(新発田市)に土着してからも剛毅な性格は知れ渡り、武芸の腕においても卓越したものがあったと言われています。
坂井川左岸の河岸段丘に共同墓地があり、そこに金王丸の墓と言い伝えられている石碑がひっそり杉林の中に佇んでいます。

Img_3765

坂井川の方から撮った写真です。
正面の木立の手前に共同墓地があるのがわかります。
こんもりとした特徴的な木立の中に、金王丸の墓があるのです。

Img_3758

農道に面して、案内板が立っています。
しかしながら、そこから林の中に通じる道は薮に埋もれていました。
右側の側面が薮が浅かったので、そこから中へ入りました。

Img_3759

(37 57 49.2N 139 24 30.0E  標高43.1m)

なんと石碑が全て草に覆われています。
目を凝らしてみると、全部で5つの石碑があるようです。
地元では鬼の墓として知られてきました。
現代においても突出した能力(特に体力面)を持つ人のことを、あいつは鬼のように・・・と形容したりしますが、彼もユーモアと尊敬を込めてそのように形容されたのかもしれません。
石碑は全て東を向いて立っています。
1992年発行のの新発田郷土史・新発田と周辺の遺石探訪によると、背後の3基は実は仏や菩薩の梵字のみを刻んだ”板碑”で、右から「胎蔵界と金剛界の大日二尊・金剛薩捶」、中央は「阿弥陀仏」、左は上部剥落で不明、下部は不動明王の種字が認められるとのこと。
3基の前面に立つ碑は、正面に「渋谷金王丸」、左の側面に「文政十一年七月」「松田与右エ門立之」と彫られています。

Img_3760

文政十一年は1828年。金王丸が生きていた時代とは大きく乖離しています。

Img_3764

最も北側、スギの根元に立つ碑については、どの資料にも言及がありません。
表面を覆っている草を丁寧に取り除いてみたのですが、風化が激しく、文字らしきものは残っていないようでした(上の写真)。
なので、これが唯一金王丸の墓である可能性が残っている石碑です。

2016年5月27日 (金)

王子神社と渋谷金王丸 (3)

(3)能舞台はどこにあったか

下石川(新発田市)に土着した金王丸は、能舞台を作り、自ら能を演じると共に村人たちと能を鑑賞したと言います。
下石川の一角に、今でも残っている舞台という地名の由来はここにありますが、それでは舞台はどこにあったのだろうかと調べてみました。
結論から言うと、文献上ではそれを示唆する文章は出てきません。
それならばと、現地へ追加取材へ行き、あちこち歩いてみました。
手元にあるゼンリンの住宅地図に、詳しく集落としての舞台の範囲が記載されているのですが、そこに神社マークがあります。
ちょうど小高い森か丘のような地形上にそれはあり、現地調査でもすぐにその地形はわかりました。
5月25日のブログ記事で掲載している2枚目の写真で、左端に写っている林がそれです。
拡大してみます。

Img_3787

何かありそうです。
そこへ至る農道の入り口に次のような案内板が立っていました。

Img_3775

裏に詳しく内容が書かれてあり、要約すると諏訪神社境内にスギ3本、モミ、シナ、ブナの計6本の巨木があり、それらは六神木として崇められてきたそうです。
昭和55年に、新発田市の保存樹木として指定されたとあります。
ただし、樹齢は最も古いもので350年とあるので、金王丸が生きていた800年前とはかけ離れており、当時の様子は知るべくもありません。

Img_3782

(37 57 53.4N 139 24 54.4E  標高51.8m)

森の入り口へ行ってみて驚きました。
完全に薮に埋もれています。
しかし、鳥居はしっかり残っており、諏訪神社の文字もまだ風化していません。

Img_3799

薮は最初の7mが深かったですが、以降は踏み跡がはっきりしてきました。
取り囲むように立っているこれらの木が例のご神木ですね。

Img_3807

最も高い杉の木の下には、このような案内板も立っていました。

Img_3803

神社の建物はまだ朽ち果てていません。
意外としっかりしています。
ちなみにこの諏訪神社、”新発田市史”の神社一覧には載っていません。
上石川と中川の境界付近に、神明宮という立派な神社が鎮座するのですが、大正天皇が即位した際、上・下石川と中川の3集落内の諸社を合祀して神明社を建立したそうです。
それからは忘れ去られた存在だったのでしょう。
しかしながら、このように原型を留めているということは、まだ一部の人が参拝していることを暗に物語っています。
おそらくは舞台地区の一部の人々によって。
この一角こそが、金王丸が能舞台を設けた場所ではないかと直感しました。
地形といい立地条件といい、ぼくが金王丸だったらこの場所を選ぶでしょう。
不思議な磁力が神社からは感じられました。

2016年5月26日 (木)

王子神社と渋谷金王丸 (2)

(2)王子神社への行き方

Ouji_shrine

Img_3705

スキー場のレストハウスまでは、途中のゲートの手前に車を置き、そこから徒歩で40分ほど。ニノックスの広大な初心者用ゲレンデの右端にダートの道がありますから、そこを歩きます。約15分で第一クワッドリフトの終点に着きます。
小道はさらに続いているので、先へ進みます。5分も歩けば堰堤に出ます。
堰堤へ降りる踏み跡を右に見送り、さらに進むとすぐ行き止まりになります。
そこから河原へ降り、対岸へ渡ります。

Img_3664

ここが徒渉地点。
中央やや右の岩から左側の瀬は深いので、右側の落ち込みを渡ります。
雪代水が落ち着いてきた頃でないと、渡れないでしょう。
身長182cmの私で、太ももの中程まで濡れました。

Img_3697

渡り終えた対岸から、来た方向を写したもの。
左側の落ち込みを徒渉します。
岩に残置ロープがあることに気づきました。上の写真に写っていますね。
それほど傾斜はきつくないのでロープは必要ないかと思います。
どっちみちかなり古いものらしく、すり切れているので使えませんが。
どうやら、このルートで間違いないようです。
生い茂る草をかき分け進んでいくと、すぐ前方の大きな岩の下に、小さな祠が建っているのが見えてきました。

Img_3671

オーバーハング状の岩の下に、コンクリート製の祠があります。

Img_3675

その岩を、横から見るとこんな感じ。
霊気を感じるのですが、重々しいそれではなく、爽やか?な気の流れを感じます。

Img_3679_2

今でも参拝者が来ていることを伺わせます。
この中に、今でも義朝の護持仏が安置されているのでしょうか・・・
かなり長い間、そこでまどろんでいたような気がします。
そして、ふと我に返りました。
地形図記載の神社マークはここではありません。
沢の合流点から(実際、右手に小沢が流れています)やせ尾根に取り付き、やや登った段丘の中程に神社があるはず。
地図を片手によく周囲の地形を観察すると、祠のすぐ右手にある尾根の取り付きから踏み跡が伸びているのがわかったので、もう少し歩いてみることにしました。
落ち葉が積もった滑りやすい河岸段丘を、おっかなびっくりトラバースしていきます。
すぐ踏み跡は途切れましたが、進むべき方向ははっきりしているので、迷わず歩き続けました。
すると7~8分で、地図の等高線が示すように、比較的平らな樹海地帯に出ました。
下草は低く、まばらにブナと杉が生えています。
この日はGPS機器を持っていき、要所要所で高度を確認しながら進みました。

Img_3691

神社は標高525~530mの辺りに建っているはずですが、あまりに気持ちのいい林なので、右手から小沢が合流する標高547mの地点まで歩いてみました。
そこから歩いてきた方向を写したのが上の写真。
かつては、恐らくは戦前まではこの場所から神社の建物が前方奥の方に見えたはず。
建物が残っていないことはすぐわかったので(かなり昔に放棄されたのでは?代わりにアクセスのしやすい、三光川を渡ったところに祠を作ったのではないかと)、遺構を探しながらこの丘を歩き回りました。

Img_3688

(37 55 4.6N 139 28 47.8E 標高530.9m)

2~3ヶ所候補地があったのですが、その中でここが最もそれらしい場所でした。
不定形の岩や石が散乱しており、標高も丁度531mなのです。

Img_3693

(37 55 4.5N 139 28 46.4E 標高525.3m)

この場所もかなり怪しいと感じました。やはり、ここも岩が散乱しており、高度的にも条件にかないます。
ところで、神社は木造であったのか、それとも二王子神社手前の祓殿みたいに石造りであったのかわかりませんが、取りあえずほぼ位置を特定することが出来たので、その意味では満足しました。

2016年5月25日 (水)

王子神社と渋谷金王丸 (1)

5月13日、ニノックススキー場(新発田市)奥の山腹に鎮座しているであろう王子神社を探すべく、現地を訪れました(ブログ記事参照)。
そのときは水量豊富な三光川に行く手を阻まれ、1/2.5万地形図に記載されている神社マークの位置まで踏破することはできませんでしたが、24日に再度チャレンジ。
今度はなんとか辿り着くことができました。

Img_3670

(37 55 4.6N 139 28 41.8E 標高502.7m)

もう一度行ってみようという気になったのは、前日に王子神社の由緒を詳しく書いているサイトを見つけ(リンクを貼っておきます)、そこに書かれている内容に心を揺り動かされたからです。
それまで、単なる山ノ神を祀ったものではないかと考えていたのですが、事実は全く異なりました。
なんと、源義朝の護持仏を勧請した神社だったのです。
ニノックススキー場パラダイスコースの南の谷間を三光川が流れていますが、河岸段丘を少し上がった標高約530m地点に王子権現こと王子神社を開基したのは、義朝の家来だった渋谷金王丸(コンノウマル)でした。

(1)渋谷金王丸の生涯
現在の東京都渋谷区の丘陵地帯に館を構えたのが渋谷重家(河崎基家)、つまり渋谷金王丸の父した。
ちなみに、渋谷3-5-12にある金王八幡宮は、渋谷重家によって創建されたものです。
渋谷氏の先祖を辿っていくと、垣武天皇の子である葛原親王の第三王子高見王の子・高望王に行き着きます。
高望王は桓武平氏の祖としても有名。
のちに源氏の頭領・義朝の家来となった金王丸ですが、血筋的には平氏の血が流れていました。面白いですね。
彼は豪勇夢双の士として知られ、源義朝の忠臣として保元の乱で活躍。
しかし、続く平治の乱では源氏は平家に破れ、義朝は東国へ落ち延びようとします。
その途中で立ち寄った尾張国の長田荘司忠致の館に滞在しているとき、平家方に寝返った忠致(タダムネ)の策略で義朝は入浴中に襲われ、非業の死を遂げます。
ここで、金王丸は仇討ちを果たしたという説もありますが、それはフィクションのようです。
忠致はその後、壱岐守に任ぜられたという明確な史実があるので、短期間のうちに金王丸が暗殺したというのは矛盾するからです。
駿河国(静岡県中部)にも長田父子がいて、彼らは頼朝に敵対したがために梟首(斬首した人の首を木にかけてさらすこと)されました。
それが混同されて、一部で伝わっているものと思われます。
また、仇討ちを果たしたのちに渋谷の館へ急いで帰り、出家して土佐坊昌俊と名乗ったいう説もあります。
これについては幾つかのバリエーションがあるのですが、私の調べた限りにおいては別人説の方に分があると思います。
土佐坊昌俊は大和国興福寺金剛堂の堂衆だったのであり、また新発田市の川東郷土資料にも、当時の土佐坊昌俊は奈良の真言僧であり、金王丸とは別人であると述べられています。
主君の義朝を失ってから、金王丸は京都へ入り、出家して牛若丸(のちの源義経)に仕えたという説もあります(滋賀県大津市和邇に伝わる金王丸由来書による)。
ひとつだけ確実なのは、京都にいる義朝の側室・常磐御前の元を訪れ(しばらく滞在したようです)、義朝の最期を報告したということ。
先の川東郷土資料によると、常磐御前は金王丸に、義朝の関東武士に宛てた手紙と、義朝の護持仏を託したとのことです。
そして金王丸は裏日本経由で、各地を転々としながら北上。
最終的に義朝の異母弟の護念上人を頼って、現在の新発田市菅谷へ辿り着きます。
護念上人の略歴ですが、幼くして出家し、比叡山延暦寺のある院の座主を勤めます。
平治の乱で源氏が敗れてから身の危険を感じるようになり、諸国を流浪ののちある天啓を受け、加治荘菅谷に留まることにしました。
近くに庵を建て、笈に背負って京都から持ってきたご本尊の頭部を安置。
これが菅谷寺(現在の菅谷不動尊)の開基となったのです。
金王丸もその地が気に入ったのか、そこを終の棲家にしようと決めたのでしょう。
菅谷からは二王子岳がよく見えます。
その一角の大平山の山中に(ニノックススキー場手前の道路脇に、大平山国有林と書かれた標識が立っています)、京都から大切に持ってきた義朝の形見である護持仏を安置したのでした。

Img_3779

(写真は、下石川舞台付近から見た二王子岳。青の矢印の小ピークが大平山と思われるが、要調査。王子権現が祀られている場所は、丁度矢印の延長線上の谷間です。左側にニノックススキー場のコースが顔を覗かせています。)

その際、義朝の父・義家が信仰した王子権現(東京都北区王子本町にある王子神社のこと)の分霊を勧請し、名称を王子権現としたのでしょう。
これが王子権現(王子神社)の由来です。
隣の二王子神社とは成り立ちが全く異なり、名前は似ていますが、両者に関連はありません。
彼はその後、家来の勧めで妻帯し、子をもうけます。
菅谷から二王子山麓にかけての上下石川、上下楠川、上下三光集落には渋谷性が多いのですが、それらの人たちは金王丸の子孫だと当地では言い伝えられています。
下石川に土着した金王丸は能舞台を近くに作り、家来や村人と共に能を楽しみながら余生を過ごしたようです。
菅谷小学校の南500mに舞台という名称の集落があるのですが(下石川地区の一角)、まさにこの集落の名称の起源がここにあります。

Img_3772_74stitch

(写真は舞台付近。左端の三角形に盛り上がった林の中に諏訪神社が鎮座する。)

ネットで閲覧できる地図では、国土地理院の地形図に舞台という地名が載っています。
また、坂井川にかかる橋にも舞台大橋があり、史実を今に伝えています。

Img_3766

(下を流れるのは石川川。)

金王丸の没年は定かではありませんが、国道290号線から滝大橋を渡って間もなくの共同墓地の一角に、金王丸の墓と伝えられている墓があります。
これについは、章を改めて述べることにします。

2016年5月18日 (水)

二王子神社旧参道詳説

5月12日にも類似の記事をアップしましたが、なんだんかんだとこの1ヶ月で旧参道を今日(18日)を含めて4回訪れました。
ようやく点と線がつながり全容が見えてきましたので、改めて現状をまとめてみました。

Img_3473p

国土地理院発行の1/2.5万地形図記載の点線は、一部踏み跡が消えているものもあり、逆にしっかりした踏み跡があるのに載っていないものもあります。
そこで、今日現在の現状をまとめてみたのがこの図です。
地図の真ん中あたりに”この区間泥道”と書きましたが、先月からこの付近で地元のさくら森林組合さんが伐採作業を行っています(次の写真参照)。

Img_3404

特に林道から丸木橋へ行く途中の道が深い泥道となっているので、歩行は難しいです。
堰堤まで車通行可、と書きましたが、この林道に2台の重機が入っているので、当面マイカーでの進入はやめたほうが無難だと思います。
伐採作業が終われば、堰堤前の路肩に車を停めることができます。
さて、二王子山神社から旧参道を歩いてみましょう。

Img_3418

急な石段を、ロープにつかまりながら下ります。
この石段、急な上に下側へ傾いており、表面は苔むしています。
そのためビブラムソールの登山靴でも滑りやすいです。
二王子神社から太鼓橋までの往復であれば、スパイク付きの長靴がお勧めです。
石段を下り終え、最初に現れる案内板の主がこの杉の木。
包岩楓大杉といい、その名の通り、岩を抱え込むように根を張っています。
太鼓橋が近づくと、左に登龍杉、右に祓い戸跡(祓殿跡)が現れます。

Img_3425

Img_3461

登龍杉の裏側に回り込むと、根元に大きな穴が空いています。
ストロボを焚いて空洞を撮ってみたのですが、かなり大きな穴でした。
とても神聖な空間だと感じました。

Img_3430

太鼓橋は昭和47年に付け替えられたもの。
現在の橋はコンクリート製です。
さて、太鼓橋を渡って数分歩くと、次の写真の分かれ道が出てきます。

Img_3447_2

左へ進めば、程なく車道へ出ます。
右へ進むと旧参道。
右へ進んだ場合、勾配はここからきつくなり、踏み跡もやや薄れかけます。
特にテープとかもないのですが、進路はひたすら道なりにまっすぐ進んで下さい。
途中1ヶ所だけ、杉の倒木が道に覆い被さっている箇所がありますが、そこで右下の斜面へ逃げず、枝を押しのけまっすぐ進みます。

Img_3449

急坂を下り終えると、この水路へ出ます。
水路をまたぎ、右斜め前方へ踏み跡を辿ります。
すぐ2~3m先で踏み跡は二手に分かれるのですが、左へ進みます。
急な崖を4~5m下れば、ダートの林道へ出ます。
ところで、この水路にはよく見ると、右岸(上流から下流を見て右側)にかすかな踏み跡が付いています。

Img_3395

(左側に踏み跡があるのがわかるでしょうか?)

ここを辿っていくと約100mで落差8mほどの大きな滝に出ます。

Img_3397

踏み跡もここまで。
滝は3段くらいに分かれており、なかなかの迫力です。
二王子神社横の妹背滝は、現地の案内板にも書いてありますが、車道を作った際、滝の岩盤を一部破壊したので、落差は昔より少なくなっています。
なので、この滝が姫田川では最も落差があるのではないでしょうか。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30