無料ブログはココログ

« 箱庭を舞うホタル | トップページ | 生命力の強い森 »

2016年6月30日 (木)

三光川のホタル

新発田市管内のホタルのポイントは、そのほとんどが標高20~70mくらい。
いよいよこのくらいの標高に生息するホタルは終盤を迎えつつあるようです。
今年は二王子山麓のホタルは、1回坂井川へ行っただけで何も撮っていません。
しかし今シーズン、県北を含む全てのポイントを通して、最も行きたかった場所が二王子山麓に残されていたのです。
もうピークを過ぎていることは確実だけど、雨上がりで条件は悪くないのでプチ乱舞くらいは見られるかも。
ということで、三光川へ行ってきました。

Img_2354

19時54分撮影。
開けた場所から、しかもかなり距離を置いて撮っていますから、既に飛んでいるはずの蛍の光、この時点では視認できませんでした。
20時を回ってから、ちらほらと言った感じでした。
次の写真とは、10mほど左側に離れた場所から撮っています。

Img_2407_2484p_2

撮影開始時刻:20時20分 (総露出時間約16分)

この川の上流にニノックススノーパークがあります。
正面の山は二王子岳(1421m)。
過去、この丘から何度も星景写真を撮ったことはあるけど、そもそも眼下を流れる三光川流域でホタルウォッチングをしたことがありません。
しかしながら、昨年何度か昼間に近くの河原を下見した際、カワニナなどの巻き貝が多く見られたことから、かなりの数のホタルが生息すると確信していました。
以来、夜間に下見に立ち寄ることもせず、一発勝負の今日でしたが、ほぼ予想通りの数のホタルたちが現れてくれました。
上の写真は丘から上流側を写したものですが、肉眼ではこれほど見えなかったです。
家に帰ってからピクセル等倍でPCで鑑賞して、初めてS字状の川に沿ってホタルがびっしり張り付くように舞っている様が写っているのを確認し、驚いた次第。

Img_2366_2405p

撮影開始時刻:20時5分 (総露出時間約8分)

これは丘のすぐ横ですが、このあたりで乱舞が見られました。
20時50分にはこの場所を去ったのですが、そのときも20時台前半に比べ2~3割減っただけで、ひたすら乱舞が続いていました。
本当のピーク時だと、どのくらいのホタルが舞うのでしょう?
来年はそれを突き止めてみたいと思います。

Img_2485_2520p_2

撮影開始時刻:21時40分 (総露出時間約9分)

帰りに、上の2枚の場所よりやや下流部へ立ち寄ってみました。
(ピンぼけ写真、ご容赦)
背後の河川敷は、集落の明るい外灯3本の明かりがまともに入るのですが、こちら側はかろうじてセーフ。
実際、ホタルたちもより暗いこちら側に群れていました。
明日からは、県北のホタル探しに切り替えようと思います。

« 箱庭を舞うホタル | トップページ | 生命力の強い森 »

ホタル2016(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 箱庭を舞うホタル | トップページ | 生命力の強い森 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31