無料ブログはココログ

« 道端から撮るヒメボタル | トップページ | 坂井川源流 »

2018年6月28日 (木)

松岡川上流

27日、雨も上がったので五頭山麓へ。
標高65mの山の中に忽然と現れる田んぼ。
毎年6月下旬に行っているのですが、まず外れがありません。

Img_9532_68p

ピークは2~3日前に過ぎているだろうけど、まだそこそこの数のホタルを見ることができました。
ただし、ピークを過ぎた場所のホタルは通常飛び始めが早く、活動がにぶるのがとても早いです。
この日の飛び始めは19時45分。20時15分過ぎにはあまり飛ばなくなりました。
上の写真はこの田んぼの一番奥の湿原。
何年か前、正面の林がホタルの木になったことがあります。
この写真でもヘイケがメインで写っていますが、多数のヘイケがこの木に集まり、クリスマスツリー状になるのです。
20分を過ぎると田んぼの他のエリアも静かになってしまったので、早々と帰途につきました。

帰る途中、松岡川上流へ立ち寄りました。
いろいろと工事が行われている松岡集落裏の田んぼですが、工事地帯の奥にも田んぼと畑が細々とあり、そちらは今でも耕作が行われています。
お目当ては、松岡川右岸の、田んぼがある土手。

Img_9584_92p

Img_9594_99p

ここで標高55m。
昨年はここでヘイケの乱舞を見ました。
今年はとうにピークが過ぎているので乱舞というわけにはいきませんでしたが、川の環境が変わっていないことを確認し、数匹のホタルを見ることができてひと安心。
ちょっと除草剤の使用が気になります。
昨年はここまで茶色になっていなかったような。
ここの田んぼは圃場整備が入る前の松岡の田んぼ同様、コンクリートが全く使われておりません。
あぜ道の土も軟らかく、ヘイケの生育には適しています。
来年は一度ピーク時を狙ってここへ来てみたい。

« 道端から撮るヒメボタル | トップページ | 坂井川源流 »

ホタル2018(新発田市)」カテゴリの記事

ホタル2018(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 道端から撮るヒメボタル | トップページ | 坂井川源流 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31