無料ブログはココログ

« チューリップシーズン開幕 | トップページ | 瓢湖のアヤメは4分咲き »

2014年6月 5日 (木)

冬鳥越スキー場バラ園は五分咲き

Img_2220p1

EOS70D + EF100mm F2.8 IS MACRO USM

6月4日の撮影です。今年初めての冬鳥越スキー場バラ園(加茂市)でしたが、小雨のせいか、全体に花が小振りの印象でした。
長岡市の越後丘陵公園のバラは満開のようですが、こちらはもう少し。

« チューリップシーズン開幕 | トップページ | 瓢湖のアヤメは4分咲き »

バラ」カテゴリの記事

コメント

あっ、70D買ったんですね?
天体写真特性のレポ、お願いします!

6Dとの間で迷ったけど、フルサイズ機は現時点で満足できる広角ズームがないので(キャノンマウントでは)、シグマの18-35mm F1.8を使えるから70Dにしました。天体用途ではひたすら60Daばかり使っているし、ひところみたいにポー赤2台体制で写すということもなくなったので、数回星景で使ったのみです。ダークとか厳密に測定したわけではないですが、色の再現性が大変いいです。60Dより明らかに進歩しています。ノイズもわずかですが、ノーマル60Dより少なくなっていると感じます。一般撮影での、オートホワイトバランスの精度も向上している感じです。AFも7Dに準ずる性能になったし、ぼく的には総合バランスで6Dより70Dが上回っていると思います。

もっちゃんへ、補足です。70Dは一般撮影ではかなり使ってきました。60Dとの差はわずかですが、7Dと比べると画質にかなり違いが出てきます。細かい使い勝手も向上しています。いいカメラです。

改造用に60Dを買うとき、70Dにすべきが結構悩んだんですよね。でも、高感度特性とノイズ特性だけに絞ったら6万を切る60Dになりました。
一般撮影は7Dですが、なんとなく解像感がない写真が多く、同じピクセル数でも60Dの方が解像度が高いような気がしています。それとも、AF精度の違いでしょうか?
最近は、Powershot S120が欲しいです・・。

そうですね、解像感についてはそれほど違いを感じたことはないのですが、屋内で舞台やスポーツを撮るとき、ISO1600とかISOを高感度に設定しますよね。このシチュエーションで写した写真を比べると、7Dはややカラーノイズが60Dより目立ち、かつノイズの粒が大きいような気がしました。最近は旅行に行くこともなくなったし、スナップ写真を撮る機会が減りましたが、スナップ用途でぼくが最も使ってみたいのはPowershop G1X MarkIIですね。キャノンはAPS-C用の性能のいい標準ズーム、一向に製品化しませんからね。シグマが16-50mm F2.8を開発中らしいので、シグマに期待です。

佐藤さん
お久しぶりです。
GANREFのぱんだです。

最近、佐藤さんの星景がお目にかかれないですが、私の方は相変わらず撮り楽しんでおります。
今年はまだ天蓋高原には行けてませんが、またどこかの星空の下でお会いできたらと思います。

6月に入りましたが、今年はホタルが早そうですね ^^

ぱんださ、MSGありがとうございます。こないだ誰だったか、ぱんださんと会ったよ~とブログに書いていましたっけ。年々より暗い、よりきれいな星空への欲求が高まり、よほど条件のいいときでないと出撃する気分にならなくなりました。ブログには載せてませんが、それでも今年は2回ほど赤道儀を持ち出したんですよ。でも条件がイマイチの空だったので、とてもアップする気にはなれず。もっとも、この2回だけですけどね、今年は。先日の黄砂の真っ最中にはどこにも行きませんでした、みなさんあちこち行かれたみたいですが。6月はホタルですね。ホタルは天気が悪くても見れるので、今から楽しみです。昨年から開拓を始めた、ぶどうの近くの池ノ平を中心に出没すると思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« チューリップシーズン開幕 | トップページ | 瓢湖のアヤメは4分咲き »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31