無料ブログはココログ

« 春の光 | トップページ | FlatAideProを試す »

2017年5月 3日 (水)

二王子山の新たな展望地

3日、二王子山を望む素敵な展望地を発見。
夜、薄明終了の頃を見計らって再度訪れてみました。

Img_6147

ちょっと山頂部が山桜に隠されてしまっています。
でも、試写してみるとそれほど美しい地形ではないですね。
すぐさま、近くにある本命のポイントへ移動。

Img_6157_59p

場所は舟山の近くです。
2枚とも、8秒前後の固定撮影です(プロソフトンA使用)。
ステラでシュミレーションしてみると、ぎりぎり三列星雲の辺りからアルビレオにかけての天の川が画面中央に横たわるはず。
上の写真の画角は29mmですが、18mmで撮ると前述の天の川がいい感じで入ってきそうです。
29mmだと天の川の派手な部分が入らないので、単なるもやもやが山並みを覆う感じになり、あまり見栄えはしないと思います。
この場所からだと、山麓の集落の外灯の影響は一切受けないので、そういう観点からも穴場かもしれません。
ちなみに2枚目の写真には、へびつかい座、ヘルクレス座の一部が写っています。
とても地味な領域です。

それにしても、昨夜はいい星空でした。
旧朝日村のHGへ行ってきたのですが、近年稀に見るコントラストの強い天の川を拝むことができました。
じっくり画像処理してみたいので、アップするまでもう数日かかりそうです。

« 春の光 | トップページ | FlatAideProを試す »

大自然・ネイチャー(新発田市)」カテゴリの記事

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

早く、朝日の天の川を見せてください。
5/1~5/2にかけての空は人生最高の透明度でした。
iso1600/40秒固定撮影でも、十分写りました。

もっちゃんの写真、見ました。驚愕のオメガ星団ですね!この日は各地とも、最高の透明度だったんですね。昨年秋に山中さんから買った、新星景のDVDの処理を勉強しています。線形グラデの使い方が難しい。いつもは途中で投げ出して従来のぼくのやり方でエイヤッと済ませしてしまっていたのですが、それでは進歩がないので、山中さん流のやり方で一から処理しています。最初に撮った構図のは、北極星が見えないのでそれこそISO1600, 40秒での露出にしました。使った焦点距離が35mmだったため、1分だと流れ気味になったので。最初からもっと広角にすればよかったのですが・・・星空部の暫定処理画像、2枚コンポなのにスゴイ写りです。ひょっとして、あの浄土平と同等の透明度だったかもしれません。写真はあと2日待ってくださいませ。

DVD、本音ベースで買う価値はありましたか?
内容はどうあれ、今の私のPCはwin10にアップしてから、DVDが使えなくなったので見られません。

後からアップしますが、さそり座尾部も結構良く写っていました。

DVD、良かったですよ。画像処理の前段階や、もっと撮影全体の基本的なところまで踏み込んで語られているので、シロートのワタシにはとても勉強になりました。金額だけの価値は、ぼく的はありました。
久々にサソリ座尾部を見ました。10年前に比べて村上市の光害が強烈になってきたので、サソリの下半分を被りなく写すには、天蓋高原では役不足になってきました。西会津の高根とか、また行きたいなあ。朝日村のHGは、蒲萄スキー場近くの棚田なのですが、ここだと天蓋より少しはマシです、今の時期なら。でも7月になると西に天の川はずれてくるので村上の光害にかかるようになり、アウトです。山ひとつ超えて大毎の棚田まで行けばOKなのですが、遠くなる・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春の光 | トップページ | FlatAideProを試す »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30