無料ブログはココログ

« 続・ホタルの川を辿る | トップページ | 鳥坂城宮の入館跡のホタル »

2017年6月21日 (水)

沈黙の川

一部の保護地や別格の地を別にして、例年なら乱舞が見られるはずの場所でホタルが一桁以上に増えません。
二王子山麓を流れる坂井川や三光川は例年多くのホタルが発生するのですが、気温が平年並みに戻った20日においても、ホタルの気配は感じられないまま。

Img_5061p

坂井川はグーグルアースを見て頂くとわかるのですが、川通しに歩けない区間が菅谷の先、横山~下中山集落裏手にあります。
今年初めて下見をし、先週から2回ほど足を運んでいるのですが、20日も三度目の正直ならず。
流域ではもう少し上流にいいポイントが2ヶ所あるのですが、ぱっと見、それらの場所以上に自然環境が優れているように見えます。
こんな感じの渓相が200mほど続き、集落から川へ出る細い農道も2ヶ所あるのですが、この日もホタルの姿はゼロ。
19時55分、早々に見切りを付け、ここより少し上流の既知のポイントへ移動。

Img_6525

数年前乱舞を見た河原なのですが、ホタルは2匹程度しかいませんでした。
標高も60mしかないし、そろそろ乱舞が見られてもいいはずなのですが・・・

Img_6531_37

そこより50mほど下流に林道が交差する橋があり、そこもポイントです。
ここでは20m程の区間で7~8匹舞っていましたが、本当にどうしたというのでしょう。
もっとも、このポイントはおととしから数が半減してしまい、シーズン中1回行くかどうかという場所なのですが、見た目の景観に変化はありません(川の水量は少なめでしたが)。
水質だとか、隣接する田んぼでの農薬の使用量の変化とか、なにかしら原因があると思うのですが、よくわかりません。
このあと、昨年1昨年と2年連続で乱舞を見ている三光川下流のポイントへ立ち寄ってみたのですが、こちらでもホタルは2~3匹しかいませんでした。
ということは、気温が平年並みに戻ったといってもそれは昨日からですし、これから出てくるということなのか、それともホタルたちは一雨来るのを待っているのか、或いは三光川も何らかの理由で今年はホタルが減少してしまったのか。
明日は久々の雨が予想されているので、明日以降が要注目ですね。
今週後半になってもいなかったら、その場所はダメになったと捉えるしかありません。

さらにこのあと、やはり10日前から頻繁に訪れている五十公野山の北の端の水田と湿原が入り交じったエリアに立ち寄ってみたのですが、ホタルは2匹目撃しただけでした。
この場所はどうもいないみたいですね。
あの湿原、見た目は完璧なんだけどなあ。
カワニナがいないということでしょうか。
アヤメ園には数は少ないけどホタルはいるし、実際もう10匹以上飛び回っているし、ここもカワニナを放流すれば一気にホタルが復活すると思うのですが。

Img_6487

13日に下見した際に撮った、くだんの湿原の核心部。
(1匹だけここで見ました。あと1匹は近くの水田にいました。)

« 続・ホタルの川を辿る | トップページ | 鳥坂城宮の入館跡のホタル »

ホタル2017(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・ホタルの川を辿る | トップページ | 鳥坂城宮の入館跡のホタル »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31