無料ブログはココログ

« 月夜のオメガ星団 | トップページ | 二宮邸の花園 (1) »

2018年5月26日 (土)

夜の大石ダム

高坪山山麓を訪れた後、大石ダムへ立ち寄りました。
よく考えてみたら、夜間来たことはなかったんです。
ダム周辺の外灯がどのくらい点いているのか、確認するのが目的でした。

Img_5375

EOS6D + EF16-35mm F4 L IS (16mm)

ダムサイトの外灯は消灯されており、駐車場のそれが1本点いているだけでした。
管理棟3階の部屋の明かりもこのあと消えました。
駐車場の横に自転車小屋があり、そこに蛍光灯があったのですが、屋根が付いているため光が上空へ漏れることはなく。
思ったより暗かったというか、全然星景写真に使えるじゃないですか!
周辺を歩き回った結果、写真のダムサイト中央が天の川を撮るのには最適と判断。
車は進入できませんが、もちろん人間は入っていくことができます。

Img_5371

EOS6D + EF16-35mm F4 L IS (28mm)

写真はどちらも10秒の固定撮影。
明るい月夜ゆえ、しかも10秒露出の固定撮影なので天の川はかすかに写っただけでしたが、このあとダム湖の中央に向かって立ち上がってくるのがわかるかと思います。
上の写真はダムサイトの中央から写したものですが、正面が南南東。
左端にわずかに、駐車場に立つ外灯が湖面をほのかに照らしているのが写っていますが、他は真っ暗。
地図を見るとおわかりのように、南東~南方面は大きな町が関東に至るまで一切ないので光害もないはず。
新月期だったら壮絶な暗闇となるでしょう。
ステライメージでシュミレーションしてみると、7月までは天の川とダム湖を絡めた写真が撮れそうです。
飯豊連峰東端の山・エブリサシ岳が右側にほんのちょっととしか見えていないのが残念ですが。
標高は170mしかないため透明度は下越の他の場所に比べてアドバンテッジがあるわけではありませんが、全体的な夜空の暗さでは県内でもトップクラスに入るため、足を運ぶメリットはありそうです。

« 月夜のオメガ星団 | トップページ | 二宮邸の花園 (1) »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月夜のオメガ星団 | トップページ | 二宮邸の花園 (1) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31