無料ブログはココログ

« ハートの聖なる空間へ | トップページ | クリスタルボウルの基音について »

2016年1月27日 (水)

ROSSIGNOL HERO ELITE LT Ti

Img_2505

Img_2514

この板はスペインのショップから買った昨年モデルのロシニョールのGSサード板です。
正式名称はHERO ELITE LT Ti
日本には輸入されていませんが、小回りベースのスラ板・HERO ELITE ST Ti(デモαソフトの原型となったモデル)の姉妹機で、大回りベースの板となります。
スペックは176cm、115-69-96(R19)、3410g(家にあるデジタル秤での計測)。
おととし使っていた同社のHERO MASTER 180cmが約3500g、昨シーズン使っていたフォルクルのSpeedwall GD 175cmが約3200g。
HERO MASTERは巷ではえらく評判がいいですが、ビンディングがどの板より前寄りに取り付けられており、板の後ろの方を引きずるような感触がつきまといます。
かつ、アルミ入りのR20WCプレートのせいで足下のグリップが強すぎて、ぼく的にはバランスがいいとは思えませんでした。
なんか一昔前のサロモンの板のようにトップが内へと入りたがるので、中回り以上の回転弧にするには結構慣れが必要。
話は戻ってフォルクルです。
フォルクルのGDも世間の評価が高く、スペック的にもどんぴしゃだったので購入しました。確かにオールラウンド性では文句の付けようのない性能なのだけど、ある程度のスピードになるとたわみが出過ぎて、想定より深く回ってきます。中回りスペシャルといった感じ。
180ならよかったのかもしれませんが、175では色々な意味でちょっと物足りなさを感じた次第。ハイスピードでは、もう少し足下の安定感が欲しい。
で、満を持して買ったのがロシニョールのこの板なのですが、板そのものが非常にがっしりしており、フレックスはHERO MASTERより気持ち張りがあるくらいです。
しかしながらTPXプレートのおかげで板のたわみが出やすく、スキーセンターもHERO MASTERに比べたら後方に設定されているため、全くストレスを感じることなくリフト1本目から自在に操ることができました。
フォルクルGDよりセンターが肉厚で腰があるためたわみすぎることもなく、高速安定性もHERO MASTERと同等レベル。
過去12~3年間、いろいろなGSセカンド板を履いてきましたが、間違いなくNo.1です。
今期もコスメの変更もなく継続販売されており、しかしながら昨年モデルということで安く入手できました。
こんな素晴らしい板があるのに、なぜ日本の代理店は輸入しないのか不思議でなりません。この上には183cmのサイズもあり、そちらならFISルールの縛りのない草レースや草ギセンで使えることでしょう。
ロシニョールは3年サイクルでモデルチェンジを行うので、おそらく来年も継続販売されるのではないでしょうか。
この下には170cmがあり、そいつもオールラウンド用に欲しいところ。
HERO ELITE ST Tiも172cmをラインナップしており、こちらは日本でも販売されていますが(ただし、ビンディングはAXIALではなく、100g軽量なAXIUMの方)、サイドカーブ的にはR17のLT Tiの方に惹かれます。
来期は日本でも販売されるといいなあ。
ちなみに、ディナスターでも今期ほぼ同スペックのCOURSE PRO R21 (177cm, 114-69-95, R19)がフルモデルチェンジして販売されましたが、こちらはくだんのスペインのショップ、SNOWINNで取り扱いがなかったので、やむなくロシニョールのELITE LT Tiを買った経緯があります。
なぜかロシニョール/ディナスターの日本の代理店は小回り系にばかり力を入れ、実は需要があるはずの大回り系エキスパートモデルを販売していません。
フォルクルやフィッシャーなど他社はその点先見の明があり、ちゃんとそのクラスのモデルを販売しており、特にフォルクルはセールス的にも大成功を収めているのに・・・
ちなみにこのお店(SNOWINN)は、総合スポーツショップで、各種アウトドア用品やスポーツウェアを取り扱っています。
価格も安く、ここ数年で日本のユーザーの間にも知名度が拡がってきたようです。
かつてはサロモンやアトミックの取り扱いもあったのですが、数年前からなくなりました。
スキー板で言えば、HEAD,FISHER,ELAN,VOLKL,ROSSIGNOL,DYNASTAR,K2,BLIZZARDなどがメイン。
それらのブランドを探している人には、いい選択肢だと思います。
多くのメーカーはジャパンモデルと称して、コスメだけを変えて販売している機種がありますが、オリジナルのモデルの方がデザインが秀逸であることも多いです。
スキーウェアに至っては取り扱いブランド数も多く、Webを見ているとよだれが出てきそう(^^;)
日本では入手が難しいブランドも多いです。

※2016/02/13追記: なんと、タナベスポーツさんで販売されていることを発見しました。
価格は64,800円。安い!ぼくが買った金額より安いです。ちょっと悔しいかも。
サイズも揃っています。
来期は日本でも販売されますが、定価が13万円台なので、いかにタナベスポーツさんの価格がお買い得であることか。
基礎用ニューモデルの欄にラインナップされているのですが、中級者用、女子用ときてその下に出てくるので、気づく人は少ないでしょうね。

« ハートの聖なる空間へ | トップページ | クリスタルボウルの基音について »

スキー」カテゴリの記事

コメント

カルロス様
お世話になります。突然失礼します。自身ロシニョールSTへ
(TPXプレート付)に付けようとAXIALビンディングを探そうとネット検索していた所カルロス様ブログ(2016年1月27日)を拝見しました。こちらの画像のビンディングは流通していないのでしょうか?中古でもいいのですか?アドバイス頂ければ幸いです。宜しくお願い致します。

猪又様
昨年の国内版ST TiはAXIUMがセットビンディングでしたからね。お気持ちはわかります。ショップに言えばメーカーから取り寄せてくれると思いますが(在庫があれば)、基本的にビンディングは定価販売です。多分3万します。安く入手できる可能性があるのは、ヤフオクです。ビンディング大人用のページを開き、次のいずれかの出品者の方の出品物を調べてみてください。yakan14さん、jytmg940さんです。お二人ともRossignolとLookのビンディングと板を多数取り扱っており、過去何度かこの二人から買い物をしたことがあります。レール式のTPXプレートに合うAxial もしくはSpxビンディングは現在出品がないようですが、質問欄を通じて問い合わせてみてはいかがでしょうか。

佐藤様
早速のご回答有難うございます!!
とても参考になりました。
マメにチッェクしてみます。

今回の件でたまたま佐藤様のブログ拝見させて頂きましたが
とても楽しい内容ですね!!こちらの方も今後是非拝見させて
頂きます。
取り急ぎ御礼にて。有難うございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハートの聖なる空間へ | トップページ | クリスタルボウルの基音について »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31