無料ブログはココログ

« 本日の夕日 | トップページ | 楽しき流星観測 »

2018年8月10日 (金)

クロダイゲット!

P8100006

10日はまだ波が荒かったため、左手の縦堤の付け根にわずかに残る砂浜からエントリー。
場所はいつものマリンピア前。
この辺は20m沖のテトラの際まで行っても水深が3mしかなく、素潜りとしてはやや物足りなさが残ります。
それでも魚はそこそこいて、透明度も笹川流れの平均的なそれとほとんど変わらないことから、十二分に楽しめました。

P8100033

オリンパス TG-5
(水深1.4m、水温27.7℃)

この日の獲物はクロダイ(釣りはしないです。あくまで写真の被写体として)。
いつもの夏でしたら、30~40cmぐらいのクロダイを結構見かけるのですが、今年はまだ遭遇していなかったので。
10日は幸運にも、何度も遭遇しました。
サイズは写真の20cmくらいの小型から、大は40cmまで。

P8100042p

(水深2.2m、水温27.7℃)

この日最大の大物がこのクロダイ君。
なかなか接近することができなかったのですが、斜め後ろからそっと近づくと60cmくらいまで近寄ることができたので、その奇跡の1枚です。
体長は40cmくらいです。

P8100046

(水深1.4m、水温27.7℃)

豆アジの群れも多かったです。
網ですくえそうなぐらい

P8100069

(水深2.5m、水温27.5℃)

こちらの美麗な魚体はシロギス君。
キスは透明度の良い海中で見ると、身体が半透明に透けて見えるので、魚類界の貴婦人のような気高さがあります。
キスもなかなか警戒心が強く、近寄ることができなかったのですが、斜め後方からそっと近づく作戦でうまく写真に収めることが出来ました。

P8100076

(水深0.4m、水温27.5℃)

この日は耳抜きがとてもスムーズにできたので、イルカのごとく自在に水中を泳ぎ回りました。
シマダイ君にも、覚えたての進入経路から接近。
ただし、この写真は少しトリミングしていますが。
シマダイは15~20cmのものがほとんどで、クロダイのように大きいやつにはお目にかかることができませんでした。

« 本日の夕日 | トップページ | 楽しき流星観測 »

シュノーケリング(海)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 本日の夕日 | トップページ | 楽しき流星観測 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31