無料ブログはココログ

« 箱岩峠、再び | トップページ | 西会津への巡礼 »

2017年5月24日 (水)

関川村の星見スポット

星見三連チャンとなる20日、向かった先は本当に久しぶりの”わかぶな高原スキー場”の駐車場。
標準レンズでじっくりアンタレス付近を撮りたかったので、アンタレスの方角が暗そうな場所を選んだのです。
ところが、座標の設定を謝ったのか、ステラでのシュミレーションより実際にアンタレスが昇ってきた高度が低く、南の天の川を撮るにはちょっと適さないように思いました。
また、以前は一つだけだった(よね?)レストハウスの非常口の緑色の明かりも二つに増え、全体的にレストハウスの明るさが増しており、これもすぐに撤収した理由の一つです。
次に向かった先は、これまた4~5年ぶりの大石~金俣集落に近い田んぼ。
Tomさんが今年何度か足を運んでおり、素敵な写真を残しております。
胎内平から黒俣経由で金俣へ抜ける道路が3年くらいだったでしょうか、災害復旧工事で通行止めになっていたので、ぼくもいつしか足が遠のいていたのです。

Img_6298

EOS80D改 + TOKINAR 14-20mm PRO DX (19mmにて)
ISO2000, F2.8, 1分 (HEUIB-II フィルター使用、追尾撮影)

これは帰る間際に撮った写真ですが、もくろみ通り、アンタレスを狙うには絶好の地形でした。
暗さも問題なし。
しかし、この日は23時すぎまでひたすら眠い空でした。
23時半を過ぎてようやく天の川のモヤモヤが視認できるほどになってきたけど、まあ、こういう日もありましょう。
それにしてもトキナーのこのレンズ、すごいです。
あれ、こんなに星像良かったっけ?
HEUIB-II付けても、色ずれが起きません。
35mm換算で35mmより広角だと、周辺部で色ずれが起きるというのが過去の経験則ですが(今回はぎりぎりですかね)、それほど厳密にテストしたわけではないので、今度どの焦点距離までOKなのか、テストしてみたいと思います。

Img_6269_94pflatten

EOS80D改 + TAMRON SP45mm F1.8
ISO1600, F3.2, 3分 (X25枚、HEUIB-II 使用)

条件のいい空だったら、2~3枚重ねればこれくらいの色は出ます。
過去最多の露出をかけたのに、ちょっと気合いが空回り。
でも、現地にいる間は気持ちが洗われました。
このあたりの田んぼも非常に絵になります。
田んぼ星景にももってこいの場所です。
しいて言えば西がやや明るいですが、基本的に全方向真っ暗と言ってよく、光害の少なさは特筆ものです。

« 箱岩峠、再び | トップページ | 西会津への巡礼 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

ここの田んぼも高根には及ばないまでも、結構行けてますよね。
特徴的な鉄塔で直ぐに場所が分かってしまいますけど(^^;

西方面は胎内市?新発田市?の明かりですかね?確かにちょっと邪魔臭い。
私が行った時は東方向も若干明るかったけど、小国辺りの明かりが影響してるんでしょうかね?

アンタレスはじめ、さそりの頭付近もカラフルでなかなかステキですね。

Tomさん、こんばんは。ここは地形が簡単そうでちょっと複雑なので、探求しがいのある場所ですよね。ホタルの時期に行ったことはないけど、近くの幾地川上流が結構いるので、ここもそこそこいそうです。昔は秋に来ることが多かったです。下越では西はどこも明るいですが、ここは比較的マシなので、西に沈む白鳥座とか撮った記憶があります。アンタレス付近を撮るなら、やはり改造機。それに加えて、Hα領域を強調するフィルターを付けるとムフフな画像になります。今回は空の条件が悪かったのでなんですが、1時間以上露出かけると、この3倍くらい色が出ます。なので、改造機やっぱいいわ~。
TomさんもD750を改造するとか・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱岩峠、再び | トップページ | 西会津への巡礼 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31