無料ブログはココログ

« 夏空続く | トップページ | 続・星の噴煙 »

2016年8月 7日 (日)

星の噴煙~磐梯山旧噴火口に昇る天の川

磐梯山が大噴火を起こしたのは、1888年7月15日のことでした。
この噴火によって多数の湖沼が生まれたのですが、旧噴火口に最も近い銅沼もそのひとつ。
この地球上で、最も好きな場所のひとつです。もちろん何度も訪れています。
銅沼まで、裏磐梯スキー場から徒歩45分。
過去、満月の夜に訪れたことは2度あるのですが、新月期に来たのは今回が初めて。
7~8年前からここで天の川を見ることを夢見てきたのですが、なかなかタイミングが合わず、夢の実現に長期間かかってしまいました。

Img_9477_78_81p1

EOS60Da + TOKINAR 11-20mm F2.8 PRO DX (12mm)

夜の銅沼、やはり別世界でした。
しかし、残念ながら若干空が眠い。
会津若松市方面の光害も如実に感じられ、1枚ベールを通して天の川を見ているような感じ。連日の高温の影響もあるでしょう。
標高は1100mもあるのだけど、その割には天の川の肉眼での見え具合、写真写り、共に並でした。
昨日、やはり天の川の写真を撮った場所は標高160mしかないのだけれど、ずっとこちらの方が良かった。
それでも、雰囲気は最高でした。天上の楽園とは、このような場所のことを言うのでしょう。

Img_9506p_2

銅沼の水は、とても生ぬるかったです。
水温は20℃以上あったかもしれません。
おそらく、温泉水が流入しているのでしょうね。
実際、火口壁の所々で水蒸気が上がっているのが見えましたから。
ここは今でも活火山エリアであることを思い知った出来事でした。

さて、もう一つの夢は浄土平の鎌沼から天の川を見ること。
ここは高山植物が湖畔に結構咲いているので、できれば7月中に行きたいところ。
来年は7月下旬に新月を迎えるので、来年あたり機会を伺っています。

« 夏空続く | トップページ | 続・星の噴煙 »

星景写真(県外)」カテゴリの記事

コメント

うっひゃ~~~!!超が付く位にかっこいい!!
私も裏磐梯で撮って見たいと思っているのですが、ちょっと遠いのと意外と光害が酷そうで躊躇ってました。
もう少し暑さと仕事が落ち着いたら行って見よう・・・・でも、そろそろイカシーズンが始まるんで気もそぞろだし、こまったなぁ(^^;

そう言えば土曜の夕方、パチンコ屋の前のT字路付近ですれ違いましたね。

昨夜、私は秋元湖の上流に一晩いました。
なかなかの星空でしたが、低空は雲が流れてましたね。

Tomさん、お褒め頂き光栄です。裏磐梯は結構光害があるので、場所を選びます。福島市在住のもっちゃんはこの辺りに詳しいので、わからなかったら聞いてみるといいですよ。白布峠もいいところです。ただ、メジャースポットに付き、結構人が多いです。樽口以上に。土曜日、え、そうなんですか。ぼくは気づかなかったです。

もっちゃん、写真見ました。あれ~、ぼくの天の川よりバックグランドの色が黒に近い。そこそこの空だったようですね。裏磐梯スキー場入り口への下山途中、桧原湖一帯が霧に包まれているのを見ました。少しでも場所が違うと、結構雲の湧き方も違ってくるのでしょうね。

色合いは、lightroomでバックを落としたからだと思います。
また、当夜は、透明度の差が激しかったように思います。
この場所では晴れていても、ちょっと下流の若宮集落付近では霧中ということを以前経験したことがあります。
この写真でも分かるように、檜原湖が霧でもレイクラインは快晴というのが常のようです。
http://angler-sakamoto.at.webry.info/201507/article_3.html

レイクラインの定番ポイントからは、磐梯山から狼煙のように立ち上る天の川が見られます。

檜原湖周辺は、意外と光害がありますが、月夜であれば、素晴らしい星景写真を撮れると思いますが、ロケハン必須です。

もっちゃん、貴重な情報ありがとうございます。浄土平へのスカイライン、夜間通行止めになってから利用価値が半減しましたね。なんだかんだ言って、標高1000mオーバーのポイントは、新潟県(上越を除く)では奥只見の枝折峠ぐらいしかないので、裏磐梯は魅力があります。高速代がもっと安くなるといいのに。

標高80mの福島市街から、1000mの箕輪までR115号線を登ると、眼下に淀んだ空気層が見え、標高は絶対的アドバンテージだと実感できます。

是非、福島まで来てください!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夏空続く | トップページ | 続・星の噴煙 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31