無料ブログはココログ

« 学校町通りを歩く | トップページ | 幻のアンドロメダ銀河 »

2017年3月25日 (土)

幻のガム星雲

とも座、ほ座、らしんばん座、りゅうこつ座に渡って広がっている巨大な星雲をガム星雲と言います。南の低空に位置するため、日本からだとその全容は見えませんが、大気の状態が良い時はなんとかその散光星雲の片鱗を、つまり散光星雲の赤を写すことができます。

Img_5980pl

EOS80D改 + SIGMA18-35mm F1.8 DC HSM(18mmにて)
ISO1000, F2.8, 10秒 (固定撮影)

ここは菅谷(新発田市)の山中なのですが、ちょうど正面が南になります。
めくるめく外灯の明かりと、左奥に位置するニノックススキー場のナイター照明の影響でガム星雲の赤を写しだすことは難しいけれど、取りあえずここにあるはずだと視認できただけで結構感動したりします。
数年ぶりに、とも座のアルスハイルアルムリフを見ました。
深夜まで粘れば、オメガ星団も見えたことでしょう(23時40分には左側の山裾から顔を出すはず)。
写真の中央下に明るい点が写っていますが、これはホットピクセルではなく、星です。
星図を見ると、双子座のポルックスではないかと思うのですが、定かではありません。
それとも、シリウス?
思ったより透明度は良かったようで、低空までしっかり写っています。
この透明度だったら、スキー場のナイター照明さえなければ、それなりにコンポ枚数を重ねて追尾撮影すれば、ガム星雲の輪郭をあぶり出せるかもしれません。
でも、次の新月期だと遅いんですよね。
3月限定の構図です。

« 学校町通りを歩く | トップページ | 幻のアンドロメダ銀河 »

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

R290から一本山側のの道沿いあたりですか?
あそこを走ってると何ヶ所か新発田の市街地を見下ろせるポイントありますよね。
かなり明るそうでいつも躊躇ってばかりいますが、方向を選べば良さそうですね。

胎内は終わったけど、Ninoxは来月中も明るいんだろうな・・・・

Tomさんならご存じかと思うんですけど、昔清水フードがありましたよね、GSの隣に。あそこの右の道路を入っていきます。途中、特別養護老人ホーム・ヒルトップくしがたを右に見ます。やがて大きく右にカーブし、しばしの直線区間をへてT字路に出ます。左に曲がれば大峰山の登山口につながります。ここから先は道路幅が狭くなるので注意。登山口の駐車場まで行くとそこで転回できますが、T字路から先は進入しない方が無難かと。T字路前の直線区間が撮影には好適。道幅も広いので快適です。ニノックスはナイター営業、昨日で終わりました。昼の部の営業も4月2日で終わります。イエ~イです。今週の新月期、1日くらいは晴れてくれないかな。

全然勘違いしていました・・・R290の海側なんですね、てっきり二王子温泉付近~胎内スキー場の道路沿い付近だと思っていました(^^;
なぜか、R290から山側はあちこちうろついているのですが、反対側の海側って殆ど未知なんです。
あの辺だと箱岩峠へ続く道もありますが、峠は越えられるようになったんですかね?

Ninoxのナイター営業終了!!朗報です(^^)v

ぼくも山側に比べたら、知らない地形ばかり。ここ以外にもいろいろありますが、あとは全て幅の狭い農道となるので、軽でないと入っていけません。なのでまだごく一部しか知らないのですが、ここが一番まともですね。ただし、南~東は必ず町明かりが入るし、北~西は空がそれほど広くないです。なので、用途に迷うためたま~にしか来ません。一方、高坪山の南東斜面はなかなかいいようです。「胎内よいとこ、星見においで」のサイト主のtantanさんの持ち場です。やはり、R290の山側でなく海側の斜面。菅谷とは違って南の光害が少ないので、飯豊のえぶりさし岳と天の川を絡めて撮ると、非常に絵になります。暗さもかなりあり、天体写真にも向く穴場です。もっとも、ぼくはまだ2回しかここへ行ったことはないのですが。箱岩峠、通行止めはまだ解除されていません。いつになるんでしょうね?ただし、箱岩峠付近はこれといって展望の利く場所があるようで無いので、沿線で撮影したことはないですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 学校町通りを歩く | トップページ | 幻のアンドロメダ銀河 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30