無料ブログはココログ

« 関屋分水付近 | トップページ | 獅子ヶ鼻付近 »

2018年12月21日 (金)

越後七浦シーサイドラインの滝

Img_2957

なぜ今まで気づかなかったのだろう。
シーサイドライン沿いに落差10mほどの滝を見つけました。
今の時期に水が流れていれば、おそらく通年渇水することはないのでは?
滝壺の真下まで行くこともできるし、何より方角がいいです。
正面が南東なので、おそらく天の川を構図に入れることも可能かと。

Img_2974p

滝のクローズアップです。
いいなあ、惚れ惚れするなあ。
早く春にならないかな。

« 関屋分水付近 | トップページ | 獅子ヶ鼻付近 »

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

野積にある滝は知っていましたが、これは知りませんでした。
カメラをかなり上に向けることになるので、光害の影響を受けず、いい星景が撮れそうです。
中望遠でも面白いかも。

滝星景さん、こんばんは。
これを含めて、シーサイドライン沿いには3つの滝があるみたいですね。中ではここが一番星景向きかと。ちなみに、1枚目の焦点距離は24mmです。車のヘッドライトが敵だけど、21時過ぎたら交通量もかなり減ると思われるので、それほど障害にはならないと思います。滝が凍るであろう真冬にも一度来てみたいです。

新潟の低山でありながら、まるでアメリカの国立公園のようなダイナミックな風景ですよね。
いつも通るたびスルーしていますが、星景撮ろうとは思ったことなかったでした。Satoさんならきっと素晴らしい作品にしてくださると思います。楽しみにしています。

足場はいいし、アクセスはたやすいし、地形もダイナミック。車を停めてカメラを構えてみると、とても絵になる光景にびっくりした次第。まるひさんの作品にも期待しています!

この場所はシーサイドラインの中でも,ちょっと風景が異なるような気がしています。
岩山に草が覆われているように生えているようで雄大です。
バイクで良く走る道です。滝は気が付きませんでした。
でも,どうしてこんなに美しく撮れるのでしょう。
明るすぎなくて,なんと言えば良いのか,
肉眼で見えるような感じと言えば良いのでしょうか。
これからも楽しませてください!

haruさん、コメントありがとうございます。ぼくは趣味でシュノーケリングをするのですが、昔ここの海岸で潜ったことがあるんですよ。でも透明度はイマイチだし、魚も少なかったです。越後七浦全般に、魚は少なめですね。しかしながら地上の地形はダイナミックなところが多く、笹川流れとはまた趣が異なる所も多いようです。最近のカメラにはHDR撮影ができるものが多いです。これはその機能を使って撮っています。ソフトを使っても同様の画像処理ができるんですが、やはりその場の臨場感を大切にしたいので、HDRモード(暗部を浮き上がらせ、明部は白く光が飛ばないようにする。明暗さが極端に大きい場合に使います。カメラが3枚連続撮影し、カメラ内でその場で画像処理をしてくれるんです)で撮りました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 関屋分水付近 | トップページ | 獅子ヶ鼻付近 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31