無料ブログはココログ

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月の5件の記事

2013年7月29日 (月)

奇跡的な空のもと

シグマの新しい広角ズーム18-35mm F1.8と、キャノンのEF24mm F1.4L IIのどちらが星像がいいか、テストしました。
どちらもホタル写真兼用です。条件にもよりますが、ホタル写真ではF2.8より明るいレンズが必要となることもあります。それで今年はEF24mm F1.4L IIを導入、メインで使ってきたのですが・・・やはりズームの方が便利。
そこへもってきて、シグマのこのレンズの光学テストの結果が海外のサイト(LensTip.com)にアップされました。思った以上にいいようです。特に解像度が素晴らしい。
しかし、星がどれだけ○として、点として写るかは実際に星を撮ってみないとわかりません。くだんのサイトにも7. Coma, astigmatism and bokehという項目があり、それでおおよそは見当が付くのですが。

_mg_2690p

EOS60Da + EF24mm F1.4L II USM
ISO1600, F2.8, 70秒

_mg_2692p

EOS60Da + SIGMA18-35mm F1.8 DC HSM(24mm側にて)
ISO1600, F2.0, 31秒

中央部周辺部を問わず、シグマの方がシャープです。色収差も少ない。しかも、シグマの絞りはF2.0です。
キャノンのそれも比較のためF2.0で撮りましたが、少々設計の古いEF135mm F2LやEF200mm F2.8L などと同様、絞りが開放付近だと星の回りにオレンジ色のフリンジが出るのです。F2.8に絞ると一気に減りますが、それでもシグマのF2.0の方が色収差は少なめでした。
周辺部の画質はさらに差が顕著で、キャノンのF2.0だと盛大なコマ収差が出ました。
APS-C機なら大丈夫だと思ったのですが。普段使いの標準ズーム、SIGMA17-70mm F2.8/4 OS EX DCの24mmの方がマシなくらいです。
月の出まで1時間しかないので、あとはシグマだけ使い、様々な焦点距離(18mm & 35mm)を試してみました。いずれもF2.0で恐ろしいくらいよく写るので、他の絞りは試していません。フルサイズ機とEF24-70mm F2.8L IIの組み合わせより、周辺部の画質は上だと思います。

Img_2699_2705p

EOS60Da + SIGMA18-35mm F1.8 DC HSM(35mm側にて)
ISO1600, F2.0, 34秒(4コマモザイク~各コマ1枚)

まだ梅雨が明けぬ新潟ですが、28日は奇跡的に薄明突入時から21時半まで晴れてくれました。
ここは胎内スキー場近くの山腹ですが、標高は100mしかありません。
それなのに、肉眼でも天の川がくっきり見えること見えること。
この日のこの瞬間の透明度は間違いなく数ヶ月に一度のものだったのです。
惜しむらくは、Photoshop CS6のcamera RAWで、レンズの補正データが用意されていないこと。
新しいバージョンでないと用意されないのかな?待つだけムダ?

*8月1日、追記です。camera RAWの件ですが、アドビはCS6でも(それ以前のバージョンは対象外)今後とも最新版のcamera RAWのデータを提供していくとのことです。実際、自分のそれのバージョンを確かめてみたら、creative cloudで提供されている最新版であるバージョン8.1になっていました。なので、そのうちシグマのこのレンズの補正プロファイルも提供されることでしょう。一安心。

2013年7月17日 (水)

ホタルシーズン終盤を見届ける

今年は7月に入ってから雨の日が続いたため、あまりホタルの撮影機会がありませんでした。だけど、ホタルの生態を少しでも熟知するためには、いつホタルたちが見えなくなるかを知ることも必要。
例えばたきがしら湿原ですが、今年は7月7日と14日と足を運びましたが、14日は7日の8~9割減といった感じで、急激に減少ラインを描いたのでした。
彼らは本能的に月の周期を知っているので、その年の月の満ち欠けの時期が大きく影響しているように思います。
それに、その場所の標高や気温が合わさって、場所により5~7日程度、出現のピークがずれてくるのでしょう。

Img_0428_0508p

こちらは、7月14日のたきがしら湿原。
ピーク時なら20時50分くらいまでは乱舞が続きますが、20時半にはホタルの舞は終了。
ゲンジはほとんど見られず、ヘイケが主体でした。
上の写真で、総露出時間15分です。ホタルの少なさがわかると思います。
湿原に来ている車も6台だけで、休日の割には静かでした。

Img_7537_63pp

Img_2626_53pp

上の2枚は、村上市の某棚田でのホタルたち。
あぜ道にはそこかしこにアヤメを初めとする花が植栽されており、現地の胸のすくような伸びやかな風景とあいまって、訪れる人の心をやさしくほぐしてくれます。
どちらも総露出時間は15分前後。
最初の写真は7月9日撮影。この日は乱舞と言っていい状況でした。
ここの棚田はとても広大なので、棚田のどこにホタルが生息しているかを調べるのも今回の目的。
最初の写真を写した場所は昨年も来た場所なのですが、やはりたくさんいました。
昨年は気づきませんでしたが、田んぼの上を飛翔しているのはヘイケでした。
写真を撮るのもそこそこに、ここから半径200mの間を散策、生息確認にいそしみます。
すると、どこにでもホタルがいることがわかりました。
これはすごい。ということは、500mX900mに及ぶこの棚田地帯の全域にホタルが生息しているということか。
最後の写真は7月12日に写したもの。
この日は悪天候で、終始雨が降っていました。時折カサを片手で支えられないほどの突風も吹き荒れました。
そのような悪条件をさっぴいても、ホタルの数は一気に減っていました、1割程度に。
雨より、強い風の方がホタルにとっては天敵であることがよくわかりました。
この日はゲンジはほとんど見られず、ヘイケが9割を占めていました。
この場所は、今回初めて探し当てた場所。
今まで撮ってきた場所とは対岸にあたります。
こちら側でもやはりホタルが生息していました。ということは、ポイントは無限にあります。

_mg_2654_60p

最後の写真を撮った場所をパノラマでつなげてみました。
見渡す限りの棚田全域にヘイケボタルが見られました。そして背後の森にはゲンジボタル。
ピーク時に来れば、この世のものとも思えぬ光景を目撃できるでしょう。
さらに快晴で闇夜なら・・・写真左手の一番高い山の右側に、サソリ座が立ち上がってくるのです。下の写真のように(撮影日7月15日)。

_mg_2668

EOS60Da + EF14mm F2.8L II USM
ISO3200, F2.8, 8秒 (固定撮影)

2013年7月 8日 (月)

晴れ晴れの実の能力者

今年初のたきがしら湿原。
津川から雨が降り出したけど、今日は下見さと自分に言い聞かせて現地へ向かいました。
ところが、奇跡的に、駐車場へ着いた途端雨が上がったのです。
その後、現地を離れる21時15分まで雨が落ちることはありませんでした。
現地を離れるやいなや小雨が降り出したのは、ぼくにとってはよくあることとはいえ、不思議な感覚でした。
そうです、ぼくは悪魔の実の能力者なのです(このネタがわからない人は、ONE PIECEを読んで下さい。国内だけで2億9000万部売れたというだけあって、おっもしろいぞ~)。
忘れもしない2001年7月、室戸岬のキャンプ場で”晴れ晴れの実”を食べてから、超晴れ男になったのでした。
天気を操るこつは、期待しないこと。かといってあきらめもせず、その中間地点をキープするのです。意図することなく意図する。
ただし、この能力、連れがいると効力が半減しますが。

_mg_7230p

19時のたきがしら湿原。霧はもう少し取れましたが、本当にホタルが出現するのでしょうか。見頃と聞いていましたが、少し不安です。

Img_7244_7315pp_stitch_2

EOS7D + EF24mm F1.4L II USM (2コマモザイク、合計露出時間約25分)

でも、薄暗くなってくると、蛍の光が現れ始めました、いつものように。
昨年は7月16日と18日の2回訪れましたが、より多くいた16日に比べると、ゲンジが4~5割増し、ヘイケが3~4割減といったところでしょうか。
昨年はゲンジのピークが過ぎた頃に来たので、そういう意味ではベストの時期と言えそうです。ヘイケは、まだまだこれから増えることでしょう。
上の写真では、ゲンジとヘイケ、ほぼ半々の割合で写っていると思います。

Img_7402_7476

EOS7D + EF24mm F1.4L II USM (合計露出時間約30分)

霧は部分的には取れることはなく、でも、それはそれで幻想的な雰囲気を醸し出していました。

2013年7月 5日 (金)

麦わらのルフィ、ぶどうに現る!

7月の第一週、20:00~20:30の間、ぶどう集落のどこかにグランドラインへのポータル(扉・入り口)が現れる。
噂を聞きつけ、ONE PIECEの秘宝を追い求めるあのルフィがやってきた!

Img_2386_2406pp

ここか?

Img_2413_62ppp

きっとこの辺のはず

Img_7152_7229pp

いったいどこなんだ?この谷の奥か・・・?

2013年7月 1日 (月)

第1回ホタルを見る会ぶどう編終了

Img_2240_2367pp

EOS60Da + EF24mm F1.4L II USM (2コマ・モザイク)

6月30日、3人の仲間と村上市ぶどうスキー場近くの山林へホタルを見に行ってきました。
案の定、まだピークには早かったけど、それでも充分楽しめました。
画面左は背の高い杉林があるため右半分よりずっと暗い。
左側をあとで撮ったので、さらに明暗差は増しました。
F2.0でISO2500まで上げたのですが(25秒)、それでも露出不足でした。
1年ぶりに味わうこの暗さ。う~、しびれる。
昨年の経験が全く生かされず、左側と右側で色合いが違ってしまいました。
う~む、補正しきれない(^_^;)
近藤さん、山崎さん、岸本さん、参加してくれてどうもありがとうございました。

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31