無料ブログはココログ

« 金星の特別な日 | トップページ | ファースト・チューリップ »

2013年11月 4日 (月)

晩秋の朝日連峰の星空

11月2日撮影した星景写真です。
これだけの暗い場所で撮るのは久々なので、カンが狂ってしまいました。
総じて露出が不足気味。暗部を思い切り持ち上げてやっとこのレベル。
山肌を描き出すことはできませんでした。

Img_3342p

EOS60Da + SIGMA Fisheye 10mm F2.8 EX DC HSM
(追尾撮影・4枚全てワンショット)

少しカメラが動いてしまったようで、上半分の星が流れてしまいました。
構図的にはお気に入りなのですが・・・。プレアデスが山の向こうに見えます。
急斜面の横なので、とにかく暗い。
ISO2000では役不足、絞りF2とISO3200の組み合わせにしないとダメですね。

Img_3346

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 EX DC HSM (18mmにて)

目の前がこのような三角形の山になっていたので、そのシルエットを生かして。
アンドロメダをなんとか入れました(ちょっとだけ拡散系フィルター使用)。

Img_3355pp

Img_3356pp

EOS60Da + SIGMA 18-35mm F1.8 EX DC HSM (18mmにて)

拡散系フィルターを入れたバージョンとなしのバージョン。
ありの方でも全露出時間のうち、付けていたのは1/3程度(前の写真も同様)。
レンズの上に置いておくだけで、途中でさっと外しました。
このやり方なら、星像をあまり肥大させずに写せます、原始的なやり方ですが。
目の前の尾根はライトを当ててみると、特に紅葉は見られませんでした。
標高740mのこの辺はとうに紅葉を終えており、もし紅葉が色鮮やかなら写し方を変えたのですが。
一番最後の写真、わずかなタイミングのズレでベガが写り込んでくれました。
青白い光が存在感あります。

« 金星の特別な日 | トップページ | ファースト・チューリップ »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

暗い場所、いいですね。
移動が億劫に感じない、ポータブルならではですね。

最後の天の川の写真、細工してませんか?

もっちゃん、こんばんは。最後の写真もワンショットですよ。どの写真も、photoshopプラグインのcolor efex pro4というソフトのプロコントラストというフィルターで調整を加えています。もしお持ちでしたらお試しあれ。露出をたっぷりかけられないことが多い星景写真には欠かせないフィルターです。
あとは、彩度を強めで仕上げたくらいですかね。他にややこしい処理はしていません。本文にも書いたように、プロソフトンAを使ったフィルターワークを工夫しています。

こんばんは。
この星の写りは空の暗さがちがいますね。
おそらく朝日スーパー林道の県境付近だと思いますが、予想どおりですね。
新潟市や村上市の光害もここまでくると影響は小さそうです。
ただ時間的に遠いのが残念です。枝折峠に行くのなら、こちらの選択もありそうです。

skameさんにはこっそり教えます。ここは鳴海金山の近くです。建前上、朝日スーパー林道は夜間通行禁止なので、固有名詞は伏せたのです。林道平床線を通れば24時間いつでも朝日スーパー林道へアクセスできる上、未舗装区間の残るスーパー林道と違い、全線舗装されています。道幅もそこそこあり、夏の間、鳴海金山で働く市の職員はこの道路を使って村上から通勤しているんです。ただし、空がそれほど開けた場所はありません。ここは南~西にかけて開けていますが、逆に東~北は狭いです。このように、東西南北のうち二つの方角だったら見渡せる場所はそれぞれあるんですが、三つ以上の方角を一望できる場所はありません。この場所、小出の街明かりがかすかに視界に入る枝折り峠より暗いと思います。

最後の2枚の構図、ちょと不思議に思ったのですよ。
白鳥座が西に横たわっていることがあるのだろうか?と・・・。
東から昇ってくる時なら違和感ないのですが、この時期にはあり得ないし左右が逆だし・・・。

color efex pro4はGoogleから安価に提供されているので、購入したいと思っています。Lightroomでも使えるので、試用したら本当に欲しくなりました。

もっちゃん、証拠として原画(RAWファイル)を先ほどメールに添付してお送りしましたのでご確認下さい。時刻は19時13~18分。
数枚撮った中の1枚です。この辺は道が曲がりくねっており、背後がずっと超急斜面になっています(1枚目の写真を写した場所から10mくらい移動した所でカメラを構えた)。この構図のように、山並みと天の川が並行になるアングルを探して写しました。完全に下から上を見上げています。

ようやく分かりました!
山並みがあるので低空と思い込んでしまったようです。
北西方向の天頂付近を見上げているんですね。
僕にはとても発想できない構図です。
大変失礼しました。

誤解が解けて良かったです。星景の利点として、構図の自由度が挙げられます。ぼくも普段は展望の開けた地形でばかり撮っていますが、たまに谷間へ行くと、星座がどれがどれだか方向音痴のごとくわからなくなるので、それがかえって新鮮で好きです。ちなみに、昨日アップした写真は、その場所から北極星が見えなかったので、コンパスで大体の方向を合わせて赤道儀をセッティング、えいやで撮っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 金星の特別な日 | トップページ | ファースト・チューリップ »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31