無料ブログはココログ

« 闇夜の再来 | トップページ | 4日はあまり飛ばず »

2018年6月 4日 (月)

ホタルの季節到来

Img_6046_76p

EOS 6D MARK II + SIGMA 24mm F1.4 DG

地上部24枚(比較明合成) + 星空部1枚(プロソフトンAを露出時間の2/3使用。ただし、固定撮影)

6月3日撮影。
2日の夜からホタルが光り始めているか、心当たりの場所の巡回を始めました。
2日はまだ気温が低かったためゼロ。
3日は一気に気温が上がり、19時の時点でまだ23℃ありました。
これなら今日あたりから地上に出始めるはずです。
最初に訪れた標高55mの二王子山麓のポイントでは1匹見かけただけでした。
次に訪れた、地元の集落と小学校のグループが熱心に保護活動を推進しているポイントではそこそこ見かけました。取りあえず一安心。
現地に着いたのが20時40分頃。
そのときはざっと15匹ぐらいは飛んでいたけど、さすがに21時を過ぎると4~5匹程度に減りました。
この写真は21時過ぎに撮ったものです。
20時台に写したものは、星空部を取り忘れたのでボツに。
写真をご覧になるとわかるように、全体的にもやもやとした大気状態で、カブリもひどかった。
それでもシーズンしょっぱなから、ナンチャッテ蛍星景が撮れたので満足です。
それにしても、ここへ来る度に感じることですが、2km離れた道路を走る車のヘッドライトがバンバン飛び込んできます。
最短で300~400mほど近い所まで接近する車もあるけど、そこの道路を車が走った日には昼間のように明るくなります。
ヘッドライトの明るさがここ2~3年で一際明るくなった印象があり、本来はNGであるはずの、フォグランプを常時点けて走っている車も多い。
この場所ではまだ農道への交通規制が始まっていないようでしたが(例年、蛍の生息地付近の農道への車の進入を食い止める看板が要所に立ちます)、始めるにしても規制の範囲をもっと拡げないと意味がありません。
構図的に天の川を絡めた蛍星景を撮るにはもってこいの場所なのですが、そんなこんなで蛍だけでなく人間にもストレスがかかるので、積極的に来る気にはなれない場所です。

« 闇夜の再来 | トップページ | 4日はあまり飛ばず »

ホタル2018(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 闇夜の再来 | トップページ | 4日はあまり飛ばず »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31