無料ブログはココログ

« ゴールデンスフィア (Golden Sphere) | トップページ | 秋の棚田と星座たち »

2013年9月29日 (日)

きらめく星座

Img_3202_09p

EOS60Da + SIGMA18-35mm F1.8 EX DC HSM
ISO1000, F2.5, 210秒 (8枚コンポ)

27日、天蓋高原で撮った写真の続きです。
胎内星まつりでユニテックさんから買ったオプションパーツ、ダブル雲台ユニットを初めて使ってみました。
北へカメラをストレスなく向けられるので気持ちがいい。素晴らしい。
100mmマクロレンズを持ってくるのを忘れたので、この広角ズームでレンズを真北に向け、ポーラースターを中心に撮ったりしました。(この後、すぐに大毎へ移動しました。)
さて、秋の空の天体ではケフェウス座とぎょしゃ座が特に好きです。
この構図、過去何度も撮ったけど、星野写真で8枚もコンポしたのは多分初めて。
巷で評判のシグマの新広角ズーム、F2.0~2.5がおいしい絞りですね。
2.8以上に絞っても、それほど周辺部の星像は変わりません。

« ゴールデンスフィア (Golden Sphere) | トップページ | 秋の棚田と星座たち »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
このレンズは天文誌にも紹介されていましたが、周辺までシャープですね。
星空のバックの黒がいいですねー。
Satoさんらしい写真です。

skameさん、いつもありがとうございます。ホタル兼用で買ったこのレンズ、最高に気に入っています。17mmスタートならさらに言うことなしなんですけどね。海外のサイトでのレビューの方が早く出るし、内容も科学的で詳しいので、それらのサイトの記事を検証してから買うことにしています。今年、実はEF24mm F1.4L IIの中古も買ったのですが、周辺部の星像の乱れがひどいので、このレンズとの違いを確かめた上で売却しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ゴールデンスフィア (Golden Sphere) | トップページ | 秋の棚田と星座たち »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31