無料ブログはココログ

« 都会のオアシス・寺尾中央公園のバラ | トップページ | 松岡からホタルが消えた »

2017年6月13日 (火)

静かにシーズンイン

今年の満月は6月9日でした。なので、月曜日あたりからぼちぼちホタルが出現するのかなと思っていましたが、事実、昨日から現れました。
今年新たに目を付けた新発田市近郊のポイントA(標高13m)と、下越のホタルの出現に際しベンチマークとしている大天城公園(標高15m)を1日おきに1週間前から交互に訪れていたのですが、とうとう昨夜、大天城公園で5~6匹のホタルが発生したことを確認した次第。
なにせ19時のときの気温が15℃と極めて低いので、昨日も今日も数匹現れはしたもののほとんど飛びません。
静かなシーズンインです。

Img_4839_55

ピクセル等倍で見ると、鉄塔の後ろで飛んでいる個体も写っていました。

Img_4856_71

これら2枚は6月13日、大天城公園で撮った写真です。
昨日も来ていた地元の老夫婦に話を聞いたのですが、昨年は6月5日に発生したとのこと。
昨年の新月は6月4日だったのですが、そんな関係からホタルの発生は早かったのです。
ぼくもうそう予想していたので、大天城公園へ最初に来たのが6月7日。
そのときは他の場所に立ち寄ってから来たので、時刻は既に21時半を回っていたのですが、かなりの乱舞を見ました。
でも、今年は昨年とは気温が5℃ほど違います。
20℃以上じゃないとホタルは活性化しないので、果たして19時の時点でそこまで気温が上昇するのはいつになるのやら。
このあと、自宅から10分で来られるポイントAに立ち寄ってみました。
21時過ぎだったにも関わらず、1匹だけですが目撃することができました。
この場所にホタルがいれば痛快です。
自然環境的には申し分ないところなので、来週以降どこまでホタルが増えるのか楽しみです。

Img_4836p

この日の午前中、五十公野のアヤメ園の下見に行った時、ついでに周辺の山道を歩き回ってみました。
目的は熱水鉱床探し。
その中には、タンパク石(オパール)や瑪瑙、水晶が見られることがあり、五十公野山はコアな鉱物マニアの間では結構知られた場所なのです。
割と簡単に、このような石英質の露頭を見つけることができました。
次のサイトで学術的に紹介されているので、興味のある方はどうぞ。

« 都会のオアシス・寺尾中央公園のバラ | トップページ | 松岡からホタルが消えた »

ホタル2017(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

最近はバラの香りの虜になられてるなぁと思ったら、いよいよ始動ですね(^^;
私も日曜日の夜に大天城に寄ってみましたが・・・箱岩寄りの鉄塔のある田んぼに4・5匹フラフラしていただけでした。

おまけに20時過ぎ頃一台の車が、その近くの田んぼ脇に横付け!!
ライトを消してハザードON!!(^^;;
5分ほどで帰って行きましたが、その後飛ぶはずもなくカメラを出す事もなく撤収してきました。

今年はやっぱり気温が低いんでしょうね、日曜の夜も寒くてスウェット来てました。

Tomさん、こんにちは。マラソン大会、一瞬Tomさんが出るのかなと焦りました。でも、出るのが本人でないと知って安堵しました(^^;) 劣等感よ、さようなら~♪
大天城公園、田んぼに最短距離で入れるあの道の入り口に、シーズン中だけコーンを置けばいいのにね。米倉みたいに通行止めにしないと入ってくる車は必ずあると思います。
かくいうぼくも、最初にこの公園へ来た時、よくわからずあの橋のたもとに車を停めましたから。
(18日夜、友人一家二組を案内してあの広場へ繰り出しますので、予め告知しておきます。白色LEDライトは使わせないので、来られても写真を撮るのに支障はないと思いますが、アングルは限定されるかと・・・)
次の満月は7月9日ですが、ホタルの発生が遅れているため、村上の山奥など標高の高いところのホタルにとっては、最近の低温傾向はプラスに作用するかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 都会のオアシス・寺尾中央公園のバラ | トップページ | 松岡からホタルが消えた »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30