無料ブログはココログ

« 神秘のクロマドボタル | トップページ | 10月8日の星空 »

2018年10月 8日 (月)

東赤谷の星空

昔JR赤谷線があったころ、最終駅が東赤谷でした。
滝谷森林公園が東赤谷テリトリーに属するかと思います。
個人的には東赤谷という地名に子供の頃からなじんでいるので、タイトルに東赤谷という地名を使いました。
7日は加治川治水ダム手前の橋のたもとから、滝谷森林公園入り口の辺りまで2~3箇所で写真を撮りました。
昨日アップしたクロマドボタルの写真に続き、今日はそれらの場所で撮った星景写真をアップします。

Img_0747_0772

現地へ着くやいなや、薄雲が流れ始めました。
今回もポタ赤は使わず、6~7秒の固定撮影複数枚をSequatorで合体させる方式。
道路の左脇には旧赤谷鉱山で使われたトロッコ列車の鉄橋が残っており、それを入れてフレーミングしてみました。
しかしながらこの地は新潟県内でもトップクラスの暗さなので、月明かりの力を借りるか、薄明終了前に撮るかしないと、ISO6400で3分露出かけようが鉄橋を描出することは不可能です。
星空部は6秒露出ですが、鉄橋を描出するために3分露出の画像を地上風景用に1枚撮り、それを合体させています。しかしそれとて強引に画像処理で暗部を持ち上げないと使い物にならず、新月期の谷間での撮影は本当に困難を極めます。
この写真はコンポ枚数25枚ですが、多少雲があってもSequatorはきれいに合成してくれました。

Img_0797_0813p

別アングルから鉄橋を入れて写したものです。
紅葉が始まったらきれいでしょうね。
かろうじてカシオペアが視認できます。

Img_0775

谷間から見上げる白鳥座。
こっち方面は新発田市から新潟市にかけての平野部が控えているので、雲のある時はやや光害が感じられます。
それでもなお、白鳥座のコントラストの高さ、星の先鋭度はたいしたもの。
こちらの画像は1枚モノです。
一応20枚撮ったのですが、雲の感じなどワンショット画像の方が見た目に近く好ましいので、20枚コンポ画像はボツにしました。

Img_0924_957p

滝谷森林公園入り口近くの道路脇から、焼峰山にレンズを向けてみました。
流れ星一閃。

« 神秘のクロマドボタル | トップページ | 10月8日の星空 »

ホタル2018(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神秘のクロマドボタル | トップページ | 10月8日の星空 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31