無料ブログはココログ

カテゴリー「大自然・ネイチャー(県外)」の6件の記事

2016年9月 1日 (木)

9月のホタル

8月31日、数年ぶりに西会津町の山奥へ行ってきました。
ここは天体写真をやり始めた当時、かなり頻繁に通った場所。
途中の集落の外灯は半分くらいLED灯に置き換えられていたけど、外灯の数そのものは増えていたということもなく、記憶の中にある風景と変わらぬ佇まいにほっとするのでした。
この日一番驚いたことは、なんとホタルを1匹見たこと。
現地に着いたのが20時。
ホタルの存在に気づいたのが21時。水路沿いの斜面の枯れ葉の中で、弱々しく点滅を繰り返していたのです。
ヘイケだと思うのですが、確信はできません。
もっとマイナーなホタルかもしれないし。
帰り支度をし始めた0時になっても、まだ時折光っていたので記録に残しました。
(ピントが合っていないのが悔やまれます。)

Img_9719_23p

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM (26mm)

ISO3200, F2.0, 90秒X2枚+60秒X3枚 (比較明合成)
撮影開始時刻9月1日0時24分

8月中旬にホタルを見かけたことは何度かありますが、さすがに下旬以降はありません。
今回は日付が変わって9月に突入しています。
標高は350mほど。それほど高いわけでもありません。
今年は何度も常識を覆されるような出来事に遭遇してきましたが、極めつけがこの季節外れのホタル。

Img_9675_77

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM (21mm)

撮影開始時刻21時57分
地上部(固定)2枚、星空部(追尾)1枚です。
20時台は全天の半分近くを薄雲が流れていましたが、南西の空から雲が取れていき、21時半頃には全天快晴となりました。
GPVですと、新潟県北部は厚い雲が21~23時にかけて通過する予報だったので、快晴が続くであろう飯豊山の南麓へ来た次第。
22時過ぎは本当にいい空でした。
他の天体写真は近日中にアップします。

2011年5月20日 (金)

天体聖地を探せ!(2)

Miyako

この画像はグーグルアースの画面コピーだが、下見から帰ってきた翌日、この地域の画像が高解像度版に進化した。
びっくりして高解像度で表示される区域をくまなくチェックしたが、さらに2箇所ほどよさそうなポイントを飯豊山麓で見つけた。
新発田市はまだこれほど高精細ではない。もし新潟県の全ての地域がこのような高精細版に進化したら、さらに絶好のポイントを見つけることができるかもしれない。
さほどかように最新の画像は素晴らしいのだ(パソコン、重くて動きません・・・)。

Img_5590

Panorama_hourai

上の2枚が、宮古集落のすぐ南にある蓬莱地区の水田地帯。
まだ田んぼに水が入っておらず、星景写真を撮るのは断念した。
ただし、これらのほとんどは休耕田かもしれないけれど。
真南はそれほど低空までは見渡せないが、そこそこ空は広い。白銀を抱く飯豊山が見えるのも好印象。
もちろん外灯は全くなく、人家はかなり離れたところに1軒だけ。
そこは「深沢」というそば屋さんで、秘境ムード抜群(次の写真参照)。

Img_5621

国道459号沿い、宮古集落入り口に深沢と書いた幟が立っており、そこを左折すればよい。
道路以外はすべてベアグラウンドになるが、撮影ポイントには事欠かない。

Img_5606_2
さて、そば屋深沢をやっている関口さん宅をすぎ、さらに道なりに進むと、300mほどで行き止まりになる。
右手にはかなり大きな池があり(上の写真)、かなり透明度の高い水を湛えている。
湖畔まで降りることができるので、ここも星景写真にはいいかもしれない。

このあと宮古集落を散策したら、北の山麓に道路らしきものがあるのが見えた。
早速車を走らせてみると、この道路最初から最後まで道幅が広く(両側1車線ずつある)、最も標高の高い所で660mまで上がった。
ゆるりゆるりと15分も走っただろうか、突如行き止まりになった。

Img_5632

翌日に偶然バージョンアップされたグーグルアースだと、この山岳道路の映像がちゃんと載っているが、まだ地図には記載がない。
やがては早稲谷集落へ続く林道と繋がるのだろうが、それにしても立派な道路だ。
かなりの税金が注ぎ込まれたことは想像に難くない。

さて、途中何箇所か素晴らしい展望を得ることができ、下見の収穫は十二分にあった。

Img_5627

こちらは南の方角。間違いなくオメガ星団も見えるであろう。
この辺をうろちょろしているのも、元はといえば西会津高陽根をしのぐ場所を探すため。
南を低いところまで見渡せる場所は、新潟県ではあまりないからだ。

Img_5628tenbo

残念ながら特に展望台などの観光施設はまったくなく、赤道儀を設置できそうな場所はここが唯一だった。(最初のグーグルアースの画像に、展望地として載っているのがこの場所。)
ベアグラウンドだが地面は固く、まあ問題ないだろう。標高も660mある。
ただし、南の方角は会津坂下や会津若松の光害が懸念されるところ。こればっかりは夜間に来てみないとわからない。
西会津の高陽根は、その点南の光害が極小なのが長所。

Img_5629

行き止まりの手前の道路からは、磐梯山と会津平野を一望することもできた。
このアングルはとても新鮮。思わず何枚もシャッターを切った。

2011年5月19日 (木)

天体聖地を探せ!(1)

18日、かねてから目を付けていた山都町(現喜多方市)宮古地区へ、下見を兼ねてドライブしてきた。
グーグルアースを昨年から場所探しに活用しているのだが、1/25000地形図ではわからない穴場を随分見つけた。衛星写真の威力はすごい。

過去2年間でもう2回も山都町~西会津町の飯豊山南麓地域は下見しているけど、そばで有名な宮古集落のすぐ南に広大な水田が拡がっているのを先月グーグルアースで発見し、星景写真向きの場所ではないかと考えたのだ。

Img_5549

高速を西会津インターで降り、県道16号線に入る。
旧野沢町を抜けると、すぐ飯豊連峰の主稜線が目に飛び込んでくる。
大日岳~御西岳~飯豊本山を真っ正面に見据える最高の展望地がここだ。
折しも、あちこちでそばの花が満開であった。

Img_5555

この街並みは荻野(おぎの)集落。
駅裏の高台から撮っているが、この道の先にはぼくの大好きな立ち寄り湯”ふれあいランド高郷”がある。
ここはさらに高台にあるので、景色もよい。

Img_5562

宮古へ行く前に、夜汽車を撮るためのポイントをロケハンした。
満月の明かりの下でどれだけ汽車が写るか、全くの未知数。
汽車の写真なんて、ほとんど撮ったことがないのだから。
山都町にかかるこの鉄橋、休日にはたくさんのカメラマンがSLの写真を撮りに詰めかける。
このアングルは、和尚山登山道側から撮っている。登山道入り口には駐車スペースもあり、案内板が立っている。

Img_5574

15分も歩くと和尚山の頂上に出る。頂上は藪に覆われていて展望は利かないが、道なりにやや下ると上の写真のアングルが撮れる場所に出る。
といっても足下は悪く、急傾斜の斜面に無理矢理三脚を立てて撮る感じ。
偶然、新潟方面から列車が走ってきた。ラッキー!
阿賀野川の支流・一ノ木川が足下に興趣を添えている。
母の実家がすぐ近くにあるため、子供の頃何度もこの川で泳いだことがあるが、残念ながら水質はその頃よりは悪化しているようだ。

Img_5650p

宮古で一仕事終え?、再び一ノ木川にかかる鉄橋へ。
この辺の集落には外灯がなく、ある一箇所を除けば充分に暗い。
その一箇所とは写真中央、白っぽく光っている部分。
帰りに発光源を確かめるべく立ち寄ってみたら、ナイター照明で少年たちがサッカーの練習をしているのだった。
夜のとばりが降りると共にナイター照明は明るさを増し・・・ぼくはすっかり気分をそがれ、月が昇ってくるのを待たずに、次のポイントへと移動するのであった。
(宮古のレポートは明日行います。)

2010年10月28日 (木)

秘境・会津朝日岳

天体写真を初めてから随分あちこち行きましたが、まだ国内では足下が見えないほどの暗さに巡り会ったことがほとんどありません。
昨年から暇さえあれば地図を見ながらどこが暗いかなあ、と想像を膨らませるのが日課?でした。
そして、会津朝日岳のあたりが最も光害が少ないのではという結論に達し、その下見を兼ねて去る10月24日、登山してきました。
日曜の早朝から天気は下り坂になり、山々はすっぽり雲に覆われています。
それでも登山口まで行くと7合目あたりの尾根が見えてきたので、いそいそと登り始めました。
終日曇りでしたが、取りあえず尾根に出ると見晴らしは効くようになり、山頂からは素晴らしいパノラマを堪能することができました。

Asahi_panorama

東から南にかけてのパノラマ写真です。飯豊連峰、吾妻連峰、尾瀬の燧ヶ岳に越後駒ヶ岳・・・絶句・・・
もくろみ通り、山頂からは四方八方山並みだけが拡がっており、只見町の一部以外に町や平野部は一切見えません。これは、夜になるとすごい暗闇に包まれそう。
でも、山頂直下の岩場が難所で、夜歩くのは危険。かといって叶の高手の小ピークは以外と展望がありません。避難小屋周辺もしかり。
星野写真を撮るには、さして広くない山頂でビバークするしかなさそうです。

Img_3084p

Img_3093p

Img_3113p

Img_3119p

Img_3124p

正面の岩場が山頂です。

Img_3156p

Img_3164p

Img_3206p

魚沼市の知人によると、今年は猛烈な残暑のため葉っぱが焼けて茶色に色づいてしまったから、それほどカラフルではない、とか。
しかし、ぼく的には過去10年間に見た紅葉ではベストスリーに入る素晴らしいものでした。
視界の及ぶところ、どこにも杉の植林のあとが見当たらないのもいいですね。
どこもかしこも原生林。そのため広葉樹の割合が多く、紅葉が見事なのでしょう。

ところで、県外から会津朝日岳を訪れる場合、只見町での前泊が必要となります。
東北の山村でよくあるパターンなのですが、早朝(5時30分)にマイクで町内に大音量で”朝の挨拶?”が流れます。
これで目が覚めてしまいますので、予め覚悟しておいて下さい。

2010年10月18日 (月)

魔女の瞳

吾妻連峰の一角をなす一切経山(1948m)は活火山です。
最近では2008年に300mの高さまで噴煙を上げて話題になりました。
日曜日に5年ぶりくらいに登ってきたのですが、そのときより噴煙は活溌に上がっており、噴気孔にに最も近い側の登山道は通行禁止になっていました。
山頂からの楽しみは360度のパノラマもさることながら、北側直下にある美しい五色沼の眺望です。
コバルトブルーの湖面はどこから見ても神秘的なまでに美しく、古来”魔女の瞳”と形容されてきました。

Img_2570

Img_2577

Img_2589p

Img_2603p

Img_2606p

Img_2629p

土曜日は福島市内に泊まったのですが、最近のガイドブックは飲食店の広告企画ばかりで、まともに観光資源を取り上げていません。
例えば、市街地を一望する信夫山は観光資源の宝庫。
中でも東端の中腹にある岩屋観音は見逃せません。
江戸時代、宝永六年(1709)頃から岩谷一面にたくさんの磨崖仏が彫られました。西国三十三所観音をはじめとして、庚申・弁財天・釜神などが彫られ、庶民の信仰を集めました。
それなりに風化はしていますが、像容は優れたものが多く、見応えがあります。

Img_2542

Img_2552

お勧めの福島市内の観光スポットをもう一つ。
それは、あずま総合運動公園内にある福島民家園
江戸時代中期から明治時代中期にかけての県北地方の民家を中心に、芝居小屋、宿店、料亭、板倉、会津地方の民家等が移築復原されています(入園無料)。

Img_2471

これは明治20年建立の芝居小屋、旧広瀬座の内部。国重要文化財に指定されています。

Img_2518

旧馬場家の内部。 文化4~5年(1807~1808)の建築になります。

Img_2446

個人的に最もググッと来たのが、かつての養蚕農家の旧小野家。
ぼくの両親は会津地方の農家の出身なのですが、父の実家が40年ほど前まで養蚕をしていました。
その頃の記憶の断片が久しぶりに蘇ってきたのです。父の実家に対して持っているぼくの一番古い記憶が、この真っ白な蚕のイメージなのでした。

2009年9月28日 (月)

元滝と中島台のブナ樹林

Img_7972dp

Img_7981dp

Img_7996dp

Img_8008dp

一睡もできなかったので、どうせなら早朝誰もいないうちに元滝を撮ろうと思い、早々とテントを撤収。 鳥海山の名瀑・元滝に着いたのは5時半でした。
もちろん一番乗りです。日曜だし天気もいいから誰かいるかなと思ったのですが、ちょっと拍子抜け。
コンパクトな滝ですが、ある意味最も日本的なイメージの滝です。滝の盆栽版といったところでしょうか。
この滝へ来るのは3回目ですが、なぜかいつも知らず知らず早朝に来ています。そして、いつも一番乗り。そういう巡り合わせなんですね。

Img_8069dp

Img_8084dp

Img_8094dp

Img_8102dp

次に中島台へ移動。駐車場には1台も車がありません。ここでも一番乗りを果たしました。
鳥海山北麓はブナの樹海と湧水の宝庫です。東北地方で最も好きな場所の一つ。
最初の写真が湧水池ですが、水が本当に美味しいんです。
水はやや酸性なので、マリモが生育していることでも知られています。
獅子が鼻湿原を一周する遊歩道は、所用約2時間30分。ここまで来たら是非一周されてみることをお勧めします。
睡眠不足で身体はだるいけど、早起きして良かった!

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31