無料ブログはココログ

« お気に入りの棚田へ | トップページ | バラたちの教え »

2013年6月 5日 (水)

棚田と天の川

先日の続きです。
星景写真においても、昨年からモザイクという手法を用いています。
とはいえ、PCを現場で使うわけではなく、目分量での移動なので時には失敗することもありますが。

Img_1855_58p

EOS60Da + EF28mm F2.8L IS USM (4枚モザイク)

これは、縦位置で4枚写したものを繋ぎ合わせました。歪みを減らすため、先日買ったばかりのキャノンの単焦点EF28mm ISを使いました。
ただし、このレンズは結構微妙です。周辺部でややコマ収差が残ります。標準ズームとあまり変わらないような・・・ 中心部の解像度は高いのですが。
やはり、周辺部の画質にこだわったら、Lカテゴリーのレンズを使うしかなさそうですね。

Img_1875dpp1

EOS60Da + EF14mm F2.8L II USM

この棚田地帯には、天蓋高原における天蓋山のような、シンボリックな山があります。
それが、きれいな三角形の山容をしているこの山です。
国土地理院の1/2.5万地形図を見ても、特に名前は付いていないようです。
標高は約530m。等高線を見ても、東西南北まるでピラミッドみたいに均整が取れています。
この山の麓で怪光現象を見たこともあるし、なんだか気になる山です。

« お気に入りの棚田へ | トップページ | バラたちの教え »

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

パノラマ的な構図は迫力ありますね。
私もこんな写真を狙っているのですが、難しいです。
これから佐藤さんの季節ですね。いい写真を期待しています。

まるひさん、ご無沙汰してます。まるひさんの山古志星景その3、色合いが素晴らしいですね。特に2枚目、きりっとしていて好みです。今年はホタル星景の時期、晴れてくれるでしょうか?

こんばんは。
棚田を照らす天の川素敵ですね。
実は佐藤さんが来られた翌日に、私も天蓋高原に出撃しておりました ^^
23時過ぎまで薄雲に覆われてましたが、何とか立ち上がった天の川をゲットできました。
そこで気になったのですが、天蓋山の裏側方向から強い光害がありました。
この方向は鳴海山くらいしか無いはずですが、一体何の光害なのでしょうか?
まさかとは思いますが、天童市の明かり・・・なんてことは無いですよね ?_?

ぱんださん、おばんです。天蓋高原の駐車場入り口から大毎集落側へ700mほど進むと、道路の右手に小さなプレハブの建物があるんです。やや下がったところにあるので、よほど注意して運転しないと多分わからないと思います。製材場だと思うんですけど。ぼくも昨年秋に初めてその光害らしき怪しい光に気づきまして(最初はUFOが着陸したのかなと思い、結構ハイになりました)、その光の出所を確かめたら、その建物の入り口にある明るいサーチライトが原因だったのです。おそらくその明かりだと思います。深夜になっても、そのときは消えませんでした、残念ながら。やはり今年も・・・?

佐藤さん、お久しぶりです。
相変わらず精力的に撮影されていますね。
九州は蛍が飛び始めています。
しかし、仕事に忙殺され体調と天気のマッチングがよくないため、星蛍写真は撮れてません。
それでも空の良さそうな場所は見つけています。
最高1000mまでクルマで上がれるので、透明度は良い感じです。
こちらは南天が高いので、さそり座からいて座にかけては
良いものが撮れそうです。
当然、ωも。

きゃー、MさんじゃなかったKEROさん、本当にお久しぶりです。九州へ転勤されたんですか?南天に非常に興味があるので、九州は面白そうな土地ですね。どこも住めば都だと思います。はやく土地に慣れるといいですね。最近の国家情勢から想像するに、お仕事かなりの緊張感がつきまとうのでしょうね。速く平和な世の中になって、思う存分自然を愛でる余裕が生まれる、そんな日が1日も早く訪れることを祈っています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お気に入りの棚田へ | トップページ | バラたちの教え »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31