無料ブログはココログ

« ホタル絵巻 | トップページ | My favorite spot へ »

2016年6月15日 (水)

折居川と大荒川

先日知人のブログに、月岡から向こうのホタルの探索はお任せします、とコメントしたばかり。
なのに、舌の根の乾かぬうちに禁を破ってしまいました(^_^;)
14日はまだよく知らない荒川川のホタルを観察する予定でしたが、その前に五頭山麓のホタルの居そうなポイントをざっと巡回してみました。

Img_1149

阿賀野市金屋付近の大荒川。
いい感じです。この日、この上流部でかなりのホタルを目撃しました。

Img_1153

37 50 12.5N 139 16 29.4E

U字溝の入っていない田んぼの奥に湿原が拡がっています。
この日、夜9時過ぎに再度来てみたら、湿原の方でゲンジを2匹見ました。

Img_1161

37 50 25.4N 139 16 59.3E

この池に先の場所から伸びている小川らしきものに地図上から着目していたのですが、残念ながらその小川は完全にコンクリートで作られている大きなU字溝でした。
しかし、その先にあるこの池は魅力。
ぐるりと湿原に囲まれており、ぼくが訪れたときは多くの魚が湖面でライズしていました。
しかしながら夜9時35分に来たときは、ホタルの姿はゼロ。

Img_1298

その時撮った写真です。この頃、雲が少なくなり、月が出ています。
サソリ座が右手の方に見えます。天の川が真っ正面から昇ってきます。
星景写真にはいい場所です。

Img_1180_1188

37 50 39.2N 139 17 39.2

最終的に折居川へ抜けたのですが、なかなかいい感じです。
時間も時間でしたので荒川川へ移動するのはやめ、急遽ここで撮影することにしました。
しかしながら19時50分を過ぎても全くホタルは現れません。

Img_1179

二股に分かれている折居川の、左側の支流はこんな感じ。
やはりホタルはいません。
正面に見える橋は、笹神ケイマンゴルフ場に通じる道路。
左手奥に硝子工場があるので、その排水が影響を及ぼしているとか。
ホタルがいない理由はわかりませんが、真光寺山全体に殺伐とした雰囲気があるので、あまり近寄りたくはない感じです。

Img_1194_1217p

先の場所から100m下流に移動。
ここでようやくホタルの姿を認めることが出来ました。
といっても数は数匹。
この周辺の道路は外灯が多く、しかもその半数はLED灯なのでかなり明るいです。
あまり長居はしたくない場所でした。
結局、車の通行量の多い道路からできるだけ離れたところを流れている川を、再度地図上で物色。
結局、スタート地点のやや上流部がいいのではないかという結論に達し、みたび移動。

Img_1218_1293p

EOS80D + TAMRON SP45mm F1.8 Di VC

撮り始め20時35分。
やっとホタルの川らしい風景で出会えました。
機材のセッティングをしている間に月が顔を出し、一気に明るさは倍増、ホタルの姿もちょっと減ってしまいましたが。
60枚ほど重ねているので、多く見えますが乱舞といった感じではなかったです。
さてこの場所、川幅もあり、月が顔を出しても1/3は林の影になります。
どうやら、北~北西を向いている林にホタルが多く生息する傾向があるようです。
幹線道路からも離れているので、行き来する車のヘッドライトの影響を受けません。
また、その幹線道路の外灯も数も比較的少なめなので、新月期だったらかなりの暗闇になるのでは。
西日本ではこのくらいの川幅一杯に乱舞するホタルの姿が見られるところが多数ありますが、そういった風景を新潟県内でも見られないものだろうかと夢見てきました。
三面川水系で幾つか可能性のある場所をピックアップ、今月下旬には訪れてみたいと思っています。なのに、探せばまだまだあるものです。
この写真の場所は標高約20m。
おそらく今年のピークは先週で終えていると思われるので、乱舞を見るのは来年に持ち越しでしょうか。
橋を渡ってその先に伸びている林道を少し歩いてみたりしましたが、雰囲気悪くないです。
荒れた感じの真光寺山と違って、明るい感じがします。
あとで地図で確認したら、陣ヶ峰の西の山麓にはあの旦飯野神社が鎮座するのですね。
ナルホド・・・

« ホタル絵巻 | トップページ | My favorite spot へ »

ホタル2016(下越)」カテゴリの記事

コメント

我が家やから直ぐの所ですね。
松岡より近いかも・・・
私もきちんと流れている(そこそこ絵になる)川面を飛び交うホタルに憧れています。

私の母親が折居川の上流部の集落出身なのですが、山から流れてくる細い川が全く護岸されて居ないし、上流には何もない場所なので結構居そうな気がします。
八所神社と言う神社と権現山の間を流れる川(と言うか沢?)なのですが、あんまり水温が低かったりすると居ないモンなのでしょうかね。

五頭山麓探索お疲れさまでした。
なかなか良さそうな雰囲気ですが、ホタルはそれほどいないのでしょうか。やっぱりちょっと人里に近すぎるんでしょうかね。でも私の狙いはそこなのであまり数は飛ばなくてもそれを生かした写真を撮ってみようと思います。
村杉温泉近くも探してみます。

まるひさん、コメントありがとうございます。いや、半月が出ていたことを考慮すると、その割にはいたなという感じです。いなかったところも新月期だったらわかりません。五頭の下半分の山麓は非常に地形が複雑で、集落もあちこちに点在しており、構図の自由度は二王子山麓以上かと思います。ですから、まるひさんの狙いにはピッタリの地域だと思いますよ。大日原演習場から鳥屋ヶ峰の北麓を流れる川沿い、及びその北の安野川は地図で見ると良さそうです。ひとつ気がかりな点は、ツベタのあたり過去何度か大規模な土石流に見舞われているので、その影響が残っていないか心配です。大昔のことだし、大日原から上は大丈夫かなと。

Tomさん、毎度です。実は7~8年前、ホタル写真を撮り始めた頃、真っ先に下見したのが折居川でした。ただし本流部だけです。護岸されていたので、そのときは改めて夜に来てみることもせず。地形図を見ると、集落の東から小沢が流れていますね。権現山の下にあたるので、この沢のことを言うのでしょうね。だとするといるとは思うのですが、権現山の南斜面にあたるので、日照の条件的にはイマイチです。水温が低いといっても、折居集落は標高45m。標高300mの池ノ平を流れる沢にもゲンジは生息していますから、水温のことは気にしなくても大丈夫です。あと、グーグルアースを見ると、集落から東北東の山奥に、山に囲まれた田んぼが3箇所あるんです、いかにも秘境という感じの。あそこも気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタル絵巻 | トップページ | My favorite spot へ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31