無料ブログはココログ

« The Dayが過ぎて・・・ | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2014年6月24日 (火)

源流部めざして

坂井川の源流へ行ってきました。
坂井集落(胎内市)の方から回り込んで、一気に耕作放棄田が野原と化した源流部へ。
標高は丁度100m。昨日行った場所より20m高いです。
農道も舗装部分の終わりにある橋を超えると(注意:ここから先はUターン不能になります。橋の手前に広い路肩がありますので、そこへ車を停めて下さい)、道は踏み跡程度に急に細くなります。
湿原はなかなかいい感じ。
この日は気温が昨日より3~4度低かったせいもあり、ホタルはあまり飛んでいませんでした。
帰りに昨日訪れた中流部へ立ち寄ってみたら、さらに数は半減していました。
おそらく坂井川全体で、ホタルの繁殖期はもう終えたのでしょう。
ピークの時だったら、たきがしら湿原を彷彿とさせるような光景が見られたかもしれません。

Img_2838_68pp

EOS70D + SAMYANG 16mm F2.0 ED

ここが源流部の湿原。
結構山奥なので、外灯や車のライトなどは一切視界に入りません。
踏み跡はまだ続きますが、沢をこのまま詰めていくと、胎内スキー場かのまたゲレンデ手前の胎内トンネルに出るはずです。
タイマー付きリモコンを忘れたので、セルフタイマーでしこしこ撮りました。
めんどくさいので、20枚で切り上げましたが。

Img_2875_76stitchp

EOS70D + SAMYANG 16mm F2.0 ED (追尾撮影)

帰り際、昨日のポイントへ立ち寄りました。
やはりというか、ホタルはさらに半減していました。
時間が遅いせいもありましたが(20時55分着)、視界全体で10~20匹がまったり飛んでいる程度。
この場所へ立ち寄ったのには、もうひとつ理由があります。
昨日のパノラマ撮影をやり直すことです、つまり天の川全体をカメラに収めること。
同じ場所から、同じ構図で。
20時30分くらいから快晴に近い状態になり、それが21時15分頃まで続きました。
雲は昨日よりさらに少なく、ざらつきのある天の川を肉眼でくっきり捉えることができたのです。
リモコンがないため、露出時間は30秒(X 2枚)。
薄明終了したかしないかという時間帯であり、ISO値も高いので画質的には不満がありますが、久々に心からワクワクしました。

« The Dayが過ぎて・・・ | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

ホタル2014(新発田市)」カテゴリの記事

コメント

上の写真、まだまだ十分飛んでますよ~。羨ましい!また、天の川のパノラマ写真、凄いですね。こんな写真を見せられると、俄然星が見たくなってしまいます。このところ中越はなかなか晴れ間がありませんー・・・。

いや、20時20分をすぎたら急に飛ばなくなりました・・・すぐ右端に沢があるのですが、そこに覆い被さる灌木に張り付いたまま動かなくなりました。活性が低かったんですね。絶対数も少なかったです。
たきがしら湿原はここを10倍以上広くした感じです。雰囲気はよく似ています。近年は人が多いのが玉に瑕。その点ここは自分だけなので、異次元の世界にタイムスリップできました。

凄い天の川ですね、前景の林も又真っ黒ですね。とても環境がよさそう。

それにしても下越方面は良く晴れるんですね、羨ましいです。

これって、1枚撮りですか?
それともモザイクですか?
十分シャープなレンズだと思います。

けんちゃさん、ありがとうございます。R290から400mくらい離れているのですが、それでも超明るいLEDヘッドライトを装備した車が上向きにして走行すると、この林の上半分が照らし出されます。本来はとても暗いだけに、車のライトの異常な明るさを思い知らされます。それ以外は環境いいです。古い記憶にある田園風景そのものです。

もっちゃん、この天の川は2枚モザイクです。30秒追尾したコマ(ワンショット)2枚をパノラマ合成。今回はPhotoshopのPhotomergeでなく、MicrosoftのICEというソフトでつないでいます。往々にしてこちらのソフトの方がいい結果になります。以外と高機能ですし、お勧めです。
サムヤン、さっきテストしてきたので、明日リポートします。いや、全然合格ですよ!

いいロケーションでいい暗さですね。こういうせり上がる天の川を撮れるポイントはなかなかないと思います。
広角モザイク、私もやってみたいのですが、16mmくらいだとちゃんとつながるのでしょうか。周辺像も整っていないと難しそうですが、このレンズはばっちりですね。

まるひさん、広角モザイク簡単ですよ。16mmならなんとか繋がります。ただし、18~24mmでつなぐ場合に比べると、若干不自然になることが多いです。その場合でも、先に述べたMicrosoftのICEを使うとより自然な感じに仕上がりやすいです。周辺部の星像もさることながら、地上部があまり流れるとだめなので、50秒以内程度に収めるといいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« The Dayが過ぎて・・・ | トップページ | 梅雨の晴れ間に »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31