無料ブログはココログ

« マシナリー・ランドスケープ | トップページ | 日和浜展望台でたそがれる »

2017年12月22日 (金)

夜の新潟東港

PS4などのテレビゲームの世界では、オープンワールド型のゲームが主流です(特に洋ゲー)。
マップは信じられないくらい広く、しかし最初から全てのエリアを自由に歩けるわけではありません。
あちこち探索して、敵を一杯倒して、一定のレベルに達したらそれまで行けなかったエリアがアンロックされます。
21日は夕方から新潟東港をあちこち探検?したのですが、とっても新鮮でした。
それこそ、アンロックされたばかりの新しいエリアに一歩踏み込んだ時の感動を味わいました。
30年前に比べたらさすがに立ち入り禁止の場所が倍増していたけど、地形もかなり変わったし、純粋に歩き回るのが楽しかった。

Img_3274

太郎代側から見る火力発電所は絵になります。
小学6年生の時、東港へ初めて釣りに来たのですが、初めて訪れた場所がこの辺りでした。
当時はコンクリートの護岸がまだほとんどなく、この辺りは砂浜でした。

Img_3292p

太郎代の高台から。

Img_3315p

港の西側へ移動してきました。
この30年間で、東側の方が西側より大きく変貌したように思います。
網代浜に面したごく一角以外、最近30年間火力発電所のある核心部へ来たことはありません。
昼間下見をしたわけでもなく、勢いに任せて車を走らせたのですが、絶好の広場を発見。
結構東港の周囲にはちょっとした緑地や公園があるのです。なかでもここは気持ちがイイ!
日没後からしばらくは天候が不安定で、にわか雨が降ったりしてしていたのですが、だんだんと雲が切れ、見慣れた星座が顔を出しました。

Img_3336p

左側の背の高い煙突の左に白鳥座が見えていたので、カメラを左に振って白鳥座を入れてみました。
だけど、さすがに工場地帯なので全体的に明るいです。
フィルター換装したカメラを使っても、白鳥座の散光星雲を広角レンズで写し留めるのは不可能でしょう。
拡散系フィルターを使うと星座の輪郭は浮かび上がるけど、あくまで工業地帯特有のシャープさを優先させたかったので、ノーフィルターにて。

Img_3357p2

内湾部を少し探索してみました。
さすがに立ち入り禁止の場所が多いけれど、砂丘の上へ上がる小道を発見。
その坂の途中からの1枚。
今回、立ち入り禁止の場所へは一歩も入っていません。
探せば結構カメラを構えることのできる場所があるのです。

Img_3371p

くだんの小道の入り口からの1枚。
まるでピラミッドみたいでシュールです。
上部にぎょしゃ座とスバルが写っています。
ピクセル等倍で見ると、フェンスの中にはオリオンも。
やはり輝度差が激しいので、なんとか星座の輪郭がわかる程度に星を写すのが精一杯でした。

(余談ですが、キャノンのEF16-35mm F4L IS、周辺部の星像すごくいいです。開放だとわずかにコマ収差が出ますが、星像が伸びることは一切ありません。これなら星野写真で活躍しそう。開放絞りF4なので一発撮りには向きませんが、地上部が流れてもいいからじっくり露出をかけて天の川を撮るとか、星空と地上風景を分けて撮る新星景の用途なら最高のレンズとなるでしょう。)

« マシナリー・ランドスケープ | トップページ | 日和浜展望台でたそがれる »

夜景」カテゴリの記事

コメント

東港は変わりましたね。
30代の頃は仕事で毎日最低3回は発電所に行ってました。
ちょうど新しい複合型?発電所を作っている最中で二度と入れないような場所にも出入りしていました。
その後ご無沙汰となり、釣りでも通いましたがおっしゃる通り「立ち入れ禁止区域」が増えて足が遠のきました。
星空が望めそうにないので厚情屋系でもと出かけようと何度も思いましたが、未だ行く機会がありません。

小太郎さん、どうもです。ぼくも港での釣りはほぼやめました。自然が残っていないところでやっても面白くないので。先日西港の防波堤の入り口にも行きましたが、釣り人はまばらでしたね。こちらは東港より、昔の面影は残っていたのですが。なんか寂しかったです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マシナリー・ランドスケープ | トップページ | 日和浜展望台でたそがれる »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31