無料ブログはココログ

« 大峰山山麓のクロマドボタル | トップページ | 月夜の鈴ヶ滝 »

2018年10月21日 (日)

久々のグリーンフラッシュ

21日は当初、弥彦山山頂近くにあるパラグライダーの発着所へ行くつもりでした。
目的はグリーンフラッシュ。
しかし、新潟市から見て一向に弥彦山方面の薄雲が取れてくれないので、県北の海岸へ行くことを決意。
そっち方面はずっと快晴のままでしたから。
しかし、所用を終え新潟市を出るのが遅くなってしまい、岩船港に差し掛かったところでタイムアップ。
仕方なく岩船三日市の海岸に面した公園で日没を迎えました。

Img_0714

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG (600mmX1.4倍テレコン)

新潟市方面を眺めると、とてもシュールな光景が・・・
左に朱鷺メッセ、右にNEXT21のビルでしょうか。

ここからだと太陽は佐渡の山並みに沈んでしまいます。
この少し上に横長の雲が滞留しており、そこを抜けた直後からグリーンセグメントが見られました。
日没前の太陽がとてもまぶしかったので、おそらくGFが見られるだろうと思っていましたが、以後はっきりとしたグリーンセグメントが現れ続けました。
(写真は全て撮って出し。フォトショによる微調整も行っていません。)

Img_0741

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG
(600mmX1.4倍テレコン・共通・トリミングあり)

Img_0743a

Img_0787

Img_0789

面白いもので、稜線に没する瞬間グリーンに縁取られました。
なんちゃってグリーンフラッシュと言えなくもない(^^;)
佐渡がなければ、確実に派手目のGFが現れたのではないでしょうか。
(新潟から新発田に着いたところ弥彦山方面を振り返ってみたら、雲があらかた消えていて快晴になっていた。やっぱりあっちへ行けばよかったと後悔・・・)

最後に1枚、トリミングしていない画像。

Img_0752

※10月26日、記事のタイトルをグリーンセグメントからグリーンフラッシュに変えました。
海外の関連サイトを色々読んでみたのですが、太陽が没する直前出なくても、このように太陽の上縁にある程度明るく大きな緑の光が現れた場合はグリーンフラッシュと呼べるようです。

« 大峰山山麓のクロマドボタル | トップページ | 月夜の鈴ヶ滝 »

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
鮮やかな、グリーンフラッシュですね。撮って出しJPEGでもこれだけ鮮やかなら強調の必要がないですね。佐渡に沈む太陽でもこれですから、水平線ならもっと! 天候はわかりませんね。

けんちゃさん、ありがとうございます。眼視でも緑の縁取りがわかりましたので、久々に感動を味わえました。けんちゃさんの金星写真にも感動しました。最近みなさんの長焦点による撮影が盛んなので、Deep Skyはみなさんのブログで楽しませてもらっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大峰山山麓のクロマドボタル | トップページ | 月夜の鈴ヶ滝 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31