無料ブログはココログ

« 白鳥座付近の天の川 | トップページ | ホタルの宇宙 »

2014年6月27日 (金)

日照り気味のぶどう

26日、気温が上昇したので今年初めてぶどうスキー場近くの田畝へホタルを見に行ってきました。
ところが着いてみてびっくり。大地が乾いています。田んぼに水がありません。
葦原も乾いています。
これはホタルにとっては最悪の条件です。果たしてホタルは現れるのだろうか。
結果、19時55分になってやっと飛び始めたのだけど、数は少ないです、さすがに。
それでも、21時を過ぎても減少率は5割くらいで(普通は7~8割は減少します)、21時30分を回ってもそこそこ飛んではいました。

Img_3598_3699p

EOS60Da + SAMYANG 16mm F2.0 ED

このあたりで一番湿っぽい場所へカメラを構えます。
この辺は最も草の背が高く、足下もずぶずぶなのでが、足下は濡れることはありませんでした。
小川沿いにホタルが飛んでいるのがよくわかります。

Img_2879_2962p1

EOS70D + SIGMA 18-35mm F1.8 EX DC HSM

もう1台のカメラは、このポイントで最も暗い奥の林へ。
ここは手前の流れに比べ、数はまだまだ少なかったです。
多いように見えますが、90枚くらい比較明合成していますから(^^;)
そうこうしているうちに、おととしこの場所で出会った胎内市の榎本さんと遭遇。
なんやかやとお喋りしながら撮影しました。
榎本さん、ありがとうございました。

Img_3701_05pp

EOS60Da + SAMYANG 16mm F2.0 ED
(2コマ・モザイク)

暗さが増す20時40分をすぎると、昨日にもまして星が見えていることに気づきました。
これは天の川を撮らねばなりますまい。
21時半すぎ、ここより100mほど標高の某棚田地帯へ移動。
驚くことべきことに、数はほんの数匹ながらも、帰途につく23時40分までこの場所ではホタルが舞っていたのです。
低空はややもやっていましたが、天頂付近はいい感じ。
この後、最もよく見えていた白鳥座に狙いを定め、昨日アップした天の川の写真を撮ったという次第です。
一雨降れば、ここのホタルも一気に孵化してくることでしょう。

« 白鳥座付近の天の川 | トップページ | ホタルの宇宙 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

ホタル2014(下越)」カテゴリの記事

コメント

どれも綺麗な写りですねー。自分もちょっとやってみてとても難しいことが分かりました。3枚目、構図も素晴らしいですが、たぶんに暗闇でしょうに、星、地上、ホタルのどれも描写が滑らかなのにとても驚いてます。流石ですね。

ちーすけさん、いつもありがとうございます。ホタル写真では特に、個人的に背景を黒くつぶさず、ある程度ディテールを描写したいと考えています。ですから、最低1枚はたっぷり露出をかけたコマを撮ります。19時50分ぐらいから撮り始めるのであればその頃はまだ明るいので問題ないですが、新たな構図で、例えば20時40分から撮る始めるという場合は上記のようにします。 エレメンツにこのような機能があるのかわかりませんが、Photoshopでしたらイメージ->色調補正->シャドウ・ハイライトでシャドウのバーをスライドさせてあげると暗部が持ち上がります。これがどういう内部処理を行っているのが知りませんが、絶妙の効果があるのです。こちらの意図を汲んでくれるかのような効果。トーンカーブをいじり回して同じ風にするのはぼくでも無理です。
あと、ホタルの光を強調したいのであれば、色調補正->色相・彩度でイエローの彩度を上げてやるといいです。必要に応じて色相も調整します。これだけで随分印象が変わります。
3枚目の構図、おととしからチャレンジし続けていますが、今回がもっとも上手くはまりました。Photoshopで選択範囲を上手く調整して、地上部と星空部を別々に処理するようにしています。でないと、シャドーを持ち上げるに伴い、星空が明るくなりすぎるケースが出てきますから。
>

Satoさん、撮影方法詳しく解説していただきまして。ありがとうございます。真似しようとしたって直ぐには出来そうもありませんが、教えていただいた事を今度のチャンスには試してみたいと思います。ホタルがいるうちに今シーズンもう一度晴れてくれるでしょうか。画像処理は早速に試してみます。いつもどうもありがとうございます。

お星さま好きの俊彦、お話ししたいので電話番号おしえてください

こんばんは。
蛍星景いいですね ^^
今年はまだ天蓋高原にも行ってないので、葡萄辺りと一緒に行きたいと思ってますが、なかなかタイミングが合いません。
昨夜は加茂に行ってきましたが、時間が遅すぎて星景のみにしてきました。

ぱんださん、見ましたよ。銀河鉄道の写真、いい感じですね!あのアイデアいいですね。ぼくも今度やってみようっと。あと、あれは確かにグリーンフラッシュですね。1000mm以上の焦点距離で撮れば、いっそうはっきり写ったと思います。昨夜は村上方面でも、おととい以上に透明度が上がったみたいです。体力尽きているので出かけませんでしたが。
ところで、来週の日曜(7月6日)、仲間とたきがしらへ行きます。暇だったらどうですか?時期的にはベストだと思います。雨も降ったことですし。湿原内のどこかの木のテーブルを一箇所占領していると思います。来たら声を掛けて下さいね。

お世話になりました。とても楽しくホタル観賞できました。
今日、ひと雨降ったからホタルの数が増えるかな?増えると良いなぁ・・・ 
と願いながら、またお会いしましたら、よろしくです。 m(_ _)m
3枚目の天の川の写真、綺麗ですね。

榎本さん、その節はお世話になりました。この雨で爆発的に増えると思います。これから月が大きくなっていきますし、来週が勝負ですね。池ノ平への道がとても狭いので榎本さんの車だとちょっと苦しいかもしれません。ぼくは来週月曜か火曜にあの棚田へもう一度行くつもりです。

GANREFご覧いただき、ありがとうございました。
廃線の車両という辺りが一層、ロマンを感じてしまいます。
なお『銀河鉄道の夜』を読んでから撮りに行くと、いろいろ物思いにふけつつ楽しめるかもしれません ^^;
グリーンフラッシュも狙ってますが、やはり超望遠が必要のようですね。

たきがしらのお誘い、ありがとうございます。
旧上川にも今年はよく撮りにいってますので、たきがしらの蛍もぜひ撮ってみたいです。
その前日にも、他の方からお誘いいただいてますが、都合が付いたら現地でお会いできたらと思います ^^

ぱんださん、たきがしらはまだ行ったことなかったんでしたっけ?
たきがしらの真骨頂は、無数のヘイケボタルを見られること。
ゲンジは次の日曜あたりピークかなと思いますが、ヘイケはまだそれほど現れないかも。
取りあえず今週末、晴れるといいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白鳥座付近の天の川 | トップページ | ホタルの宇宙 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31