無料ブログはココログ

« 2016新潟総踊り総括 | トップページ | (続)EOS80Dのダーク比較 »

2016年9月21日 (水)

EOS80Dのダーク比較

知り合いのサイトで、フジX-T2とX-E2のダーク比較をされておりました。
それと同条件(30秒の露出)で、改めてノーマルEOS80Dのダークを撮ってみました。

Img_0743d_1600

ISO1600

Img_0744d_3200

ISO3200

Img_0745d_6400

ISO6400

そのサイトでは、SI7のレベル補正で最高値255を10に強調していたので、全く同条件で処理してみた画像です。
これらはRAWから生成したjpegではなく、最初からjpeg(L-size)で撮ったもの。ノイズリダクションは最弱に設定しています。
フジのX-E2は改めて天文適正のあるデジカメだなと感心します。
キャノン機は画像の均質性が長所でしょうか。
(参考までに、CMOSの温度は23-24℃でした。)
ISO3200から上になると、急にノイズが増える印象。
改めて、星を撮るときはISO3200から上は使うまいと、固く心に誓うのでありました。
今回撮った画像はフル画素、つまりLサイズ(6000x4000pixel)のjpegですが、S1サイズ(2976x1984pixel)でも撮り、LをS1に縮小したときの画像とS1の画像を並べてみました。

Iso3200_l_s

精細感重視ならフル画素がやはり有利ですね。
でも、階調は明らかにS1の画像の方が豊かです。
実際の撮影では、間を取ってM-RAW(4500×3000)を使うのがバランスが取れていますでしょうかね。

« 2016新潟総踊り総括 | トップページ | (続)EOS80Dのダーク比較 »

カメラ・天文機材」カテゴリの記事

コメント

eos80Dは、4月に新改造しました。 この機種で第一号の新改造だそうです。
改造結果報告--画像周辺に、熱カブリ?っぽいのが少し見られました。
一般撮影しないうちに、改造したので改造前が、どんなだったか解りません。
まだ使用は、一度だけなので寒い時期に期待します。

60Daも今夏、気温が高い時に同じ症状が出ました。
60Daも、へたってきたのかな?。

EOS80Dのダーク画像、同じ処理をして頂いたので、とても比較し易すいです。参考にさせて頂きます。ありがとうございました。
80Dのダークノイズは仰るようにムラが無く均質な出方ですね。同程度のノイズとしたら処理しやすいでしょうね。
また、うちのも撮ってみての実感として、使えるのはiso1600までです。もっと高感度までバッチリ使えるカメラが欲しいですね~。

njpさん、コメントありがとうございます。おお、80D使いがもう一人。なんか心強いです(笑)。 私の改造80Dは、明日スターショップから届く予定。ブログにも書きましたが、新旧2台の80Dを簡単にノイズテストしたのですが、熱被りは現れませんでした。どちらもほぼ同じなダークでした。私の60Daは既に9000枚ほど撮っているのですが、5年前と比べるとパターンノイズが増え、ホットピクセルも増えました。そして、強めの強調処理をすると画面右端に被りも生じるようになりました。この辺は経年変化でしょうか。宇宙線を長いこと浴びるとセンサーはやはり劣化するようなので、そろそろ替え時かなと思います。
njpさんの80Dでの作品、楽しみにしています。

ちーすけさん、こんばんは。60Daは夏場でもそれほどノイズが激増することはないのですが、一般風景を高ISOで撮り比べると、意外や80Dの方がディテールと色の消失が少ないんです。60Daでのホタル撮影はISO3200あたりが一杯一杯でしたが、80DはISO4000まで実用になりました。甘く見れば、ISO5000でもOK。ダークを見るとがっかりしますが、臨界点を超えないように使えば大丈夫かなと。でも、ISO1600以上は避けようと思います、天体用途では。
星景写真においても、できれば二値マスク合成などと言う面倒なことはしたくない。ISO6400が60DaのISO1600と同じ画質を得られるカメラがあったらどんなシチュエーションでも一発撮りできるので、そんなカメラが欲しいですね。フルサイズ用の性能のいい広角レンズは高いし重いので、できればボディはAPS-Cが希望なのですが・・・

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016新潟総踊り総括 | トップページ | (続)EOS80Dのダーク比較 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31