無料ブログはココログ

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月の14件の記事

2012年12月31日 (月)

2012 いとしきドイツの田舎町 - Wetzlar -

フランクフルトから成田へ飛ぶ直行便のフライト時間が20時台だったので、最終日の昼間も行動ができます。
今回はフランクフルトの北約50kmに位置するゲーテゆかりの街、ヴェツラーを選びました。
文学少女だった母はゲーテの大ファンで、ぼくが中学生になると、そろそろブンガクの良さをわかる年頃になったとみなされたのか、よくゲーテの魅力を聞かされたものでした。
それで、中学生の時、初めて読んだゲーテの作品が「若きウェルテルの悩み」でした。
ただ、当時はまだ本当の恋をしたことがなかったし、どこが面白いのかさっぱりわからなかったけど・・・
この町には、ゲーテが恋したシャルロッテ・ブフの生家が残されているのです。
後年、この小説を再読したとき、ぼくもロッテにほのかな恋心を抱いたものでした。
ロッテに会いに、いざヴェツラーへ。

Img_8844

旧市街は、駅から徒歩15分でくらいで辿り着きます。
これは、旧市街入り口の丘でのワンショット。

Img_8855

旧市街の中心は丘の上にあり、傍らに写真の大聖堂が立っています。
大聖堂を目指して歩けば、道に迷うことはありません。

Img_8868

Img_8874_2

上の2枚は、大聖堂前の広場での撮影。木組みの家がメルヘンチックです。
一軒一軒微妙に異なる、建物の傾き加減にわびさびを感じます。

Img_8890

ロッテの家(lottehaus)は、大聖堂前の広場からすぐでした(徒歩3分)。
左の白い家がロッテの生家。
写真には写っていませんが、右にモダンな建物があり、そこで入場券を買います。
館内の写真撮影は禁じられていますが、ゲーテファンは一見の価値あり。
古き良き時代の庶民の暮らしぶりの一端を、垣間見ることができます。
ちなみに、入場券を売っている建物はライカ関係の光学博物館とのこと。
ヴェツラー郊外には、ライカの工場がありました。

Img_8878

ロッテの家近くからのワンシーン。
ドイツの家は、屋根の傾斜がこのように急な家が多いです。
これだけの傾斜があったら、新潟県内山間部の家でも、雪下ろしをしなくてもすむようにあると思いますが・・・

Img_8894

クリスマス市は旧市街の中心部ではなく、ラーン川に近いダウンタウンの一角で細々と開かれていました。
この他には、おそらくクリスマス市とは無関係だと思うのですが、駅前通りにも露店が見受けられました。

Img_8895

昨日アップしたマールブルグもラーン川沿いに開けた町ですが、ヴェツラーもそうです。
新緑の頃には、絵はがきのような風景が見られることでしょう。

2012年12月30日 (日)

2012 いとしきドイツの田舎町 - Marburg -

メルヘン街道入り口に位置し、グリム兄弟が学生時代を過ごした街として知られるマールブルグ。
フランクフルトからはIC特急で約1時間と、半日観光には手頃な距離です。

Img_7315

Img_7317

駅から徒歩8-10分、街のランドマークの一つであるエリザベート教会は、ドイツ最古のゴシック様式の教会です。
内部はフラッシュの使用は不可ですが、写真撮影は許可されています。

Img_7329

エリザベート教会から、緩やかな傾斜の登り坂を徒歩10分で旧市街に辿り着きます。
坂のある街の散策は本当に楽しいですね。登り坂も苦になりません。

Img_7333

Img_7352_53p

マルクト広場の西方に建つ、マリエン教会裏の土手からのパノラマ。
この近くに、グリム兄弟がお世話になったサヴィニー教授の家や、兄弟が下宿した家などが残されています。

Img_7361

マリエン広場はそう大きくはありません。
撮影日は11月28日。丁度この日からクリスマス・マーケットが始まるみたいで、広場の片隅では大勢の人が集まって、なにやら式典を催していました。

Img_7336

同じく、マリエン広場。

Img_7363

旧市街まで行くと、小高い丘の上にお城が立っているのが見えてきます。
このお城は方伯城(Landgrafenschloss)。
中は博物館となっており、見学することができます。(ただし、ここまで駅から歩くとなると、ちょっとしたハイキング並みの体力が必要。石畳を歩くのは意外と疲れるので、しっかりした靴を履いてきて下さい。)

2012年12月25日 (火)

2012 Christmas Market in Germany (Heidelberg編)

メリークリスマス!
クリスマスの今日は、日本でもよく知られた観光地・ハイデルベルグです。
あいにく天候が悪かったのと、昼間のみの観光だったので、写真はそれほど見栄えはしません。
だけど、この町の魅力の片鱗はおわかり頂けるかと思います。
クリスマス・マーケットは数カ所に分散しており、全部を合わせても露店の数はそう多くはありません。
そのため、クリスマス・マーケットを目的に訪れるのはお勧めしません。
フランクフルトからオプショナルツアーも出ていますが、IC特急でわずか50分で行けるので、個人で行った方がずっと安くつきます。

Img_8707

裏通りの散策がこの町の何よりの魅力。

Img_8708

Img_8715

Img_8720

背後にそびえる城はハイデルベルグ城。
修復工事は完全に終わっておらず、半分は荒廃したままです。
そこが逆に魅力でもあったりします。

Img_8724

Img_8759

新緑の時期になると、雰囲気は一変し、絵はがきでよく見られるような、フォトジェニックな風景になります。でも、冬は冬でいいですね。

Img_8786

Img_8788

*今回のドイツ旅行の写真、カメラはCanon EOS X6i、レンズはSigma 17-70mm F2.8-4.0 EX DC OS HSMです。気温が低いので、夏場で経験したX6iの盛大なノイズは影を潜め、ISO400だったら大伸ばしに耐えうる充分な画質。
ぼくの中でかすかにくすぶり続けていたフルサイズ信仰?は、完全に消え去りましたとさ。

2012年12月24日 (月)

2012 Christmas Market in Germany (Hildesheim編)

今回のドイツ旅行で4連泊したハノーヴァーから快速で約25分、ヒルデスハイムの旧市街はおとぎの国がコンパクトにまとまったような、愛らしい街です。
マルクト広場から数分歩くと、そこには世界遺産の二つの建物、大聖堂と聖ミヒャエリス教会が建っています。
2時間もあればざっと見て回れる小さな街だけど、ハノーヴァーから近いので、時間を作って訪れてみることをお勧めします。

Img_7677

Img_7680

Img_7698

Img_7703

Img_7704

Img_7705

Img_7707

2012年12月22日 (土)

2012 Christmas Market in Germany (Braunschweig編その2)

ブラウンシュヴァイクのクリスマス・マーケットの照明は、裸電球が主体です。
全体的にシンプルなデコレーションなのですが、いざ日が暮れ、イルミネーションが輝き始めると・・・悪くありません。どこか素朴な暖かみがあっていいですね。

Img_8406

Img_8402

ドイツではよく見られる、移動式観覧車がこの町のクリスマス・マーケットにもありました。

Img_8412

ブルーモーメントの時間帯に突入。

Img_8419

Img_8430

Img_8431

ブルク広場の入り口(昨日、同じアングルの写真をアップしました)も、このように別世界に変わっていきました。

Img_8435

Img_8439

Img_8451

2012年12月21日 (金)

2012 Christmas Market in Germany (Braunschweig編その1)

ブラウンシュヴァイクを知っている人は、かなりのドイツ通でしょう。
一応、地球の歩き方ドイツの最新刊('12-'13)p481に載っていたりしますが、まず日本では無名の町です。
ハンミュンデン、ハーメルン、カッセルなど、メルヘン街道沿いの町へ行くつもりだったのですが、ハノーヴァーのツーリスト・インフォメーション・センターでもらったクリスマス・マーケットのパンフレットを見て魅力を感じ、急遽この町へ行ってみた次第です。
交通も至便。ハノーヴァーからIC特急で約30分です。
ただし、駅から旧市街まで徒歩15分前後で行ける今回訪れた他の町に対し、こちらは歩くと30分近くかかります。ですから、市電もしくはバスを利用しないといけません。

Img_8349

クリスマス市は、大聖堂を取り囲むように立っています。
その中心がブルク広場。
ただし、面積はそれほどでもなく、露店の軒数もパンフレットで謳っているほど多くはありませんでしたが。

Img_8355

ストリート・パフォーマーを発見。

Img_8345

なぜかこの町ではチョコレート屋さんを多く見かけました。

Img_8330

旧市街のはずれに立つダンクヴァルローデ城(Burg Dankwarderode)。
実は人口25万人を誇るブラウンシュヴァイク、旧市街は意外とモダンです。
大聖堂以外にみるべき建造物もなく、しかしながらショッピングセンターは充実しており、活気は非常にあります。
大聖堂以外ではこのダンクヴァルローデ城が、中世の面影を残す建物と言えるでしょう。

Img_8370

ブルク広場の中心です。このあたりが最も絵になるスポットで、実際、地球の歩き方ドイツのこの町のページでは、このアングルで撮った写真が掲載されています。

Img_8387

Img_8378

Img_8381

2012年12月17日 (月)

2012 Christmas Market in Germany (Mainz編)

フランクフルトからSバーンで約40分、ライン川に面したマインツは、おととしも訪れた街です。おととしは昼間訪れたので、イルミネーションのライトアップを見ることができませんでした。しかし、飾り付けがとても繊細で美しく、夜になったらきれいだろうなと思っていました。
で、今回も引き続き訪問したのですが、案の定夕暮れのマインツは素晴らしかったです。

Img_8504

バックは大聖堂。まだ豆電球は光っておりません。

Img_8511

点灯されたのは16時ジャスト。あと15分もすると一気に暗くなってくるはず。

Img_8539

だいぶ、いい感じになってきました。

Img_8547

クリスマス・マーケットは、大聖堂の南側と北側のマルクト広場に広がっています。
こちらは南側。

Img_8593

ブルーモーメントの時間帯に突入。
刻一刻と、光はあでやかさを増していきます。

Img_8599

Img_8600

Img_8611

Img_8568

Img_8625

Img_8660

最後に、木組みの家が建ち並ぶキルシュガルテンと呼ばれる通りを散策しました。
おしゃれなブティックやカフェが並ぶ、魅力溢れる通りです。
フランクフルトから半径50km以内の街では、マインツのクリスマス・マーケットが一番美しいと思います。

2012年12月16日 (日)

2012 Christmas Market in Germany (Celle編)

北ドイツの真珠と例えられているツェレ。旧市街の規模はゴスラーよりやや小さいけれど、クリスマス・マーケットの賑わいはゴスラーに決して劣らなかったです。
モノトーンが基調のゴスラーに対し、こちらの家並みはカラフルなのが特徴。
駅から歩いて約20分、市庁舎前の広場を中心に、露店はその両脇の通りにも立っています。
ここもそぞろ歩きが楽しい街ですね。
全く構えることなく、瞬時にしてそこの風景に溶け込んでいる自分を発見します。
かわいらしいホテルも何軒かあったので、ここも泊まりがけで来るともっと楽しめるかもしれません。

Img_8079

これはなに屋さんなのでしょうかね?

Img_8105

Img_8112

この街に限ったことではないですが、通りの一角にコニファーを植え、地面に針葉樹のチップを敷き詰めた空間を見つけることがあります。
中へ入ると、いい香り。う~ん、いいですね。

Img_8028

Img_8141

だいぶ賑わってきましたね。

Img_8161

Img_8164_2

建物の窓際に注目。ローソクがともっています。
きれいです。

Img_8224

Img_8247

ありがとう、ツェレ・・・

2012年12月13日 (木)

2012 Christtmas Market in Germany (Goslar編その2)

旧市街の中心部で開催されるゴスラーのクリスマス・マーケットは、人を惹きつける強力な磁力があります。華があるのです。写真からも、それは感じられることと思います。

Img_7799

Img_7789

Img_7794_2

土曜日というせいもあり、通りは人人人であふれかえっています。
ハノーヴァーからゴスラーへ向かう電車も満員でした。

Img_7876_3

Img_7897

この広場の入り口に、2階へ上がることのできる階段があり、誰でも踊り場まで上がれるようになっていました。
そこはこれ以上ない撮影ポイントで、実際多くの人が入れ替わり立ち替わりここで写真を撮っていました。
上の2枚は、その踊り場からのショット。そして、次のショットもそう。

Img_7904_06p_2

ゴスラーのクリスマス・マーケット、お勧めです!

 

 

2012年12月12日 (水)

2012 Christtmas Market in Germany (Goslar編その1)

旧市街と、郊外にある鉱山が世界遺産に指定されているゴスラーは、魔女のふるさととしても知られています。クリスマスの屋台を覗くと、魔女の人形をよく見かけます。

Img_7771

あの、乳首がはみ出ているんですけど・・・
どの人形も、マジ、怖い。どこかユーモラスさを漂わせている秋田のナマハゲとはちょっと違います。
戦争の戦禍を受けなかったため、古い木組みの家がよく保存されています。
でも、他の街と何か違うのです。光が違う。
ぼくの頭の中を、10年前に行ったことのあるメキシコの、やはり世界遺産に指定されている街・グァナファトの面影がよぎりました。
グァナファトも鉱山として発展してきた町という点で共通しているのです。
家の外壁や屋根はグレーが多く、割とモノトーン的です。
しかし、地味な印象は受けません。そこかしこで光がダンスしている。
今回訪れた中で、もっとも気に入った街がここゴスラーです。
さらに電車で山間部へ1時間ほど入ると、ヴェルニゲローテという、これまたおとぎの国から抜け出たようなメルヘンチックな街があります。
これらの観光も含め、2~3泊してもいいなと思いました。

Img_7753

旧市街の裏通り。

Img_7761

皇帝居城近くのホテル。かなり古い建物みたいで、あちこち歪みまくっています。
ツアーガイドが長いこと団体客相手に喋っていたので、やはり有名な建物なのでしょう。

Img_7747

マルクト教会は見ておわかりのように、左右の塔の形が異なります。

Img_7847

16時を過ぎると、あちこちで照明がともり始めます。
そろそろクリスマス・マーケットの立つマルクト広場も、賑わいをみせる頃です。
(続く)

2012年12月11日 (火)

2012 Christmas Market in Germany (Hannover編)

ハノーヴァー滞在初日、ブレーメンから帰ってくると、駅前通りが別世界に変わっていました。思わず息をのむ美しさでした。
まっすぐホテルへ帰る予定だったけど、気力を振り絞って旧市街方面へ。
天気のいいうちに撮っておかないと。この時期、新潟同様、雪がちらつく日が多いですから。

Img_7591

駅前通りのイルミネーション。奥にはクリスマスピラミッドが見えます。

Img_7596

ここがハノーヴァーの駅。露店が多数並んでいます。

Img_7618

ここからは旧市街の写真。

Img_7621

左手の背の高い建物はマルクト教会。旧市街の中心地です。

Img_7632

Img_7647

Img_7657

Img_8268

これは他の日に撮ったもの。天使がクリスマスマーケットを見下ろしていました。

2012年12月10日 (月)

2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その2)

「地球の歩き方ドイツ」に、100m足らずの小路だが、ガラス細工やアクセサリーの店が並んでいて見て歩くのが楽しいと紹介されているベットヒャー通りを抜けると、ヴェーザー川の畔に出ます。
ここにもクリスマス・マーケットが建ち並んでいました。
しかも数百メートルの、かなり長い区間にです。これはすごい!
照明は青が基本で、かなり暗めの、ちょっと怪しげな雰囲気。
ひとつひとつ店を覗いていくと、案の定市庁舎付近の店には見られないものを扱っている店が多かったです。

Img_7566

これはハンドメイドの皮革製品を売っているお店でした。

Img_7573

こちらはロウソク屋さん。

Img_7575

北海まで65kmありますが、ヴェーザー川の水運業は今でも盛ん。
St.Martini教会裏手の川岸には、観光用の遊覧船やボートも停泊しています。

Img_7576

ヴェーザー川沿いのクリスマス・マーケットの、典型的なイルミネーションです。

Img_7578

こんな感じで400mくらい続いています。

Img_7583_3

この通りのショップのもう一つの特徴は、店員に海賊のコスチュームをしている人が多いこと。この写真は、船を模倣したバー。
他にも、何を売っているんだかわからない、言葉の本当の意味で怪しげなお店もかなりありました。
この通りの屋台で夕食を取ったのですが、これが激うまでした。
北海に近いここまで来ると、魚料理を多く見かけるようになります。
ぼくが食べたのはショレンフィレというヒラメのフライ(ひょっとしたら他の魚だった可能性もありますが)。
鉄板の上で油で焼いたものに、ゆでたポテトを添えたもの。
ほっぺたが落ちるとはこのようなことを言うのでしょう。
写真を撮らなくちゃと思いながら、ついついむさぼるように一気食い。なので、証拠写真はなし。

ちなみに、今回のドイツ旅行で日本人を見かけたのはフランクフルトとハイデルベルグのみ。
北ドイツでは、もちろんブレーメンを含めて全く見かけませんでした。
ブレーメン、本当に面白い街です!

2012年12月 9日 (日)

2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その1)

Bremen(ブレーメン)といえばブレーメン音楽隊。
ブレーメンへ行って音楽士になろうとしたロバ、犬、猫、鶏たちの物語を、誰しも子供の頃一度は耳にしたことがあると思います。
母がグリム童話とゲーテが好きで、そんなこんなでドイツのメルヘン街道の町には子供の頃から憧れを抱いてきました。
フランクフルトからハノーヴァーに移動し、最初に向かった都市がここブレーメン。
乗る電車を間違えてしまったため、現地の滞在時間が3時間ちょっとしか取れなかったけど、ここは泊まりがけでじっくり見るべき街なんだなあと思いました。
駆け足での観光でしたが、旧市街とそこにたつクリスマス・マーケットの品のある美しさは、今回訪れた街の中でも1,2を競うものでした。

Img_7454_2

右手奥に見える尖塔が聖ペトリ大聖堂。市庁舎と並んで、ブレーメンのランドマークとなっています。

Img_7470

16時をすぎると日が沈み、イルミネーションが刻一刻と鮮やかさを増していきます。

Img_7483

聖ペトリ大聖堂前。

Img_7476

何を売っているお店かな?きれいです。

Img_7498

この街に限らず、ドイツでは路面電車を多く見かけます。

Img_7513

16時10~30分がクリスマス・マーケットのイルミネーションの最も美しい時間帯。
写真を撮る側にとっては、全神経を集中させる勝負タイムです。
16時40分をすぎると夜の闇が支配的となり、イルミネーションのハイライトが飛ぶようになります。かといって露出を短めに抑えると、今度は背景の建物のディテールがつぶれます。
なので、このくらいの明るさのときが撮り頃なのです。

Img_7556

左の尖塔はマルクト広場に面して立つもうひとつの教会・リーフブラウエン教会です。
中央の堂々とした建物が市庁舎。15世紀初頭に建てられました。
(続く)

2012年12月 8日 (土)

2012 Christmas Market in Germany (Frankfurt 編)

ロバート・ゼメキス監督の映画「ポーラー・エキスプレス」に魅せられ、ドイツのクリスマス・マーケットを見てみようと思い、ドイツを旅したのが5年前の12月。
そして、2010年12月にもドイツを旅する機会を得、ますますクリスマス・マーケットのとりこになりました。
今回は主として北ドイツを旅してきたのですが、ありえないような美しい光景をたくさん目にすることができました。
これから街ごとに、順次クリスマス・マーケットの写真を紹介していきます。
初回の今日は、フランクフルトのクリスマス・マーケット。
ここのクリスマス・マーケットはあまり日本のガイドブックでは取り上げられませんが、なかなかどうして、非常に美しいものです。
広場もとても活気があり、人々の目は生き生きしています。
クリスマスに寄せる人々の温かい気持ちが写真から伝わるでしょうか?

Img_7261

ハウプトバッヘという広場からレーマー広場にかけての通りは、夕方になると人人人であふれかえります。平日でも関係ありません。

Img_7264

ここがクリスマス・マーケットの中心地・レーマー広場。
市庁舎や大聖堂、プロテスタントの教会などが建ち並び、中世の昔にタイムスリップできます。

Img_7271

Img_7288

Img_7306

Img_7310

市庁舎前には大きなクリスマスツリーが出現します。

Img_7382

ハウプトバッヘ広場から、高層ビル街を望むの構図。
地下鉄やSバーンの電車が発着するこの広場にも、露店が立っています。

Img_7402

レーマー広場のメリーゴーランド。

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31