無料ブログはココログ

« 綱木川のホタル | トップページ | ぼくの七夕 »

2016年7月 6日 (水)

森の妖精

先日、ヒメボタルの写真をアップしましたが、同じ村上市管内ですが、そことは別な場所です。
昨年7月14日以降、4回に渡って訪れた場所。
5日は気温が21度と低かったのでどうかなと思ったのですが、昨年より1週間早く行ってみたかったので、存在が確認できればそれでよしというスタンス。

Img_2898_3006p

現地着が19時50分と遅く、背景用の画像を撮ることはできませんでした。
そのため、明るさを画像処理で出しても、この辺が限界。
つくづくAPS-C機の限界を感じます。
ヒメボタルは、昨年観察した通りの方向と場所で現れました。
数はまだ少ないですが、次回は決め打ちといきたいところです。

Img_8921_81p

1枚目の場所は広葉樹林帯で下草が高く、ヒメボタルは地面から2~3mくらいの高いところを、斜面の上から滑るように滑空してきます。
一方、2枚目の場所は杉林で、下草が1m以下。
1枚目の場所より暗いので、ISO5000でもホタルの光を捉えるのがやっと。
それこそ明るさの残るうちから山に入り、決め打ちしないと地形のディテールは出せません。
こちらも数は少ないけど、やはり想定通りの場所にヒメボタルは現れてくれました。
全く道のない山林の中なのですが、昨年の経験が役に立ち、真っ暗でも見覚えのある場所に難なく辿り着くことができました。
2台のカメラは放置プレイで、その間周囲の林を目を凝らしながらヒメボタルの新たな生息地探しに割り当てました。
結果、直線距離で200mほど離れた背の高い杉林の上の方で、点滅するヒメボタルを1匹発見。
そこは急斜面で、しかも下草が高いので入っていけないのですが、この一帯に広く生息していることが伺い知れました。

« 綱木川のホタル | トップページ | ぼくの七夕 »

ホタル2016(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 綱木川のホタル | トップページ | ぼくの七夕 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31