無料ブログはココログ

« 初乱舞 | トップページ | 源流部めざして »

2014年6月23日 (月)

The Dayが過ぎて・・・

再び坂井川へやってきました。新発田のもうひとつのポイント・田貝集落も自宅から車で20分で来ることができるので、ホタルのシーズン中は高校の生物クラブよろしく、どこかしら毎日通い詰めています。
さて、今日は昨夜の1/3程しか見られませんでした。
昨日が1年で最も活発に飛ぶ日"The Day"だったんですね。
昼間雨が降ったので、それがホタルの気分をスパークさせたのかもしれません。
ホタルの生態観察をするようになってまだ10年にも満たないのですが、それでもこれまでの経験から、一つのポイントでのピークは1日だけで、その前後の日は6~7割減となることがわかってきました。
いかにして”ザ・デイ”に出くわすか。やはり同じ場所に通い詰めるのが一番でしょう。
そして、その日の天気や温度、その場所の標高などデータを残すこと。
あとは勘ですね。

Img_2754_2830p

EOS70D + SAMYANG 16mm F2.0 ED

最初に来たとき(20日)撮影したポイントが、右奥のホタルが最も群れているところの向こう側なのです。
今日はカメラ2台体制で臨んだので、こちらはサブ機の扱い。
橋の上からのお気楽撮影。
30分以上ほったらかしにしていたので、結構写っています。
坂井川流域はどこにでもホタルは生息していますが、それでもこのように密度の濃い分布箇所はあります。
慣れてくると、どこがホタルの繁殖地か、勘でわかるようになります。

Img_3482_3557pp

EOS60Da + SIGMA 10mm F2.8 EX DC HSM

こちらが今日の本命。
21時まではおおむね晴れるだろうと思っていたので、赤道儀を持ってきました。
この場所は川が湾曲しているので、天の川を好きな方角から切り取ることができます。
今回は白鳥座を主役に仕立てましたが、右にカメラを振ればサソリ座が入ってくれます。
林も規則的に並んでいるので絵になります。
残念ながら、肝心のホタルそのものの数が半減してしまったので、ホタル星景というにはホタル不足ですね。
肉眼ではなかなかわかりづらかったのですが、薄雲がひっきりなしに飛来していたようで、どのコマにも薄雲が写っています。
しかしながら、全ての瞬間が一期一会。
白鳥座そのものはちゃんと見えたのでよしとしよう。
ところで、最後に天の川を撮ったのは21時2分。そして、2分で撤収。
この日の薄明終了は21時4分なのですが、計ったように4分頃になると、サァッと星は見えなくなってしまいました。
完璧なタイミングでした。

« 初乱舞 | トップページ | 源流部めざして »

ホタル2014(新発田市)」カテゴリの記事

星景写真(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

流石としか言いようがありません~。
美しい作品とホタル星景の教科書にしたいような参考になる記事に感謝です。
こちらは昨日も今日も曇り空。夕方までは青空ものぞいていたんですがねぇ。近場は2~3年前の豪雨水害の影響でかホタルの数が大きく減少しているとの話を聞きます。今日は曇り空の上家を出れたのが8時すぎだったこともあり、ホタルもほとんど寝てました~。The Dayは見逃してしまったようです・・・・・。

ちーすけさん、嬉しい言葉の数々、ありがとうございます。
今日も坂井川流域へ行ってきたのですが、さらにホタルは減っていました。これからは標高150m以上の所を目指さないといけませんね。ということは、ぶどうか・・・
今日もこちらは薄明終了直前から20分ほど晴れましたよ。
昨日よりさらに雲がなく、天の川がくっきりと夜空に浮かび上がりました。
実は今度の日曜日(29日)、友達や知り合いをFBで募って、阿賀町のたきがしら湿原へホタル・ウォッチングへ行きます。18時10分までに阿賀町のコメリホームセンターの駐車場集合。現地解散です。よかったら遊びに来ませんか?

たきがしら湿原、お誘いありがとうございます。さぞかし良いのでしょうねー。ですが、残念ながらこの日は都合が合わず行けそうにありません・・・。またの機会にと思っております。よろしくお願いいたします。ホタル沢山飛んでいるとイイですね。
また、仰るようにこちらでももう少し標高のある所を、これからのホタルシーズン後半にもうちょっとさがしてみようと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 初乱舞 | トップページ | 源流部めざして »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31