無料ブログはココログ

« 胎内スキー場に昇る満月 | トップページ | きらめく星座 »

2013年9月28日 (土)

ゴールデンスフィア (Golden Sphere)

Img_9357trima

EOS7D + EF70-200mm F2.8L IS II (200mm)、固定撮影(トリミングあり)

天蓋高原へ着くなり、すわUFOかと一瞬思ったほど強烈な金色の輝きが視界に飛び込んできました。金星でした。
まさに山の向こうへ没しようとしていたので急いで機材をセッティング。
赤道儀を設置する暇がないので、ISOを上げて固定撮影。
この日(27日)の天蓋高原は、1年前から天体写真を始めたという方が1名のみ。
ぼくと同じくキャノンの60Daを使っているというIさんと楽しくおしゃべりしながら、夢のようなきらめく星空の元、あっという間に時間が過ぎていきます。

Img_3226_27p

EOS60Da + SIGMA 10mm F2.8 FISHEYE HSM

22時前には大毎の棚田へ移動しました。標高がかなりあるので、まだ稲刈りは済んでいないだろうなとの予想は当たっていました。
ロケハンする時間がなかったので構図的には不満が残りますが、相変わらず透明度抜群の空の元、沈みゆく天の川をカメラに収めました。

« 胎内スキー場に昇る満月 | トップページ | きらめく星座 »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
昨晩はいい夜でしたね。
私は仕事帰りに五泉方面に寄り道して、蠍座を撮ってきました。
寄り道した所には同業者がいたので挨拶をすると、昨年、佐藤さんと天蓋高原でご一緒した際にいらしゃった、新天研のTさんでした(覚えてらっしゃるでしょうか?)。

先ほど、子供を連れて天蓋高原に行ってきましたが、相変わらずの濃い天の川に、家族で感動してきました ^^

またお会いできたらと思います。

唯今、ぶどう集落近くの棚田から帰ってきました。え、天蓋へ行ってこられたんですか?1日違いでしたね。今日はこちらは雲が多くて、あまりいい写真は撮れませんでした。天蓋はそこそこよかったのでしょうか?ちょっと悔しい。新天研のメンバーの方とは、なんだかんだとよくお会いしますね。今回の新月期、晴天は今日が最後っぽいですね。また次回の新月期に期待です。

私は昨日は樽口へ行ってきました。目的は西に傾く天の川撮影。期待通りの濃い天の川に今年初めて出会えました。
途中から一人の方とご一緒になりました。話を聞いていたら昨日はSatoさんと天蓋でお会いになったとのこと。私は二晩連続で片道100kmの遠征はできません。すごいですね。
大毎は空も風景もいいですね。一度行ってみたいです。

まるひさん、早く写真アップして下さいね。見たい。昨夜のぶどう方面はなぜか薄曇りが続き、まともな写真が撮れませんでした。樽口も考えたのですが、高速ができてからは県北へ行く方が楽なもので。久しく樽口、行ってないなあ。
へえ、Iさんと出会ったんですか。すごい行動力ですね、彼。天蓋も、今年は既に来るのが5度目だとおっしゃっていました。

僕は、今年初の浄土平でした。如何に良い星空でも、車の出入りが多い場所は落ち着きませんね。
でも、雲海の上に浮かぶ月とオリオンが感動的でした。

もっちゃん、こんばんは。実は昨年から、鎌沼のほとりから天の川を撮ってみたいと思っているのですが、今年も行かずじまい。おとといは真剣に考えたのですが、イマイチ体調不良のため近場で済ませてしまいました。現場にいるのも、3時間が限度ですね。2~3時まではとてもいれません。

稲穂と西に傾く天の川よいですね。過去の日本にタイムスリップしたような雰囲気です。

私も水田と天の川を絡めた四季の写真を撮りたいと思ってはいるのですが、未だに良い構図を見つけることができません。

tantanさん、コメントありがとうございます。実はこの場所この構図で過去撮影しているので、二番煎じなんです。月が昇ってくるまで時間が差し迫っていたので、新たな場所探しをする暇がなく(この農道の奥へ行けば、もっと絵になる場所があったのですが)。
でも、ハサ掛けのある風景を取り入れたいですよね。関川村や阿賀町の一部に、まだそういう光景が見られるようですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 胎内スキー場に昇る満月 | トップページ | きらめく星座 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31