無料ブログはココログ

« 鷲のテイクオフ | トップページ | 初冬のオリオン »

2015年12月20日 (日)

月夜のオリオン

薄明終了直前から薄雲が二王子岳山頂付近に湧いてきたけど、30分後、一瞬雲が消えました。それから20分くらいは快晴が続きました。
半月が頭上で輝いていたけど、空気の透明度そのものは非常に良かったです。
ニノックススキー場も営業を開始し、18時くらいまではナイターの照明が付いていたのでどうかなと思ったけど、その後消えました。
さすがに、ナイター営業はまだみたいですね。

Img_8109_13p2

EOS60Da(with HEUIB II filter) + TAMRON 45mm F1.8 Di VC USD

さすがにHEUIB IIを付けてもオリオンループは写らなかったけど、ノーフィルターで撮るよりは全体のコントラストが上がり、しゃきっとした描写になるような気がします。
このフィルター、色調的に月の光とは相性がいいようです。

Img_8115_16p2

EOS60Da(with HEUIB II filter) + TOKINAR 11-20mm F2.8 PRO DX (20mm)

快晴は長く続きませんでした。
レンズを交換しているうちに西の方角から雲が飛来してきたので、地上部、星空部それぞれ1枚だけの撮影。
雲はまさにオリオンを狙い撃ちにしているかのようでした。
追尾による星空部は2分間露光させるつもりだったけど、このままだと雲がオリオンの上半分にかかってしまうと思ったので、残り20秒を残すところで露光をストップしました。
このあとはベタ曇り街道一直線。
前回は不満の残る結果となりましたが、前回と同じこの場所で、ようやく納得のいく写真が撮れました。

« 鷲のテイクオフ | トップページ | 初冬のオリオン »

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

素晴らしいロケーションですね。このような解放感ある場所って、そうそうないですよね。
ところで、20mmにFFフィルターつけて、周辺の星像は悪化していませんか?

もっちゃん、この場所もピンポイントなのですよ。ここ1~2年で山麓に一気に防犯灯が増え、また送電線もなにげに増え、人工光が入らないポイントはごく少なくなりました。ただ、二王子山は本当に絵になる山だと思います。ぼくの心のふるさとなので、これからもひたすら二王子山を撮り続けるつもりです。
フィルターの件ですが、まだ各焦点距離で厳密にテストしたわけではないけど、少なくとも18-20mmは、個人的には全然許容範囲です。周辺部でやや色ズレが出ますが、今回みたいに月明かりの元での撮影だと、それが月光にかき消されて出ないので、ピクセル等倍で見ても不満は感じませんでした。
11-14mmあたりで使う気はさらさらないです。さすがに星像が伸びるでしょうね。

Samyang14mmにFF付けて酷い周辺星像は経験済みですが、18mmは許容範囲ですか。参考にします。

郊外にある外灯は嫌いですが、福島市の夜景は許容することにしました(笑)。週末、カノープスチャレンジがてら、夜景と星空の対極的なコラボを撮ってきました。、

トキナー、個体差があるようですが、思ったより周辺部いいですよ。まるひさんのやつなんて、ほぼ完璧です、11mmでも。あれは反則だ(^^;)何倍も高価なキャノンの11mmスタートのズームレンズも真っ青です。
トキナーはF2スタートの超広角ズームの開発もしているようなので、発表が待たれますね。これもAPS-Cレンズみたいです。
まあ、ある程度以上の超広角なら、ノーフィルターの方がカラーバランスもいいですし、ぼくは今後も16mmより広い画角ならノーフィルターで通すつもりです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 鷲のテイクオフ | トップページ | 初冬のオリオン »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31