無料ブログはココログ

« 新しい展望地からの天の川 | トップページ | グリーンフラッシュの記録 »

2017年8月 5日 (土)

グリーンセグメント現る

7月26日に引き続き、笹口浜(胎内市)で日没観察。
寺泊から駆けつけたので、現地着が日没の15分前となってしまいました。
急いでセッティングし、試写することもなくすぐさま撮影開始。
すると驚くべきことに、地平線に太陽が半分も没しないうちにグリーンセグメントが見られました。

Img_6752dpp

EOS80D + SIGMA 150-600mm F5-6.3 DG OS HSM (600mm)
※写真は全てトリミングあり。

グリーンセグメントとは、大気収差で太陽の上縁が緑色に見える現象。
グリーンフラッシュの第一段階とも言える現象なのです。
しかも、これが1枚目!
期待を抱きましたが、前回同様低空に薄雲が居座っています。
この後はずっと上縁のどこかにグリーンセグメントが現れていたのですが、これ以上グリーンが明るく輝くことはありませんでした。

Img_6754p

Img_6760p

Img_6790p

Img_6805p

撮っていて気づいたのですが、太陽に大きな黒点が見えました。
SWC宇宙天気情報センターによると、7月下旬から8月頭にかけて太陽の黒点がゼロの日が何日もありました。
そもそも今年に入ってから黒点がゼロの日が多く、太陽の活動が停滞気味であることを危惧する研究者が多かったのです。
この日の太陽には、なにか復活のエネルギーが充ち満ちていました、情緒的な言い方ですが。
台風が過ぎ去った後にからりと晴れ上がる日があれば、かなりの確率で見事なグリーンフラッシュが現れそうな予感がします。
そんなわけで、8~9月にかけての太陽活動から目が離せません。

« 新しい展望地からの天の川 | トップページ | グリーンフラッシュの記録 »

大自然・ネイチャー(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新しい展望地からの天の川 | トップページ | グリーンフラッシュの記録 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31