無料ブログはココログ

« 午後の笹川邸 | トップページ | 久しぶりの星野写真 »

2015年9月16日 (水)

やっぱり星景が好き

15日、GPVによると北へ行けば行くほど雲が少なそうだったので、県北のぶどうスキー場方面へ行ってきました。
予報通り20時には西から雲が湧いてきたけど、22時まではなんとか空の2/3は快晴の状態が保たれ、素晴らしい星空を拝むことができました。

Img_7670_71p2

EOS60Da + TOKINAR11-20mm F2.8 PRO DX (14mmにて)

これは一番最初に撮ったカット。
まだ画像処理はこれしかしていないけど、多分これがもっともまともに写ったカットだと思います。
この辺は標高が300mほどあるためか、稲穂の色づきはやや遅れているようでした。
空の明るい部分は村上市街方面です。
これほど明るくなかったのですが、強調処理すると明るさが際立ってきます。
これでも補正をかけた方ですが、画像処理のテクのいくつかを忘れてしまいました。
これは三脚の脚を全てたたみ、かつ開脚角度を広くしローアングルで写しています。
固定撮影では手前の稲穂にピントを合わせ、追尾撮影ではピントは無限遠。
それぞれワンカットずつ撮り、それらを合体させています。
この後、コンクリートで舗装された農道の上にきちんとセッティングし直し、100mm F2.8のマクロレンズでカシオペア方面を撮りました。
ところが、極望のピントがいつの間にかずれており、ピンぼけになっていました。
ピント合わせの方法を覚えていなかっため、結局このままテキトーに極軸合わせをせざるをえず、2分のノータッチガイドに留めました。
今回初めてHEUIB-II MFA フィルターを試してみたのですが、やはり1.5倍くらいは露出を多くかけなくてはならないようです。どうも、全体的に露出不足の画像を量産してしまったぽい。
久々に、きちんと極望を合わせて(合わせようと試みて、が正確なところですが)中望遠レンズで撮りましたが、とても疲れました。神経衰弱になりそう。
やはり現場をあちこち歩き回って、頭の中で地形と星空を組み合わせながら構図を練る。
そんな過程を経て撮る星景写真の方が性に合っています。

と、早々と降参宣言?を口にするワタシでした。

« 午後の笹川邸 | トップページ | 久しぶりの星野写真 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

なにやら散財されているようですね(^^)

昨夜は久し振りに「星空」って感じの予報だったので、撮りに行こうかと迷ったのですが、結局は海に走ってしまいました(^^;

夕マズメにさっさと釣って、早上がりで星を・・・・と目論んでいたのですが、早い時間は激風で釣りにならず結局22時過ぎまで・・・やっぱり釣りなんぞ行かずに星撮ってれば良かったと後悔してました。

極軸合せ、佐藤さんでも神経衰弱になりそうですか?(^^;
私も明るい昼間に練習しているのですが、なかなかシビアでへとへとになっちゃいますよね。

Tomさん、実は昨日最初は笹川流れに行くつもりだったんです。柏尾の近くの山中に、格好の展望台があるのです。知ってますか?だけど、日が暮れたら沖合に一斉に漁り火がともったので山の方へ行くことにした次第。極軸合わせは微動雲台があると、それほど苦にはならないですよ。なにせ、昨日は極望覗いても星がピンぼけでしたから。結局夜中までいじって、というか分解して壊してしまいました。あ~あ。100mmで4分間までのノータッチガイドができればいいと割り切れば、3つの星できちっと合わせる必要なありません。なので、本日SB工房さんで”ナンチャッテ極望”をポチリました。
100mmマクロはそれほど重いレンズではありませんが、それでも台座の上であちこち振り回すと、三脚を蹴飛ばさないように気を使います。つか、ちょっと触れて脚がわずかに動いたみたいで、極軸合わせをし直したり。
スカイメモはその重さゆえ動きにくいので、3kgの自重は決してマイナス要素ではありません、ぼくの持っていた初代トーストがそうであったように。

おはようございます。
山中の展望台・・・・何度か行った事があります。
柏尾~R7へ抜ける林道の途中から登っていく所ですよね?
見晴らしは良いんだけど、絵的にはあんまり絵にならないかなぁ~・・・夜に星を絡めて撮るには悪く無いかもですね。

私の場合北極星は何とか探せるけど、他の二つの星が・・・
北斗七星とカシオペアの角度を大よそ合せる位で誤魔化しちゃいそうです(^^;

”ナンチャッテ正立極望”を購入したのは、これには二つの星座と北極星しかパターンに描かれていないのですが、これの大雑把な丸の中に北極星を入れるだけで、100mmを4分ガイドするには充分な精度が得られるからです。100mm以上のレンズを使う気はないので、この簡易パターンが描かれている極望に買い換えました。価格も安かったし、ぼくが使っていたオリジナルの極望は、星まつりで実はメーカーの人に聞いたのですが、当面入荷の予定はないそうで・・・
だからTomさんの場合も、カシオペアと北極星の角度をえいやっで合わせるだけで大丈夫だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午後の笹川邸 | トップページ | 久しぶりの星野写真 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31