無料ブログはココログ

« 月夜の弥彦神社 | トップページ | 新しい林道を探索 »

2018年11月 4日 (日)

緑のゆらめき

11月3日、グリーンフラッシュを見るべく県北の海岸へ。
ところが誤算がありました。
秋になると下越の海岸では太陽は佐渡の上に沈むようになり、水平線上に没する太陽を見るのが難しくなるのです。
改めソフトを使ってシュミレーションしてみないとわかりませんが、山形県まで行かないと無理そうです。
その点、弥彦山裏の海岸でしたら問題なく水平線上に没してくれるので、秋以降のGF観測は寺泊~弥彦山裏の海岸へ行くのが無難なようです。
この日も現地着がかなり遅くなり、場所移動する余裕もなく、碁石海岸で日没を迎えました。

Img_0951

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG
(600mmX1.4倍テレコン)

低空には雲があり、それらの雲を抜けるとあっという間に稜線上に沈んで行きました。
これはノートリ画像ですが、一応グリーンセグメントが現れていることはわかります。
でも、前回や前々回のそれに比べたら淡いものでした。

Img_0964

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG
(600mmX1.4倍テレコン・トリミングあり)

ここからトリミング画像です。
ぎりぎり山並みに没する段になって、上縁に緑色のゆらめきが現れました。
以降、完全に没するまで全カット写っていました。

Img_0966

Img_0978

完全なるグリーンフラッシュを撮るには、年間を通した撮影計画~季節に応じた場所の選定作業~が必要ですね。甘かった。
海岸には好天とあって、イカ釣り師が大勢いました。
アオリイカの季節もそろそろ終盤です。

« 月夜の弥彦神社 | トップページ | 新しい林道を探索 »

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

Satoさん、先日はお世話になりました。
写真を拝見するに、雲間のわずかなチャンスをモノにされたご様子。しっかりきれいなグリーンを捉えてらして、素晴らしいですね。
それにしても、この後に天蓋山にいらしたんですから、いつものことながら、そのエネルギーに脱帽です~。
それから、楽天で例の双眼鏡チェックしました。手頃なサイズのポロは売り切れ状態・・・。やはり、Satoさんお勧めなだけあって、隠れた人気機種なんですね。

ちーすけさん、こんばんは。
あそこは2~3ヶ月に1回程度、入荷するようです。欲しい機種があれば、メールで予約することも可能だと思います。ところで、楽天のサイトで、天体望遠鏡という名前のところをクリックしてみました?大きめサイズの双眼鏡はこちらにラインナップされています。
10X50以外はまだ在庫がありますよ。でも、これが最も手頃ですけどね。

Satoさん、どうもです。
はい、7cmまでラインナップされているページ、ながめました。ちょっと重量級過ぎかなあと思ってたとこでした。
また、時期をみて覗いてみようと思います。ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月夜の弥彦神社 | トップページ | 新しい林道を探索 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31