無料ブログはココログ

« 月夜の鈴ヶ滝 | トップページ | 月夜の弥彦神社 »

2018年10月25日 (木)

満月のグリーンフラッシュ

25日、弥彦山山頂手前のパラグライダー発着所で夕日を鑑賞する予定でしたが、今回も間に合わず、間瀬まで来たところでタイムアップ。
間瀬漁港で日没を迎えました。

Img_0815

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG
(600mmX1.4倍テレコン・トリミングあり)

水平線にはほとんど雲がなかったですが、いかんせん透明度がイマイチ。
それでもこの写真程度の弱めのグリーンセグメントは現れましたが、最後の最後で緑がゆらめくということはなかったです(写真はちょっとピンぼけです)。
後半はビデオ撮影に切り替えたのですが、何度か太陽の上端部で淡い緑に光が変化したことはあったものの、やや大きめのグリーンセグメントどまり。
この日はもうひとつ目的がありました。
このあと即座に弥彦山山頂へ移動。

Img_0836

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG
(600mmX1.4倍テレコン・トリミングあり)

グリーンフラッシュは日没時のみならず、日の出の時も現れることがあるそうです。
同様に、月でも稀にグリーンフラッシュ現象が現れることがあります。
新潟県からは、水平線から昇る月は見ることができないけれど、平野部をはさんで少しでも高い場所から見ればより低空から昇る月が見られるのではないかと。
そのような判断から弥彦山山頂(正確には山頂手前の道路に面した駐車場ですが)を選んだのです。
くしくもこの日は満月。
月の出は17時33分。
ところがなかなか月が昇ってきません。
10分ほどして見る位置を変えてみたら、すでに昇ってきていることに気づきました。
ぼくが陣取った駐車場から、東の方角はそれほど視界が広くないため気づかなかったのです。
思惑より少し左手にずれた方向から昇ってきました。
稜線から1/6くらい顔を出した瞬間を撮りたかったけど、それはかなわず。
この写真が最初の1枚です。
そして、運良くこのカットにのみ緑の縁取りが上縁に現れていました。
ただ、初めての経験ゆえこれほどシャッタースピードが落ちるとは予想外で、ちょっとぶれてしまいました(1/9秒)。
ピントも最初の写真と同じ位置のままなので、やはり合っていません。
このあとすぐISOを上げて対策したものの、時既に遅し。

National Giographicの写真と比較すると、色合いは取りあえず似ているので、グリーンフラッシュの手前のグリーンセグメントではあったような気がします。
もうひとつ、月のグリーンフラッシュ現象を撮影した写真がBORGの中川さんのブログに紹介されています。これも見事ですね(やはり月の出の写真)。

満月でなくても、大きめの月だったら現れる可能性があると思われるので、快晴時には月の出を狙う楽しみが増えました。

Img_0838

※10月26日、画像を1枚追加(ノートリ)。
稜線から抜け出た直後の月です。形がいびつなのがわかります。
さらに5分後に撮った画像には歪みはありませんでした。
この日は低空の屈折率がかなり高かったようです。

« 月夜の鈴ヶ滝 | トップページ | 月夜の弥彦神社 »

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

グリーセグメントの太陽、全体に歪がなくて美しい太陽ですね。
又、月のグリーンセグメントは初めて拝見しました。月にこのような現象が起こることすら想像もしていませんでした。これからは気にかけていようと思います。

けんちゃさん、コメントありがとうございます。月のGFについては、おそらく大多数の人がご存じないと思います。太陽のGFは近年多くの人が狙っており、ぼく的にはそれほどレアな現象でもないと思っているのですが(実際、年に2-3回は確実に見れていますし)、月のそれはどのくらいレアなのか、これから検証してみたいと思います。
満月の時は星見ができないので、そういう意味でも満月期でも撮る楽しみ、見る楽しみが増えますね。
山内さんが撮られたそれは12月の撮影ですし、通年現れるチャンスがあるのでしょうか?
ぼくの機材ではこれくらいが限界なので、けんちゃさんの素晴らしい写真を期待しています。

私はこの日、四ツ郷屋浜で夕日を眺めていました。ニアミスでしたね。カメラを持っていなかったので双眼鏡で眺めていましたが、ちょうど水平線上太陽の1/4くらい雲がかかっていて日没瞬間は見られませんでした。でもこんな感じのセグメントは見られました。
四ツ郷屋は開発が進んでいて、トラックの出入りが多く、ゆっくり夕日を眺められる環境でなくなりつつあります。ここは近くて好きな場所だったのですが残念です。
昇る満月のグリーンフラッシュ、興味深いです。こういう現象もあるのですね。見えないところから出る瞬間をとらえるのはなかなか難しいと思います。私も新たな楽しみとして狙ってみます。

まるひさん、こんにちは。ぼくも四ツ郷屋浜好きです。そうですか、この浜にも開発の波が押し寄せているんですか。残念ですね。県内からテトラポットのない自然のままの砂浜はやがて消滅するのでしょうか。
月の出はどこから昇るのかわからないので、その分撮りごたえ?もあります。みんなでチャレンジしましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月夜の鈴ヶ滝 | トップページ | 月夜の弥彦神社 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31