無料ブログはココログ

カテゴリー「花全般」の73件の記事

2017年2月16日 (木)

シルバニアンファミリーの世界

2月11日~26日まで、旧安田町のサントピアワールドで開催中の「冬のガーデニングショー」を見に行ってきました。
これは今年から新たに始まったイベントで、昨年までの「世界の洋蘭展」をリニューアルしたもの。
今年から入場券売り場が温室入り口に変更されたので、建物に入ってすぐの物産展コーナーは無料で見学できるようになりました。
タイトルのシルバニアンファミリーとは、かなり昔から続いている箱庭系のおもちゃのシリーズを言います。
昨年12月に知人の娘さんにプレゼントするためおもちゃ屋に買いに行ったのだけど、自分がはまってしまいました。
こういうの好きなんです!
そして、夢にまでシルバニアンファミリーの世界が、ここサントピアワールドの温室の中にありました。

Img_2211

Img_2216

Img_2230

Img_2235

Img_2240

あと、会場の片隅で、寄せ植えハンギングバスケットコンテストが開催されていたのです、こちらもとても良かったです。
賞を受賞した2つの作品を載せますが、ぼくが審査員だったらやはりこの2作品を選ぶかも。
とはいえ、どれもハイレベルな作品ばかりで、目の保養になりました。

Img_2242

Img_2248

2016年4月16日 (土)

色づく春

Img_2859p_2

Img_2860

Img_2864p

以上、胎内市宮川地区にて。

2016年4月 1日 (金)

水芭蕉に酔いしれる

Img_2638p

Img_2647p

EOS70D + EF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STM (共通)

新発田に、巨漢の吟遊詩人!?がいます。
そのTomさんがブログに、詩情溢れる写真と文章を寄稿していました。
いやあ、ぐっと来るものがありました。
この人は、ドイツの詩人ハインリヒ・ハイネの生まれ変わりかもしれない。
ハートがぷるぷる振動しました。
実はその場所へはまだ行ったことがなかったので、本日初訪問。
着いたのが午後1時という写真には最も適さない時間。
怠慢の極みですね(^^;)
にもかかわらず、白い妖精達の艶姿に感動することしきりでした。
初めて水芭蕉の美しさに気づいた気がします。
木道の前を歩く人が「尾瀬より広いかもね」と話していましたが、新潟県内にこのような花園があるなんて、それも結構身近なところに。
花粉症のつらさを、しばし忘れることができたのでした。

2015年6月 5日 (金)

トンボ池の和睡蓮

知人のブログで睡蓮の開花を知り、早速現地へ。
岩船北部広域農道沿いにこの池はあるのだけれど、トンボ池という名前が付いていることを初めて知りました。
まさに満開、ちょうどピークでした。
山並みの向こうには、未だに多くの残雪を抱く朝日連峰が見えるし、見晴らしの良さは絶品。
ここはオアシスですね。素晴らしい場所です。

Img_7963p

Img_7970

Img_8001

Img_8009

EOS 70D + EF70-200mm F2.8L IS II & SAMYANG 16mm F2.0

2015年5月19日 (火)

そうだ、ふれあい農園へ行こう!

Img_7147

Img_7149

Img_7158

Img_7166

Img_7173

Img_7179

Img_7142

Img_7195

Img_7203

Img_7196

場所:濁川公園内 ふれあい農園(新潟市)
撮影日:5月18&19日

2015年4月26日 (日)

本日の天蓋高原

Img_6767_69stitch

快晴の日曜日、天蓋高原へ行ってみました。残雪の量を確かめるためです。
駐車場までは問題なく行けますが、ここから100m先からは冬期通行止め。
実際、日陰になっている部分にはまだ残雪がわずかにあり、奥の駐車場へは車で入っていけません。大毎方面の通り抜けも不可。
もっとも、天蓋高原広場奥の駐車場へ続く小道を覆っている雪は10cm程度なので、もう2~3日で溶けそうです。
この広場周辺も雪が溶けたばかりなので、そこかしこにふきのとうが芽を出していました。
桜は、高根のあたりはほぼ終わり。
天蓋高原へと続く道路の中間地点の桜並木は咲きかけといったところでした。
桜の方はGWにかけて楽しめそうです。

今日はあちこち下見しました。
最後に立ち寄ったのが、チューリップで有名な長池公園と、そのお隣、宮川のチューリップ畑。

Img_6824

Img_6794

ちょうど一週間前にも長池公園へ来てみたのですが、そのときは3分咲きぐらいでした。
今日は満開!
やはり連日の高温が影響しているのでしょう。
このままでいくと、こどもの日まで持たないかもしれません。
4月29日以降は花が傷んでくるものと思われますので、長池公園へ行く予定を立てている方はお早めに。
ご存じのように、チューリップは連作障害を避けるため、毎年植える場所を変えています。そのため、宮川のチューリップ畑の景色も毎年微妙に異なり、二王子山をバックに最も絵になる風景を探すのがぼくの楽しみ。
おそらく10年前に比べたら作付面積が減ってきていると思うので、かつてほどスケールの大きいお花畑を目にすることは難しくなってきました。
今年は、ここが一番広大さを感じましたね。

Img_6830_2

EOS70D + SAYMYANG 16mm F2.0 ED AS UMC (共通)

2014年9月26日 (金)

新潟ふるさと村のダリアたち

少し前(9月23日)に撮ったものですが、新潟ふるさと村のダリアの写真を紹介します。
春はチューリップで有名ですが、ぼく自身、夏以降に行ったのは初めてかもしれません。
ダリアを主体に様々な花が咲き乱れており、そこは楽園と呼ぶにふさわしい風景が見られました。

Img_5533p

Img_5539

Img_5554

Img_5590p

このあと、県立図書館裏の彼岸花の群生地へ立ち寄りました。
ちょうど満開でした。

Img_5601

Img_5628p

2014年6月18日 (水)

五十公野のアヤメは4分咲き

今年初めて、地元(新発田市)のアヤメ園へ。
前回の瓢湖のアヤメ園へ行ったとき同様、今回も4分咲きでした。4という数字に縁がありますね。
満開の頃よりは花が痛んでないので、4~7分咲きくらいの方が好きです。

Img_2455p

EOS70D + SAMYANG 16mm F2.0 ED

サムヤンのニューレンズで撮ったのはこれのみ。
絞り開放だとピントの合う範囲が狭く、手持ちではなかなか思ったところにピントを持ってくることができません。結構むずかしいですね。
以下はすべてキャノンの100mm MACRO使用です。

Img_2492

Img_2530p

Img_2518

このアヤメ園には池があり、和睡蓮が多数咲いています。
個人的には、こちらにより魅せられました。

Img_2470

Img_2512

2014年6月13日 (金)

瓢湖のアヤメは4分咲き

Img_2354

EOS70D + SIGMA FISHEYE 10mm F2.8 EX DC HSM

瓢湖のアヤメ園は既に4分咲きといった風情でした。
今年は1週間くらい、例年より開花が早まっているようです。
ホタルの出現も今年は早まりそう。油断がなりません。

2013年6月21日 (金)

瓢湖のアヤメ、見頃です

Img_0325

Img_0328

Img_0338dp

Img_0409

Img_0394

Img_0363

あじさいも、ぼちぼち咲き始めていました。

機材:Canon X6i + Sigma Fisheye 10mm F2.8 EX DC HSM (共通)

より以前の記事一覧

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31