無料ブログはココログ

« 競技スキーの聖地・大原スキー場へ | トップページ | 新緑の姫田川上流部 »

2013年5月13日 (月)

銀河ラブ

とても眠い空だったので写真はアップしなかったけれど、9日に引き続き、今年2回目の天蓋高原です(星見自体もまだ2回目)。
12日は9日よりは透明度が上がったけれど、まだまだ低空は霞がかっていました。
それでも、満天の星空を見るのは今年に入ってからまだ2回目なので、とても感動しました。

Img_1649

EOS60Da + Canon EF100mm F2.8L II IS USM
ISO1600, F3.2, 60秒 (追尾撮影)

双眼鏡では視認できませんでしたが、テキトウにそっちの方向へレンズを向けてみたら一発で写ってくれました。オメガ星団です。
上の方にはうっすらとケンタウルス座Aも写ってくれました。
思わず、アリガトウと心の中で叫んでしまいました。うれし~

Img_1669_71p1

EOS60Da + Canon EF100mm F2.8L II IS USM
ISO1600, F3.2, 180秒 (地上部は固定撮影、星空は追尾撮影で3枚コンポ)

白鳥座が稜線から昇ってくる様子を撮ろうと思っていたのだけど、低空の透明度が悪かったため、一発撮りではサドル付近の色が出ません。
なので、白鳥がある程度上空に昇ってから改めて白鳥を写し、それを大体同じ位置で切り貼りしています。
もしここが標高3000mあるなら、このような感じで見える(写る)はずです。

Img_1686

EOS60Da + Sigma 10mm F2.8 FISHEYE EX DC HSM
ISO1600, F2.8, 80秒 (追尾撮影)

23時を過ぎたら、そこそこ透明度が上がってきました。
天の川のもやもやもコントラストを増し、太陽とはまた異なるフィーリングのエネルギーに全身が包まれるのを感じます。気持ちいい~

*天蓋高原までは車で入っていけますが、12日現在、そこから先へはまだ冬期通行止めが解除になっておらず、駐車場入り口から200m先までしか行けません。
松の木平へは入っていけます。

« 競技スキーの聖地・大原スキー場へ | トップページ | 新緑の姫田川上流部 »

天体写真」カテゴリの記事

星景写真(下越)」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。
天蓋高原いいですね ^^
私もゴールデンウィーク後半に行ってまいりましたが、23時過ぎまでは天の川のコントラストが弱かったです。

私も昨夜は加茂から更に先に行ってきました。こちらの透明度は抜群で、自販機の明かりがある所からでも、濃い天の川が眼視できました。またGANREFにでもアップしようかと考えてます。

また今年もお会いできたらよろしくお願い致します m(_ _)m

またまた美しい写真ですねえ、はくちょう座にはドッキリ致しました。
オメガ星団もずいぶんと高く見えるんですね、私も撮りたい。だんだん時間が無くなりますね、月が残るから。

ぱんださん、
こんにちは。本当にお久しぶりですね。スキーと天体観測は両立しづらく、今年はスキーに力点を置いていたので、今頃星空デビューしています。昨日の天蓋高原、23時になってようやく普通の透明度になったかなというところで、まだ本来の透明度ではなかったです。また、以外と南東の空の低空に光害が感じられました。地図を見ると、関川村から小国町のあたりでしょうかね。またどこかでお会いしたいですね!

けんちゃさん、
コメントありがとうございます。けんちゃさんの主砲なら、きっとすごいオメガ星団が撮れますよ!ぜひ撮ってください。高解像度のオメガ星団、見たいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 競技スキーの聖地・大原スキー場へ | トップページ | 新緑の姫田川上流部 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31