無料ブログはココログ

« 蔵まつりと寺びらき | トップページ | 奇跡の田んぼ »

2018年6月12日 (火)

生きる

11日、真木山東麓の太田川沿いを下見したあと、松岡川へ。
太田川は良さそうな場所もあるのだけど、あちこちに堰が設けられており、ところどころ水の流れが淀んでいるので、ホタルがいるかどうかは微妙なところですね。
一週間後くらいにもう一度来てみようと思います。
帰りに、今年はもう行かないと決めたはずの松岡川へ立ち寄りました。
下流部でなく、松岡集落を抜けて、昨年から大規模な圃場整備と溜池造設工事が行われている核心部、すなわち中流部へ。
新発田市郊外ではあちこちで圃場整備が行われていますが、松岡のそれが最も大規模なような気がします。
松岡の広大な田んぼは、それこそ世界遺産とまではいかなくとも何らかの保護の対象にしてもいいほど、昔ながらの田んぼの姿を留めており、中央には湿原もあり、極めて豊かな生態系がそこにありました。
もちろん、ホタルもゲンジ、ヘイケ共に無数に生息しており、豊かな自然と共存して生きる道もあったはずです。
あまりの地形の変容ぶりに、しばらく悄然として立ち尽くす自分がいました。

Img_6524_34

幸い、松岡川そのものには工事の手が及んでいません。
例年通り、たくさんのホタルが発生しました。
どうかこの流域だけはそっとしておいて欲しいものです。

Img_6543_45

奥の草むらに数匹のホタルが舞っています。
手前の土手の上にもホタルが1匹、静かに発光を繰り返していました。
この辺りは畑と田んぼ、それと少しばかりの湿原があった場所です。

Img_6546_53

この川もそのうちなくなるのかな?
ホタルたちのとまどいが伝わってくるようでした。

Img_6555_60

松岡川本流です。
もはや風前の灯火という感じですが、さすが本流、ホタルはそれなりに飛んでいます。
田んぼに生息していたヘイケはほぼ絶滅したと思われますが(なにせ全ての田んぼが重機で掘り起こされ、地ならしされているため)、なんとか川沿いに生息するゲンジだけは生き残って欲しいものです。

« 蔵まつりと寺びらき | トップページ | 奇跡の田んぼ »

ホタル2018(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 蔵まつりと寺びらき | トップページ | 奇跡の田んぼ »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31