無料ブログはココログ

« 2012 Christmas Market in Germany (Frankfurt 編) | トップページ | 2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その2) »

2012年12月 9日 (日)

2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その1)

Bremen(ブレーメン)といえばブレーメン音楽隊。
ブレーメンへ行って音楽士になろうとしたロバ、犬、猫、鶏たちの物語を、誰しも子供の頃一度は耳にしたことがあると思います。
母がグリム童話とゲーテが好きで、そんなこんなでドイツのメルヘン街道の町には子供の頃から憧れを抱いてきました。
フランクフルトからハノーヴァーに移動し、最初に向かった都市がここブレーメン。
乗る電車を間違えてしまったため、現地の滞在時間が3時間ちょっとしか取れなかったけど、ここは泊まりがけでじっくり見るべき街なんだなあと思いました。
駆け足での観光でしたが、旧市街とそこにたつクリスマス・マーケットの品のある美しさは、今回訪れた街の中でも1,2を競うものでした。

Img_7454_2

右手奥に見える尖塔が聖ペトリ大聖堂。市庁舎と並んで、ブレーメンのランドマークとなっています。

Img_7470

16時をすぎると日が沈み、イルミネーションが刻一刻と鮮やかさを増していきます。

Img_7483

聖ペトリ大聖堂前。

Img_7476

何を売っているお店かな?きれいです。

Img_7498

この街に限らず、ドイツでは路面電車を多く見かけます。

Img_7513

16時10~30分がクリスマス・マーケットのイルミネーションの最も美しい時間帯。
写真を撮る側にとっては、全神経を集中させる勝負タイムです。
16時40分をすぎると夜の闇が支配的となり、イルミネーションのハイライトが飛ぶようになります。かといって露出を短めに抑えると、今度は背景の建物のディテールがつぶれます。
なので、このくらいの明るさのときが撮り頃なのです。

Img_7556

左の尖塔はマルクト広場に面して立つもうひとつの教会・リーフブラウエン教会です。
中央の堂々とした建物が市庁舎。15世紀初頭に建てられました。
(続く)

« 2012 Christmas Market in Germany (Frankfurt 編) | トップページ | 2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その2) »

クリスマス関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2012 Christmas Market in Germany (Frankfurt 編) | トップページ | 2012 Christmas Market in Germany (Bremen編その2) »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31