無料ブログはココログ

« 月夜の水芭蕉 | トップページ | (続) 滝沢の水芭蕉 »

2018年4月 3日 (火)

滝沢の水芭蕉

戦前まではリアカー一杯簡単に松茸が採れたという、真木山、本田山、そして陣ヶ峰は典型的な里山です。
真木山にフォレストゴルフ場、本田山には中峰ゴルフ倶楽部ゴルフ場が作られてからは一帯の自然はかなり荒廃してしまいましたが、陣ヶ峰周辺ではかろうじて貴重な自然が、部分的にではありますが保たれています。
その最も良い例が、滝沢の水芭蕉。
三つ連なる溜池の入り口の駐車場に車を停め、歩くこと7~8分。
面積的には胎内市地本の水芭蕉園と同じくらいですが、おそらく本数はこちらの方が多いですし、何より周囲の自然環境が抜群です。
水の清冽さは、五泉の水芭蕉公園のそれを上回っているのではないかと感じました。

Img_8855p

何より知名度が低いので人がいないのが良かったです。
今回初めて訪れたのですが、予想以上に素晴らしかったので、近日中に改めて光の状態の良い早朝に来たいと考えています。

Img_8882

月岡温泉のすぐ南、中峰ゴルフGCゴルフ場の隣には梅林があります。
入り口の熊野神社の駐車場に車を停め、ぐるりと歩いてみたら、15分くらいで一周できました。ここも初めての訪問。
田上町の梅林公園より小規模ですが、あちらより密に植栽されているためなかなか見応えがありました。
これはあえて廃材を入れて写したのですが、全体的にはよく手入れがされているし、やはり観光客がいないわで十二分に自然を満喫できました。

Img_8889

熊野神社もなかなか良かったです。
境内入り口に参道をはさむようにして2本の松の大木が立っているのですが、この木がこの場の気を清廉に保ってくれている源なのかな?
境内に入ってすぐ一目惚れしてしまいました。

Img_8875

一帯には多くの溜池や池があります。
例えば裏谷地溜池、大宮沢堤、そして徳昌寺手前のじゅんさい池。
上の写真は梅林の近くの溜池なのですが、正面が東南東になります。
つまり天の川をからめた写真も撮れるということ。
とはいえ池は小さいので、あんまり絵にはならないと思いますが。

« 月夜の水芭蕉 | トップページ | (続) 滝沢の水芭蕉 »

花全般」カテゴリの記事

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

滝沢の水芭蕉、地元のくせにすっかり失念していました。
あそこは沢沿いって感じですから水はきれいでしょうね~、はるか何年も前に行ったきりなので、どんなだったか忘れちゃいました(^^;

我が家は、この熊野神社の氏子です。
その隣の染物工場は我が(元)母校!です(^^;
今月24・25とお祭りです・・・・あんまりにもしょぼいのであんまりお勧めではありませんが。

写真のため池(道路沿いのため池の一つ奥の奴ですよね?)で子どもの頃泳いだ事があります。
もちろんとても厳しく禁止されていたのですが、近所の悪ガキに脅されて無理やり連れていかれた記憶があります。
水も深く冷たくて、かなり怖かった記憶が・・・

おお、ここがTomさんの地元でしたか。染め物工場が元は学校だったとは驚きです。でも、理想の環境ですね。自然たっぷりで。溜池は、場所によっては釣りが許可されている場所もありますが、立ち入り禁止の場所の方が多いですよね。ここも釣りには理想的な環境なのに、立ち入り禁止とは地元の子供達がかわいそう。それにしても、泳いだって・・・もう少し透明度が高ければ面白いかもしれないけど。でも、子供はそのくらいの冒険心があって当たり前ですよね。滝沢の水芭蕉、最高でした。写真も撮りやすかったし、星と絡めるのは無理っぽいけど、いい場所でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月夜の水芭蕉 | トップページ | (続) 滝沢の水芭蕉 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31