無料ブログはココログ

« 幻のガム星雲 | トップページ | 野ゴイの楽園 »

2017年3月30日 (木)

幻のアンドロメダ銀河

防備録として書きます。
幻シリーズ(要はボツシリーズ)第二弾。
今回の新月期、東の空に銀河が昇ってくるのは深夜になってからなのですが、薄明終了から数時間は(新発田市の例だと)山側に目立つ天体がありません。
ニノックスのナイターも終わったことだし、まだまだ白銀を抱く二王子山と地味ぃ~な星空を写し留めるのもそれはそれで趣がありますが、一方日本海側には次から次へとメジャーな天体が水平線に没していきます。
透明度の良い時にはそちらにレンズを向けるのも面白そうです。
と思ってシュミレーションしてみたところ、村上市の岩ヶ崎海岸からだと20時10~30分にかけて、ちょうど粟島の真上にアンドロメダ銀河が没していくことがわかりました。
APS-C機と100mmのレンズの組み合わせだと、これまたちょうど粟島が画面ギリギリに収まります。
来月の新月期だと、もうアンドロメダ銀河は明るいうちに没してしまうので、今しかありません。
ところが、3月29日はGPVの予想に反して県北は全体に薄雲が拡がり、星は西の空の一部にしか見えていませんでした。
それでも試写したのですが・・・やっぱり星は全く写ってくれませんでした。
また来年に持ち越しです。

Img_6009

EOS80D改 + CANON 100mm F2.8L IS MACRO

粟島でさえもくすんで見える悪条件。
色合いも最悪です。
過去に100mmで撮ったアンドロメダを合成してみました。
ステラのシュミレーションだと、角度はこんな感じになるようです。
灯台の明かりもそれほど明るくはなく、条件のいいときならこんな感じで写るはず。
結構大きく写るので、85mmでもいいかもしれません(持っていないけど)。
それにしても、春先で地平線近くまで晴れ上がることは稀だと思われ、撮れたら奇跡でしょうけど。
次回の新月期からはスバルやオリオンが水平線に没していきます。
笹川流れを北上すれば、ちょうどスバルが粟島上空に没する絵を撮ることができるかもしれません。
佐渡バックなら、場所の選択肢は一挙に拡がるので、佐渡を絡めて撮るのも面白そう。
東の山の稜線から昇る天体を撮るのに比べてどうしても海の場合はより低空まで晴れ渡っていないといけないので、ハードルは高いですが。

« 幻のガム星雲 | トップページ | 野ゴイの楽園 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

この企画は面白いですね。
山から登るのは割と撮りやすそうですが、海に没するのは難しそうです。でも難しいからこそ撮り甲斐があります。
私もこの企画、乗っていいですか。

何をおっしゃいますやら、まるひさん。是非乗ってください。ていうか、密かにまるひさんが海バック、佐渡バックで標準~中望遠レンズによる新星景を撮られることを期待してのこと。グリーンフラッシュと同じくらいの難易度がありそうですが、気長にチャレンジし続けたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 幻のガム星雲 | トップページ | 野ゴイの楽園 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30