無料ブログはココログ

« カノープスを撮る | トップページ | ポーラーエクスプレス »

2014年10月26日 (日)

カノープスと出会えた夜

金沢峠へ着いたのは23時ぐらいだったでしょうか。
ほどなく、地元のおじさんが上がってきました。星景を撮るとのこと。
しばらく展望台から、まったりと星見。レンズはオリオン座方面へ向けています。
オリオン流星群を撮るのが目的。
次の写真は総露出時間50分ですが、残念ながら視野にひとつも流星は流れず。

Img_4696_4715

EOS60Da + Samyang 16mm F2.0 ED AS

透明度は普通。湖の方はもやがかかっているようで、上空も若干その影響が見られます。
それでもオリオンループはなんとか写ってくれましたが。
さて日付が変わって程なく、おじさんに別れを告げて雄国山へと出発です。
湖畔の休憩舎のあたりはすっぽりと霧に包まれており、視界は5~7mしかありません。
しかし、おおむね標高1050m以上になると、霧の上へ出ることができます。

Img_4716_18stitch

Img_4721_22stitch

登山道の途中からパノラマを撮りました。
こちらからの雄国沼の眺めは新鮮です。
グランデコスキー場の施設の一部でしょうか、奥のオレンジ色の点光源は。
スキーシーズンはもう目前ですからね。

Img_4741

EOS60Da + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM (35mmにて)
ISO1600, F2.5, 40秒 (追尾撮影)

3時23分撮影。
中央に風力発電所の光が並んで写っていますが、その右端に一個だけ点として写っている光があります。それがカノープス。
3時ちょうどくらいに、発電所の一連の光の中央部分に現れ、それからその上を横切りながら右方向へと移動していきました。
低空の透明度は悪く、肉眼では視認不能。双眼鏡でかろうじて見えますが、時々視界から消えることもありました。
写真では、どのカットも写っていましたが。

Img_4745

EOS60Da + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM (24mmにて)
ISO1250, F2.2, 42秒 (追尾撮影)

3時30分撮影。
手前の小ピークの山陰に隠れるかと思いきや、隠れずに上空を横切っていきました。
この頃から低空の透明度が上がってきました。
山頂の展望台に上がると、裏磐梯方面がよく見えます。
残念ながら思っていたより明るく、展望台に立ったときは感動と失望の入り交じった複雑な心境でした(次の写真)。

Img_4728

最後に、カノープスのトリミング画像を掲載して締めくくります(3時18分撮影)。

Img_4738p_2

EOS60Da + Sigma 18-35mm F1.8 DC HSM (35mmにて)
ISO1600, F2.2, 41秒 (追尾撮影・トリミング)

« カノープスを撮る | トップページ | ポーラーエクスプレス »

星景写真(県外)」カテゴリの記事

コメント

夕べは思いもかけぬ場所でお会いし、おどろきました。実際の撮影談をお聞きできうれしかったです。
カノープス撮影、おめでとうございます!1時間も見えているんですね。緯度的には弥彦山と同じくらいのようですが、高度が高いのと遮る山がないので長く見られるんですね。
写真も単に記録写真としてではなく、観賞用としてもきれいです。
パノラマの星景、非常に美しいです。私の理想とする星景です。選ばれし者しか目に出来ない光景ですね。

まるひさん、こちらこそ昨夜はお会いできてラッキーでした。少しの間でしたが楽しかったです。
あそこへ夜行くのは初めてでしたが、なんとなく落ち着く場所ですよね。まるひさんが好む理由もわかるような気がしました。
カノープスの件ですが、まるひさんがskameさんが成功したことをコメントしていらっしゃったじゃないですか。あれを読み、そういえばカノープス撮るなら10月だよな~と思い出した次第。まるひさんのコメントがなかったら、志賀の白根山あたりへ行っていたかもしれません。本当にありがとうございました。
やはり少しでも絵になる場所で見たかったので、ゴールドラインの900mあたりの駐車場からも見えると思うのですが、一般の風景写真としてもいい絵が撮れるであろう雄国山の山頂を選んだのです。気温も温かく、ちょっと拍子抜けするくらいでした。

こんばんは。
霧の雄国沼を前景したカノープスいいですねー。
雄国山では1時間も見えているとは驚きです。
随分前にカノープスの見える場所としてここや猫魔ヶ岳を考えたこともありましたが、夜の登山道を思い実現できませんでした。
雄国山まで標高差170mはなんとかなりそうですが、やはり遠いでしょうか。
双眼鏡でも見えたことがうらやましいです。
この前の私の妙高は荷物を軽くするため7×21のポケット双眼鏡を選んだのが間違いでした。眼視でみるなら7×50か15×70を持っていくべきでした。撮影も低空のもやで見えないと思い撮影開始が遅れたのが悔やまれます。あす645のプリントが出来上がりますが、どのように写っているかなー。

skameさんも撮影おめでとうございます。7x21で見えなかったんですか?ぼくのはZen Rayの7x36。軽量化のため、持って行くかどうか迷ったんですが、低空がもやっていたため双眼鏡は必須だろうということで担いでいきました。峠からいったん湖畔まで下り、そこから登り返すので実質的な標高差は300mくらいあると思います。でも、道はすごく歩きやすかったので、疲れはそれほどなかったです。いつか二王子山の頂上からと思っていますが、機材やシュラフを担いで3時間半登る体力が果たしてあるだろうか。山小屋があるからまだましですけどね。今回ので満足かな~。

昨晩はお世話になりました。
ブログはお話した通り、拝見させて頂いていましたが、まさかあの撮影地でお会い出来るとは、、びっくりしました。
裏磐梯の紅葉は教えて頂いた通りでデコ平ゴンドラ山頂駅ではすでに落葉していましたが、小野川湖あたりはとてもきれいな紅葉でした。
また次回、どこかでお会いするかもしれません。
その時を楽しみにしています。
ありがとうございました。

小太郎さん、コメントありがとうございます。冬以外にデコ平へ上がったことはないです。美しい景色ですね。
小太郎さんの名前はあちこちでお見かけしていたので、そのうち会えるのでは、という予感はありましたが、まさかあのバラ園でとは。出会いって、面白いですね。
帰り、ぱんださんに教えてもらったあたり(五頭山麓の自衛隊演習場の裏山)をインスペクションしたら、とてもいい場所を見つけました。今日はグーグルアースでその場所を確認してみたのですが、いつの間にか林道が増殖しているんですね。ほんと、林道だらけ。下見しないとわかりませんが、机上ではよさげな場所を3箇所ほど見つけました。
またどこかでお会いするときを楽しみにしています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カノープスを撮る | トップページ | ポーラーエクスプレス »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31