無料ブログはココログ

« ホタルの宇宙 | トップページ | 99%ヘイケボタル »

2014年7月 2日 (水)

美しき棚田地帯

標高約300mに展開する、村上市のこの棚田地帯、一昨年のシーズンからホタルが生息していることを確認し、ホタルを見に通い詰めています。
7月1日は気温が20時のときで18~19℃とちょっと低く、そのせいか思ったほど飛びませんでしした。ピークは今週後半から来週いっぱいくらいにくるのかな?
月没が21時19分。その後は足下が見えづらいほどの暗さとなり、快晴の星空のコントラストの高いことといったら・・・

Img_3737_3824p

EOS60Da + SAMYANG 16mm F2.0 ED

6月27日に撮ったのと同じ構図、同じ場所です。
コンポ枚数も撮影時刻も全然違いますが、飛翔数はこないだに比べ1~2割増といったところでしょうか。
双眼鏡でくまなく棚田のあちこちを観察していたのですが、下半分に多くホタルが見られました。これから日を追うごとにホタルの数は増していくことでしょう。
方角的には南南東になります。

Img_3203_97_stitch_p

EOS70D + Sigma 18-35mm F1.8 EX DC HSM

途中でレンズが曇ってきたので、拡散フィルターを使ったときのように、にじんだような描写となっています。もっとも、星空部はプロソフトンAを使いましたが。
こちらが棚田の下半分。上の方よりホタルは倍くらいいました。
画面中央左端の奥に、かすかに蛍の光がちょこちょこと写っているのがわかります。
200mくらい離れているためこの微弱な光は肉眼では捉えることができませんでしたが、双眼鏡では視認できました。
ISO3200、F2.0の組み合わせでギリギリ写ってくれました。
方角的には北北西になります。
北斗七星の下側の星が2個写っています。

Img_3870_91p1

EOS60Da + SAMYANG 16mm F2.0 ED

撮影終了時刻22時ちょうど。
農道の向きと北の天の川の端が合致したところを狙って。
その頃、星々はさらに輝きを増し、20分くらい地面の上に大の字になって放心していました。

« ホタルの宇宙 | トップページ | 99%ヘイケボタル »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

ホタル2014(下越)」カテゴリの記事

コメント

まあ、何とも見事な星空と蛍でしょう!

今日は1日快晴でしたが近所に蛍を探しに行きました。ほとんど見つけられませんでした。俄蛍野郎は全く駄目ですね。

けんちゃさん、いつもありがとうございます。本文にも書きましたが、ホタルの活性が低く、前回は23時半でも数匹飛び回っていたのに、今回は21時40分頃から姿が見えなくなりました。
その代わり、星空の見事さは予想以上でした。
今年は星とホタルとコラボの写真を随分と写すことができてシアワセです。複数の知人の話を総合すると、ホタルに関して中越は下越に比べ、数年前の水害の影響がより大きいらしいですね。でも、新発田の二王子山山麓では、今年はさっぱりです。過去のデータが役に立ちません。だからこそ、ホタルのポイント探しはやりがいがあるとも言えますが。

美しい星空とホタルのコラボ、素晴らしいの一言です。3枚目の写真も、これまたイイですね!大地と宇宙の繋がりを感じさせてくれるようで感じ入るものがあります。わたしもこんなスッキリとした星空を寝転んで見上げてみたいなあ。
昨日、旧下田に行ってみましたが、霞んでいて今一でした~。

ちーすけさん、コメントありがとうございます。
本当に今年は県北部、いい天気に恵まれました。
この日は、できればここでテント泊したかったくらいです。

大毎の棚田でしょうか。昼間に下見に行ったことがありますが、まだ実践で行ったことがありません。新潟からは遠すぎてちょっと大変です。
しかし素晴らしいところですよね。日本星景スポット100選とかあれば候補にしたいところです。
私は2枚目の写真が好きです。遠いところで点在しているホタルが美しいです。あんな遠くも写るんですね。
手間と時間をかけてこそ出会える素晴らしいポイントですね。

まるひさん、ぶどう集落に近い池ノ平の棚田です。大毎周辺はまだ「ぼくは未開拓。次は松ノ木平を開拓します。グーグルアースに高精細な画像がアップされたので、やっと全容がつかめました。実はこれから松ノ木平へ行くところです。標高は池ノ平と同じ300mなので、それなりの地形であればかなりの数のホタルが生息しているはずです。

こんばんは。
池ノ平の棚田とホタルと天の川すばらしいですねー。
ホタルが写ってこれだけの天の川が撮れるところはそれほどないとおもいます。
私はきのうは今シーズンようやくホタルと星空を撮りに行けました。
場所は田貝でしたが、Satoさんのご指摘の通りかなり少ないと思いました。
撮影ポイントは例の荷物用のパレットを橋にした小川で、10匹前後のホタルが行ったり来たりしただけですが、なんとかさそり座といっしょに撮れたので満足です。
日曜あたりにもう一回ホタル星景を撮りに大毎へ行ってみようと思っています。天気が微妙ですね。

skameさん、こんにちは。田貝のピークは22日前後だったと思います。今年は例年より早くピークが来ました。数が少なかったのは、ずっとからっ梅雨が続いたからではないでしょうか。
実は今帰宅したばかり、高根から。松ノ木平は広大すぎてまだ下見が充分ではありません。たまたま立ち寄った、高根から天蓋へ行く途中の(高根に近い側の)道路の右側の棚田に理想の地形を見つけたので、今日はそこで撮りました。標高160mなのでゲンジは終わっていましたが、意外や、ヘイケが無数に飛んでいました。これはすごい。下手すると、滝頭以上です。
写真はのちほど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホタルの宇宙 | トップページ | 99%ヘイケボタル »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31