無料ブログはココログ

« 謎のクレーター | トップページ | 色づく春 »

2016年4月12日 (火)

底なし沼と水芭蕉

土日の里山歩きで見つけた面白スポットを、さらに2ヶ所紹介します。

Img_2783

まずは、早道場の底なし沼。
次のサイトで、この沼にまつわる伝説を知りました。
いわく、子供の頃、夏の暑い日に沼へ夕涼みに行くと、よく蓮の葉っぱの上に仙人が座っているのを見かけたとか・・・
日本の民話に出てくるカッパや鬼のみならず、世界各地の民話にも様々な異世界の生き物が登場します。
タマネギの皮1枚向こう側の世界~隣接している並行世界には、このようなエンティティ達が存在する次元もあるのだと確信しています。
純真無垢な子供だと、往々にしてそのような異世界に入り込むことが少なからずあるもの。
ふと、漫画家のさくらももこさんが自分の子供の頃の体験を描いた「二度と見つけることができなかった西洋の洋館」の話を想い出しました。
今年の夏は夕涼みにここへ行ってみようかな。
でも、蚊が多そうですね(^^;)

Img_2741

Img_2737

野生の水芭蕉の群生地です。
この2枚の場所ですが、4月9日の記事で2枚目の写真、中央やや左側の杉林の奥、丸山(121m)の南の山麓になります。
実はこの日、初めてここに水芭蕉の群生地があることを知りました。
ニノックススキー場へ行く道路の途中に、水芭蕉公園を示す案内板が立っているので、簡単に見つけることができるかと思います。
ただし、水芭蕉の時期しかこの案内板は立っていないと思うのですが。
水芭蕉の群生地は大きく3段に分かれており、遊歩道と木道が付けられています。
全体の面積も花の大きさも、五泉の水芭蕉公園に比べたらはるかに小さいのですが、こんなところに水芭蕉が咲いていると、単純に驚きました。
全く写真映えする場所ではないけど、宝物を発見した気分になりました。

« 謎のクレーター | トップページ | 色づく春 »

大自然・ネイチャー(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 謎のクレーター | トップページ | 色づく春 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31