無料ブログはココログ

« 水の惑星 (Planet of the water) | トップページ | フィナーレ - The Finale - »

2014年7月15日 (火)

乱舞は続く

Img_3903p

Img_3918

EOS70D + SIGMA 18-35mm F1.8 EX DC HSM

14日のデータ(村上市):太陽没19時9分、月の出20時10分、薄明終了20時58分
満月を過ぎ、つかの間ホタルが好む闇夜が戻りつつあります。
おととしから通い詰めている、ぶどうスキー場近くのこの棚田、昨年も7月15日に来ているので、まだホタルは見られるはず。
撮影の前にインスペクション。
あちこちに地元の人が植えたのでしょう、花菖蒲やひまわりやアザミなど、いろいろな花が見られます。このひまわりは園芸品種ですね。

最初、南側の沢沿いで撮り始めたのだけど、お目当てのゲンジボタルはさすがに少なめです。
一方、背後の田んぼではたくさんのヘイケボタルが飛び始めました。
すぐさま場所を変えてヘイケ狙いに変更。
撮影中、半径200mを歩き回りましたが、なぜかこのあたりが一番多い。
ここはおととし初めて訪れた場所なんだけど、そのときもヘイケが多く見られました。
そして、やはり他の田んぼよりここに集中していたことを思い出しました。
20時半まではそこそこの暗闇となりましたが、40分には雲っているにも関わらずかなりの明るさに。
ホタルたちも20時からの30分に集中して現れ、35分を過ぎるとぱたんといなくなりました。
彼らの行動は、月の満ち欠けの影響を受けていることがよくわかりました。

Img_3925_4174_stitch_p

EOS60Da + SAMYANG 16mm F2.0 ED(2コマモザイク)

ホタルたちの活動時間が20時から30分限定?だったので、いつもより活発に飛びまわっていた印象があります。
ヘイケボタルの光は微細なので、肉眼ではそれほど遠くの光を捉えることはできません。
しかし、こうして明るいレンズで写してみると、もっとも集中して飛んでいた箇所は、ぼくが肉眼で見ていた場所のさらに奥だったことがわかりました。

Img_3939_4010p

EOS70D + SIGMA 18-35mm F1.8 EX DC HSM

4枚目のコマは、3枚目のコマの50mほど下手の田んぼ。
かなり広範囲に飛翔していますが、数はそれほどでもありません。
もっとも、こちらのショットは撮影開始時刻が20時35分なので、厳密な比較にはなりませんが。
明日は月の出が20時51分です。
この調子なら、明日は乱舞が21時近くまで続くのではないでしょうか。

« 水の惑星 (Planet of the water) | トップページ | フィナーレ - The Finale - »

ホタル2014(下越)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水の惑星 (Planet of the water) | トップページ | フィナーレ - The Finale - »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31