無料ブログはココログ

« 自宅オリオン | トップページ | 天体写真、再開! »

2016年9月 1日 (木)

9月のホタル

8月31日、数年ぶりに西会津町の山奥へ行ってきました。
ここは天体写真をやり始めた当時、かなり頻繁に通った場所。
途中の集落の外灯は半分くらいLED灯に置き換えられていたけど、外灯の数そのものは増えていたということもなく、記憶の中にある風景と変わらぬ佇まいにほっとするのでした。
この日一番驚いたことは、なんとホタルを1匹見たこと。
現地に着いたのが20時。
ホタルの存在に気づいたのが21時。水路沿いの斜面の枯れ葉の中で、弱々しく点滅を繰り返していたのです。
ヘイケだと思うのですが、確信はできません。
もっとマイナーなホタルかもしれないし。
帰り支度をし始めた0時になっても、まだ時折光っていたので記録に残しました。
(ピントが合っていないのが悔やまれます。)

Img_9719_23p

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM (26mm)

ISO3200, F2.0, 90秒X2枚+60秒X3枚 (比較明合成)
撮影開始時刻9月1日0時24分

8月中旬にホタルを見かけたことは何度かありますが、さすがに下旬以降はありません。
今回は日付が変わって9月に突入しています。
標高は350mほど。それほど高いわけでもありません。
今年は何度も常識を覆されるような出来事に遭遇してきましたが、極めつけがこの季節外れのホタル。

Img_9675_77

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 DC HSM (21mm)

撮影開始時刻21時57分
地上部(固定)2枚、星空部(追尾)1枚です。
20時台は全天の半分近くを薄雲が流れていましたが、南西の空から雲が取れていき、21時半頃には全天快晴となりました。
GPVですと、新潟県北部は厚い雲が21~23時にかけて通過する予報だったので、快晴が続くであろう飯豊山の南麓へ来た次第。
22時過ぎは本当にいい空でした。
他の天体写真は近日中にアップします。

« 自宅オリオン | トップページ | 天体写真、再開! »

大自然・ネイチャー(県外)」カテゴリの記事

星景写真(県外)」カテゴリの記事

コメント

迫力ある天の川ですね。
サソリが沈むと夏の終わりを感じます。
31日は日没直後は雲が多かったですが、夜半はよく晴れたんですね。今日は雲が多いので遠征はあきらめました。明日に賭けることにします。

まるひさん、コメントありがとうございます。実はアンタレス付近を100mmで撮ってみたくて、西が比較的暗いこの場所へ来たのですが、低空の薄雲のため撮影途中で対象を変えました。星景専門でここ2~3年間やってきましたが、最近100-200mmでの撮影をじっくりしてみたくなり、勘を取り戻すべく練習を始めたんです。ブログには載せませんが、29日も村上の池ノ平で2時間ほど撮っていたんですよ。明日の夜は晴れそうですね。多分、ぼくはもう一度池ノ平へ繰り出すと思います。体力次第ですが。
ところで胎内星まつり、ここ2~3年知り合いの家族を案内して夜行っているのですが、今年は晴れたらテントサイトエリアに立ち寄り、望遠鏡でも見せてもらおうかなと思っていたのですが、あの天気だったので1時間もたたないうちに引き上げました、金曜も土曜も。天気が良ければ、来年はお邪魔するかもしれません。そのときはよろしくです。

佐藤さん、こんばんは。
西会津では9月でも蛍が見られるんですね。
胎内の帰りは西会津の道の駅で仮眠して、常浪川で釣りしようかと思いましたが、体力に自信がなく猪苗代湖南に流れ込む川でmax25cmほどのイワナと戯れてました。
福島・新潟・山形県境は南北が漆黒の闇で、天体写真には最高ですが、晴天率がいかんせん悪いです。
しかし、この夏は最高の晴天率ではなかったのではないでしょうか。一度行ってみたいものです。

KEROさん、こんばんは。7~8月は確かに透明度の高い日が多かったですね。夏場で気温が高いので、星撮りはほとんどせず、海釣りや素潜りに精を出していました。山形の樽口峠は、もう聖地ではなくなりましたね。特に夏場は虫取りの人たちのライトが山肌を照らしていることがあるし、300mmくらい標高のあるところに外灯ができ、それが遅くまで点灯されているし、もうぼくは行きたくありません。旧朝日村界隈も近隣の市街地の外灯が明るくなった影響で、なかなか漆黒の闇といえる夜空に出会える確率は減ってきましたね。KEROさんと遭遇したことのある日倉山栗園の丘へ先日行ってきたけど、途中の林道がなかば薮に埋もれていて、春しか行けないなと思いました。未だに携帯が圏外になっていたので、その点は良かった?のですが。
加治川でも釣りをされたんですね。どの辺かなあ?アブに襲われなかったですか?ニノックス脇を流れる三光川上流、なかなかいい渓相です。今年の春、釣りの下見が目的ではなかったんですけど、沢沿いにかなりの距離を歩きました。でも、聞くところによると、地元のクラブの人たちが結構入っているみたいですね。水量が多いので、夏場以降でないと入渓できないです。みなさん、7月に一気に入渓するようです。それ以前なら・・・
坂井川上流も、おそらく尺岩魚がごろごろしていると思います。こちらは競争率ゼロに近い。ホタルも異常なくらい多く棲息しているんですよ。人に教えたくない穴場です。

こんばんは。
樽口峠はダメですか。
そんなところに夜虫取りが入るんですね。
坂井川は、人家のあるあたりでやったことがありますが、
良型のヤマメ2匹だけでしたね。
上流は入ってないです。
こんなところに、というところがイワナがいますよ。
スキー場や牧場のチョロ川とか山間の田んぼを流れる
小さな川とか。ややもすれば、40オーバーもあります!


今晩、明晩晴れたら近場に撮影に出かけてきます。

樽口峠、広場の真ん中にライブカメラを据え付けた電子柱のような塔が立ちました。これも以外と邪魔です。人がいないときはいいのですが。そうですね、都会から来る釣り人はとにかく険しさを求めて上流を目指すので、以外と人里に近い所が場荒れしていなかったりしますよね。ところで、今日厚さ0.3mmのアルミのシートを買ってきました。熱伝導両面テープを介して、60Daの液晶モニターの位置に貼り付けようと思います。KEROさんの簡易冷却の記事を含め、最近ネットでいろいろ調べていました。取りあえず2℃だけでも下がれば随分違うので、簡易保冷改造を思いついた次第。地球温暖化が加速する中、暑い夏がこれからも巡ってくるでしょうから。
KEROさんのアレも、効果の程をブログでまたリポートして下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自宅オリオン | トップページ | 天体写真、再開! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31