無料ブログはココログ

« 新潟の夜景 | トップページ | 丘の上から »

2017年12月16日 (土)

工場夜景

15日、初めて入り船みなとタワーと山の下みなとタワーへ行ってみました。
どちらも最上階の窓が汚れていたので室内からの写真は撮らなかったけれど、後者からの風景はなかなかのものでした。
4階までは建物の外に設けられた階段で上がることができ、屋外の踊り場も結構広い。
そこから撮るのが現実的だと思います(実際、写真を撮っている人もいました)。

Img_3119

EOS6DMK2 + EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM

これはその4階のテラスから撮ったショット。
天気が良ければ朝日連峰が見えるはず。
館内に新潟空港を発着する飛行機のタイムテーブルが張り出されており、それによるとあと10分でJAL機が到着する予定だったので、待機してそれを撮ってみました。

Img_3151

ピクセル等倍切り出しです。
焦点距離は105mm。
思ったより小さかった。残念。
テイクオフする飛行機ならこちら側へ飛んでくるので、もう少し大きく見えるかも。

Img_3064p1

場所を移して、旭カーボンの周囲をロケハン。
グーグルアースで目を付けた場所なのだけど、グーグルアースに既にここの工場夜景の写真が貼り付けられています。
新潟市内ではメジャーな場所なのですね。
通船川沿いに遊歩道があり、そこから撮ることができます。
タイミング良く、材木運搬船がやってきました。
水上交通、現代でも続いているのですね。
ちょっと感動。

Img_3153p

EOS6D MK2 + EF16-35mm F4L IS USM

19時半に改めて旭カーボンへ来てみました。
マジックアワーに来たかったけど、それはまた今度ということで。
薄明が終了すると、ライトが当たっている部分と暗部との輝度差が大きくなるので、どうしてもHDR風に仕上げると白飛びする部分が出てきます。
やはり日没後30分後くらいに撮るのがベストかな?
ここではISO100で撮っていますが、暗部を持ち上げると空の部分に思ったよりカラーノイズが現れました。
この辺、ISOが800より下だとライバル機はもとより、同社のAPS-C機である80Dにもダイナミックレンジが劣ってしまうという、低ISO時のダイナミックレンジの狭さが影響していると思います。
一方、カメラに搭載されているHDRモードで撮影してもみましたが、こちらはJPEGでしか撮影できないながらも、最も白飛びの少ない、思ったより上質な画像が得られました。
その画像は構図がイマイチだったのでボツにしましたが、今後積極的に使ってみようと思います。

Img_3160p

EOS6D MK2 + EF16-35mm F4L IS USM

昨日、EF16-35mm F4L IS USMを買いました。
いつまでたってもAPS-C機用の、F2.8通しの高性能な超広角ズームは現れそうにないし、6D MK2と80Dの画質の差が思ったよりあるのでAPS-C機に見切りを付け、フルサイズメインで運用していこうと決意。
その場合、ズーム、単焦点を問わず24mmより短い焦点距離のレンズは持っていなかったので、遅ればせながら超広角ズームを購入したという次第。
スナップ用途では相変わらず80Dも使うつもりですが、その場合このレンズを装着すると25.6-56mmの高性能な標準ズームになるので、そういう旨味もあります。
今後、24-105mmの標準ズームと並んで出番が多くなりそうです。

« 新潟の夜景 | トップページ | 丘の上から »

夜景」カテゴリの記事

コメント

早速行って来ましたね(^^)
旭カーボンや北越製紙は、以前近くの会社に勤めていたし、今現在もお客さんの近くだったりと周辺には地縁があります。

やっぱり北越製紙より迫力がありますね~
立ち位置も自由度があって撮りやすいけど、一面からに限られるので誰が撮っても同じようになっちゃうのが難点ですね。
後は時間帯や処理でいかに自分色を出せるか・・・

山ノ下みなとタワーも行って見たい場所だったので、今度出掛けた時に行って見よう~っと。
晴れ間の少ない新潟の冬のトレンドは夜景撮りですね!(^^)

通船川の下流(新潟市街側)から、やや離れたところから望遠レンズで圧縮して撮る構図も考えられます。でもやっぱりドローンでも飛ばして、高いところから一網打尽にしてみたいですよね。山の下みなとタワーは、館内は冬場1730までの営業ですけど、階段は特に柵もないので夜間でも入場可能かと。ただし、幹線道路から駐車場へ入る道路の入り口のゲートが閉められる可能性もありますが(ゲートと言ってもちゃちいものでした)、行ってみないとわかりません。まあ閉められたとしても距離的には短いし、歩いていけば済む話なのですが。建物の周囲の外灯がどのくらいあるのか、明るさはどの程度か、そっちの方が心配ですけどね。
野外の階段沿いの踊り場も建物を半周しているので、かなり構図の自由度は高いです。星景撮るには市街地の明かりが明るすぎるけれど、春以降よく晴れた晩に一度トライしてみようと思っています。
建物が結構迫力あるので、超広角レンズで下から入れるとシュールな絵が撮れそう。入り船みなとタワーからだと、西港が正面に入るので、西港の防波堤を入れた星景とかも考えられます。
来年は信濃川河口を遊び場にします。

私にとっては懐かしい場所です。幼稚園卒園のときまでこの近くに住んでいました。家の近くの公園から見えた北越製紙のビルみたいな建物が物心付いた頃の記憶に残っています。割りと最近まであった記憶があるのですが、いつの間にかなくなってしまいました。写真撮っておけばよかったです。
ここからの工場星景や飛行場星景も撮りたい対象ですが、どのポイントがいいのかわかりません。今度ロケハンしてみたいと思っています。

まるひさん、コメントありがとうございます。みなさんにとって、馴染みの場所なんですね。飛行場の周囲はロケハンしたことがあるのですが、立ち入り禁止の場所が多くて、ここだという場所には巡り会えなかったです。飛行場に関してはKさんが詳しいので、Kさんの写真が撮られている場所が全てではないかと思っています。工場も同様に立ち入り禁止というか、会社の敷地内には入ることができませんので、それ以外となるとかなり限定されてしまうと思います。とはいえ、ロケハンは楽しいですよね。いい場所を見つけることができるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新潟の夜景 | トップページ | 丘の上から »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31